crazy about video games

遊んだゲームの感想・考察など、まとめ中心の個人的なゲーム備忘録。

【感想】ASSASSIN'S CREEDⅡ(アサシンクリードⅡ:エツィオコレクション)

ASSASSIN'S CREEDⅡ 感想

f:id:bio-re-love:20170421210817j:plain
結論:ルネッサ~ンス♪
イタリア好きは楽しい!

※あくまでも、個人的感想によるレビューです。

エツィオの3作品が1本としてまとめられたPS4版エツィオコレクション。
その中の「アサシンクリードⅡだけ」の感想です。

<総合評価(おすすめ度)> 6 / 10

項目 ストーリー アクション・
システム
やりこみ 舞台背景 個人的好み
評点/5点 3 3 3 3 3

【クリアまでのプレイ時間】 14時間ほど

ストーリー ★★★

アサシンシリーズは、話が盛り上がりに欠けているのが定番というか。
面白くないわけではないんですよ。淡々とストーリーが進む感じがしますね。

まず、現在編がベースにあります。
主人公:デズモンド

前作1の続きではありますが、簡単な説明もあり、話の筋は解らないという事もない
デズモンドが、過去の出来事にシンクロして追体験。歴史に隠された真実を解釈していくことになるので、ほぼ過去編の話が中心。
現代編そんなに解らずとも問題ない。

単品で遊ぶなら「なんだ?このED」と思われる方もいるかも。現代編の続きは「ブラザーフッド 」へと続くからだ
海外ドラマの一話完結シーズンものと思って頂ければいいかと。
今回のエツィオの目的・復讐劇は、ちゃんと彼の中で完結するので、安心して見届けてください。

Ⅱは、エツィオの成長物語です。
復讐劇の中で、どうやってアサシンの仲間入りを果たしたのかを描いてます。
徐々に風格を増すエツィオが、カッコイイ

アクション・システム ★★★

フリーランが操作してない方向にいったり、誘発されること多々...。
最新の「シンジケート」の快適なのを体感してるからなのか?昔の作品ではあるが、フリーラン等の操作のやり難さが気になった。

戦闘も回避が、まれに反応しないというか、鈍いというか。
私が下手なのか?(笑)

あまり操作面が、快適でないと思いました。

やりこみ ★★★

宝収集など、ストーリーの進むままに遊んでいれば、ほぼ終わる程度。
最新作品のようにストーリーのシンクロ率などは、まだシステム上ないので、これといった、やり込み要素はないかな。

隠された真実(パズル)、宝箱・羽根集めと墓場攻略、あとはトロフィー集めくらい。

舞台背景 ★★★

1474~1499年ルネサンス期が舞台。

イタリアのフィレンツェを主な拠点に描かれています。
ヴェネツィア」「サン・ジミニャーノ」と有名どころは押さえてあります

アサクリの目玉でもある、歴史上の建築物と人物との関わりです。
ボルジア家は、歴史上でも有名な人物ですね。
ローマ教皇ことアレクサンデル6世(ロドリゴ・ボルジア)そして、レオナルド・ダ・ヴィンチと夢の共演になります。

歴史を知っていれば多少、先が読める展開もあり。「歴史へ、どのようにアサシンを絡めていくのか」楽しめます。

総合 ★★★★★ ★☆☆☆☆ 6/10

シリーズで、全体的にはストーリーが繋がっているが、一作品ごとに一話完結
どの作品から始めても問題ありません。

好きな時代背景の作品を遊ぶとかでも、いいと思います。
その時代を観光できるのも、アサクリシリーズの魅力だと思います。

◆良かったところ◆
8年前のPS3ソフトだったとは思えない。ちょっと大袈裟かな?(笑)
最近の3Dモデルのような、滑らかさとリアル感はないが、PS4綺麗に甦っています。輪郭もくっきりし、過去作という古臭さを感じなかった

◆残念なところ◆
唯一の不満は、操作面かな。
リマスターにあたって調整もあったとは思うが、思ったようにフリーランをできないのは、多少のストレスを感じた。

 

以上、アサシンクリード2の感想でした。