crazy about video games

遊んだゲームの感想・考察など、まとめ中心の個人的なゲーム備忘録。

【感想】Outlast2(アウトラスト2 / トリニティ)

Outlast 2 感想

f:id:bio-re-love:20170601114833j:plain
結論:すべてが強烈!
とにかく恐ろしい!

※あくまでも、個人的感想によるレビューです。

<お気に入り度> 70 / 100%

項目 ストーリー アクション・
システム
やりこみ エログロ度 個人的好み
評点/S~D B B B A A

【クリアまでのプレイ時間】 6時間ほど

ストーリー

好奇心旺盛なランガーマン夫婦が追いかけた「身元不明!妊婦殺人事件!」

記者のリンと、カメラマンのブレイクは、夫婦で独自取材を始めるも、突然の謎の光に包まれて、ヘリが墜落してしまう。
奇跡的に助かったが、墜落現場には妻リンの姿はなかった。

主人公は、ブレイク・ランガーマン。
悪夢にうなされるほどの、過去を持っている様子。

狂った村で異様な光景幻覚に襲われながら、妻を探しながら暗闇を彷徨う。

前作との関わりも多少あるので、前作を知っていると考察しやすい。
聖書や黙示録ネタも多く聖書系の知識があると、もっと楽しめるかと思われる。

アクション・システム

前作と若干、操作方法が変わりました。
変更点は「走る」⇒スティック押し込み(長押し)になりました。

他にも、新しく加わったものもあります。
ライフが減っても自動回復せず、包帯が必要!所持数はノーマルで3個ほど。

他にも、カメラ操作も音声機能が加わり、十字キー左でマイクのON/OFFの切り替え。
マイクを使う事で、壁越しで内部の声を聞く事ができ、敵を察知できる。

録画も一定時間カメラをキープしないと撮影されない。今回はNOTESでなく動画として記録されます。動画を見ることで、その時のブレイクのコメントを聞く事ができる。

やりこみ

クリアまで5~6時間ほど
没入するのに、ちょうど良い長さだと思います。

ファイル等も、1周でそれなりに集まるし、クリア後はチャプター選択も可能。
データを引き継ぎながら、ファイル集めができます。

他は難易度を変えて遊ぶのと、トロフィー集めくらいでしょうか。

エログロ度

グロ度もパワーアップしているのに加え、今作「2」はエロスが入ってきました。

聖書にも、いろんな章がありますが、エロス部分を取り上げたようです。
目に見える表現ではなく、ストーリー背景やファイルの内容が乱れている程度ですが、
なかなかの乱れっぷりです。

他にもグロテスクな遺体が、そこら中に見つかるので、気持ち悪いのが苦手な人には向かないかもしれません。
海外版なだけに、しっかり表現されています。

総合

村は真っ暗すぎて、TVモニターに自分が写ってる恐怖(笑)私の明るさ設定が悪かったのか?暗くしすぎなのか?
どちらにせよ、モニター画面は、本当に真っ暗で怖いです!

カメラの暗視があっても、あまり先が見えない事が多いです。前作の建物内の一本道と違い、今回は屋外とフィールドが広いので、結構迷う上に敵がどこからくるかわからない恐怖が増えました。

後半の敵の狂気っぷりはとてつもなく、追いかける速度も速いので、ドキドキハラハラしました。一撃でライフもそれなりに減り、ほぼ即死と思ってもいいかもしれません。

また、学校は明るいのに怖いです。
心理的恐怖があります。ブレイクの心の闇を見事に表現していると思います。

恐怖を体感するにはオススメなゲームです。面白かったし、とても怖かったです。

以上、アウトラスト2の感想でした。

Outlast Trinity (輸入版:北米)

Outlast Trinity (輸入版:北米)

 

©Red Barrels, Inc.