crazy about video games

遊んだゲームの感想・考察など、まとめ中心の個人的なゲーム備忘録。

【感想】PSYCHO BREAK(サイコブレイク)

PSYCHO BREAK 感想

f:id:bio-re-love:20180212150446j:plain
結論:美しくも悲しい物語。
狂気の世界へようこそ!
※あくまでも、個人的感想によるレビューです。

<総合評価(おすすめ度)> 9.5 / 10

項目 ストーリー アクション・
システム
やりこみ 狂気度 個人的好み
評点/5点 4 5 3 5 5

【クリアまでのプレイ時間】 10~13時間ほど

ストーリー ★★★★

はじまりは突然だった...。

仕事帰りに受けた緊急要請。
現場のビーコン精神病院で、セバスチャン達は事件に巻き込まれていく。

そこは、狂気に満ちた場所だった...。

不可思議な世界を彷徨いながら、病院の裏事情と恐怖の真実を知っていく。

ストーリーを進める事で過去を知り、今いる自分の立場や、どう巻き込まれたのか。
徐々に明らかになっていく。

アクション・システム ★★★★★

操作感はリアル重視。

走りは遅く、スタミナが切れる。恐怖と緊張を表現するのには欠かせない要素だ。
追いつかれそうになれば、心拍は上がりパニックになりそうなほど。
ドキドキハラハラを出す演出として、うまく作用していると思う。

これぞ、ホラーゲーム!

これが難点だとは私は思わない。むしろ、評価すべき点だと思う。
そんな足の遅さも、肉体改造でレベルアップすれば問題なくなる。

最強になってしまうのだ。
つまり初見が一番、ドキドキハラハラするだろう。

武器変更など操作も快適だ。武器を十字キーにセットでき素早く動ける。
マップの弾薬配置もサバイバル感を感じるのに丁度良い。
アクションに関して申し分ない。

綺麗に作ろうと思えば作れたであろう、ビジュアル面。
PS4ならではの、くっきり艶やかな美しいビジュアルではなく、空気感を出すためのザラつき、画面にかかるエフェクト。
私は、あえて荒く見えるようにしているんだろうと思った。

夢と現実。リアルの視界とは違う感じを、映像の美しさの違いで出している。
現実はキラキラと光が輝き、夢はまだ未完であるSTEMの荒々しさが見て取れる。

リアルのような夢だ。と、あえて画質を落とすことで表現しているのは?
私はそう思った...違うかもしれないが...(笑)

当初レターボックス仕様であったが、不評が多かったせいか?
アップデートでON/OFFが可能になっている。これはありがたい。

このレターボックス、いい所もある。
ムービーとプレイ画面の境目なくみえ、ずっと映画のような雰囲気で私は好きだ。
しかし、上下の黒帯を無くすことで、ゲーム世界を広くみる事ができるは嬉しい。

やりこみ ★★★

一本道の話なので、一度クリアしてしまえば終わり。という人もいるだろうが、
2周目も面白いのが「サイコブレイク」だと思う。

ストーリーの細かな部分に気づく事ができ、答え合わせをしていく。
初見とは違った視点で、ストーリーを追える上、このゲームの面白さにハマれるはず。

やり込みは、難易度攻略とトロフィー集めぐらいだが、いろんな縛りなどでも楽しめると思う。

狂気度 ★★★★★

「どうしてここに迷い込んだのか?」
血生臭い狂気を逸した世界は、ただただ思考を混乱させる。
その混乱状態を共有している。
セバスチャンとプレイヤーの思考が、シンクロしている点も素晴らしい。

セバスチャンと同じ思いができる、ストーリー構成になっている。
その状況を俯瞰から見るのでなく主観として体感できるのは、私は素晴らしいと思う。

「何が起きているのか?」
「自分は狂ってしまったのか?」
不安を抱き、自分の居場所さえもわからないまま、生き残るために...前を向いて先へと進むしかない。

難易度も狂気を孕んでいる。
慣れれば普通なのだが、ゲームライトユーザーには受け入れがたいかもしれない。

アップデートにより遊びやすく調整。
弾薬配置も増え?難易度も下げられた?ようなので難しさも減ったが、難しいと感じるならば簡単モードで遊べば、特に問題はない。

総合 ★★★★★ ★★★★☆ 9.5/10

大衆受けするかというと、答えはNOだ。
癖が強く、残念な事に好みがハッキリ分かれると思われる。

個人的にすごく好みだし興奮した。面白くて、2週間ほどでトロコンした。
それだけ熱中し、何度も遊んだ。

少しづつ手に入れる情報から、紐解いていく真実。進むにつれて繋がっていく事実。
繋がった時のカタルシスが何とも言えない。
最高だ!

最後まで、どうなってしまうのか判らないワクワク感。
ラストまで目が離せない映画のような、意表をついた展開と場面転換。

私好みのストーリーだった。

好きな人には受けるであろう要素とゲーム性、そしてキャラクター。
ラストの余韻...私は名作だと思います。

以上、サイコブレイクの感想でした。

サイコブレイク - PS4

サイコブレイク - PS4