crazy about video games

遊んだゲームの感想・考察など、まとめ中心の個人的なゲーム備忘録。

【感想】PSYCHO BREAK(サイコブレイク)

PSYCHO BREAK 感想

f:id:bio-re-love:20180212150446j:plain
結論:美しくも悲しい物語。
狂気の世界へようこそ!素晴らしい!
※あくまでも、個人的感想によるレビューです。

◆サクッと感想!

<お気に入り度> 95 / 100%

項目 ストーリー アクション・
システム
やりこみ 狂気度 個人的好み
評点/S~D A S B S S

【クリアまでのプレイ時間】 10~13時間ほど

↓詳しい感想は下記で↓

ストーリー

はじまりは突然だった...。

仕事帰りに受けた緊急要請。向かった先の現場ビーコン精神病院で、セバスチャン達は不可解な事件に巻き込まれていく。

そこは、狂気に満ちた場所だった...。

というのが物語導入部分。この後、不可思議な世界を彷徨いながら、病院の裏事情と恐怖の真実を知っていくことになる。

ストーリーを進める事で過去を知り、今いる自分の立場や、どう巻き込まれたのか?など、徐々に明らかになっていく。

一見、複雑に構成されたストーリーに思えるが、ゲーム内に散らばるファイルを読むことで、自分の置かれた状況を知る事ができる。それを自分で推理し、理解した時に感じるカタルシスは、とても気持ちがいい。

悲しい過去が見え隠れする物語は、切なさと命の儚さが溢れている。

アクション・システム

操作性はリアル重視。

走りは遅く、スタミナが切れると息が上がり、走れなくなる。恐怖と緊張を表現するのには欠かせない要素だ。追いつかれそうになれば、プレイヤーの心拍は上がりパニックになりそうなほど。ドキドキハラハラの演出として、うまく作用していると思う。

他にもトラップが、そこら中にあり、フィールドを歩くのにも緊張感が走る。

これぞ、ホラーゲーム!

私は、このシステムが難点だとは思わない。むしろ、評価すべき点だと思う。
トラップも上手く使えば、こちらの味方となる。いかに不利な環境を上手く利用するかの戦略は楽しい。

足の遅さも、段々と速くする事ができる。
肉体改造でレベルアップすれば問題なくなり、最強になってしまう。つまり初見が一番、ドキドキハラハラするだろうし、恐怖を味わえると思う。

武器変更などの操作も快適だ。
武器を十字キーにセットでき、素早く動ける。フィールドの弾薬配置もサバイバル感を感じるのに丁度良いバランス。アクション面に関して申し分ない仕上がりだと思う。

また、綺麗に作ろうと思えば作れたであろうビジュアル、グラフィック面。
PS4ならではの、くっきり艶やかな美しいグラフィックではなく、空気感を出すためのザラつき、画面にかかるエフェクト。これを私は、あえて荒く見えるようにしているんだろうと考えた。

夢と現実。リアルの視界とは違う感じを、映像の美しさの違いで、表現しているのではないか。現実はキラキラと光輝き、夢はまだ未完であるSTEMの荒々しさが見て取れる。

リアルのような夢だ。と、あえて画質を落とすことで表現しているのでは?
私はそう思った...違うかもしれないが...(笑)

当初レターボックス仕様だったが、不評が多かったせいか?アップデートでON/OFFが可能になっている。これはありがたい。上下の黒帯を無くすことで、ゲーム世界を広くみることができるは嬉しい。

このレターボックス、いい所もある。
ムービーとプレイ画面の境目がなく見える。つまり、シームレスな感覚を味わえます。ずっと映画のような雰囲気で私は好きだ。

やりこみ

基本、一本道の話なので一度クリアしてしまえば終わり。という人もいると思う。

しかし、2周目も面白いのが「サイコブレイク」だと思います。

なぜなら1周目で得たストーリーの細かな部分に気づく事ができ、答え合わせをしていく楽しみがある。初見とは違った視点でストーリーを追える上、このゲームの面白さとストーリーにハマれるはず。

やり込みは難易度攻略とトロフィー集めぐらいだが、いろんな縛りなどでも楽しめます。

狂気度

「どうしてここに迷い込んだのか?」

血生臭い狂気を逸した世界は、ただただ思考を混乱させる。その混乱状態をプレイヤーも共有していくのだ。セバスチャンとプレイヤーの思考がシンクロする点は素晴らしい。

「何が起きているのか?」
「自分は狂ってしまったのか?」
不安を抱き、自分の居場所さえもわからないまま、生き残るために...前を向いて先へと進むしかない主人公。

セバスチャンと同じ思いができる、ストーリー構成になっている。この状況を俯瞰から見るのでなく主観として体感できるのは、私は素晴らしいと思う。

難易度も狂気を孕んでいる。
慣れれば普通なのだが、ゲームライトユーザーには受け入れがたいかもしれない。
その後アップデートにより遊びやすく調整されたようで、弾薬配置も増え?難易度も下げられたようなので(私は未確認)難しさは減ったが、難しいと感じるならば簡単モードで遊べば、特に問題はないと思う。

是非、いろんな方に遊んでもらいたい作品です。

総合

大衆受けするかというと、答えはNOだ。
癖が強く、残念な事に好みがハッキリ分かれると思われる。

個人的には、すごく好みだし興奮した。面白くて熱中し2週間ほどでトロコンした。
それだけ引き込まれ、何度も遊んだ。

少しづつ手に入れる情報から、紐解いていく真実。進むにつれて繋がっていく事実。
繋がった時のカタルシスが何とも言えない。
サイコーブレイク!

最後まで、どうなってしまうのか判らないワクワク感は、ラストまで目が離せない映画のようで、意表をついた展開と場面転換にテンションが上がりました。推理系が好きな人は楽しいんじゃないかな。

私好みのストーリーだった。

好きな人には受けるであろう要素とゲーム性、そしてキャラクター。
ラストの余韻...私は名作だと思います。

以上、サイコブレイクの感想でした。

サイコブレイク - PS4

サイコブレイク - PS4

 

© 2014 ZeniMax Media Inc. Developed in association with Tango Gameworks. PsychoBreak, Tango, Tango Gameworks, the TA logo, Bethesda, Bethesda Softworks, ZeniMax and related logos are registered trademarks or trademarks of ZeniMax Media Inc. in the U.S. and/or other countries. All Rights Reserved.