crazy about video games

遊んだゲームの感想・考察などのまとめ中心の備忘録。考察を好きに書いてます。

【サイコブレイク】PSYCHOBREAK★ネタバレ★キャラ考察①カステヤノス家(セバスチャン、マイラ、リリー)

サイコブレイク キャラ考察①カステヤノス家
(セバスチャン、マイラ、リリー)

f:id:bio-re-love:20170715132433j:plain
カステヤノス家の3人を考察・まとめ。
キャラを掘り下げて考察しています。長文です。

完全ネタバレ。エンディング情報もあり。ご注意ください。
クリア済み前提の記事になってます。
あくまでも私の解釈&考察です。
間違いもあるかもしれません。
未確定情報を含みます。ご注意ください。

セバスチャンという人物

f:id:bio-re-love:20170714104033j:plain
Name:Sebastian Castellanos
Age:38歳
Height:182cm
Weight:79kg
Voice:アンソン・マウント(Anson Mount)
Japanese Voice:木下浩之

20代の頃は警察官としてキャリアを積み、ゴールドバッジを取得刑事に。
そして、パートナーであるマイラ・ハンソンと結婚。娘リリーを授かった。

順風満帆に思えた彼の人生だったが、リリーの死を境に妻との距離が開いていく。
マイラは、娘の死についての捜査ファイルをセバスチャンに託し、姿を消した。
妻までも失い、セバスチャンの順風満帆の日々は終わりを告げた。

その後、セバスチャンは勤務中にも酒の力に頼ることになり、周囲からの評判も失墜。
裏では孤独に「娘の死」「妻の失踪」について、独自に捜査を続けた。
しかし、心配したジョセフにより、強引な捜査を告発され、上層部から厳重な忠告を受けることになる。

ゆっくりと彼の仕事への情熱は平静を失い、絶望へと渦巻いていった。

人柄

刑事としては有能だが、人間関係は不器用。考える前に行動する行動派

強面のイメージだが、手記はとても感情的で明るく穏やかだ。
父になる不安や、娘が生まれる喜び、失った時の耐えられない思いなどを綴っている。

セバスチャンの捜査担当は「連続失踪事件」今回のビーコン精神病院の殺人事件との結びつきを真っ先に疑っている。

仕事熱心であり、“おまわりさん”と呼ばれたことに対し、訂正することから「刑事」であることに誇りを持っているようだ。

いろいろと文句は言っているものの、困っている人を放っておけない性格のようだ。

また、手記によるとKCPDに入ってからタバコを吸う悪習慣がついたこと、愛飲している酒は、ウイスキー。クリムゾン市郊外のパークリッジの住宅街に住んでいたようだ。

時に「ルールを少し曲げてもいい、教科書どおりのやり方だけではダメ」という考えのもと、己の信念を貫いているようだが…

妻子の事件後は…

f:id:bio-re-love:20170715132853j:plain
乱暴な取り調べなど、感情をコントロールできていなかったようだ。

ジョセフに「お前まで俺に隠しごとをしないでくれ!」と言っている。
妻に隠されていた事を思い出したのか?
妻失踪後は、すべての事に対して疑心暗鬼に囚われている。
また、ジョセフの台詞からセバスチャンは「陰謀説」を説くなど、傍から見れば相当に無茶な捜査をおこなっていたらしい。
内部監査以外の誰か(メビウス)からも、見張られてことにも気づいていた。

妻子を失い、気が触れたと思われても仕方がないが、何かに取り憑かれたように、失踪事件の捜査に没頭し、まるで抜け殻のようになっていた。

家族をとても愛していたこと、真実を隠れた場所から、おびき出そうとしている事が伺える。

人間関係

マイラ

f:id:bio-re-love:20170715133420j:plain
いい女発言や、彼女のお尻を眺めるなど、セバスチャンの方が、マイラにぞっこんな感じが見受けられる。

セバスチャンが冒頭で身につけているコートは、マイラからの贈り物だ。
本編で、すぐに失くしている事から「彼女が消えた」という彼の深層心理が働いているものと思われる。

ジョセフ

パートナー当初は、楽観的な付き合いだった二人だが、信頼関係は強く、互いに称賛し合うほどだ。

しかし、妻子の事件後、セバスチャンのアルコール依存症無謀な捜査を心配し、ジョセフは上層部へ告発。セバスチャンのキャリアを救ったにも関わらず、ふたりの関係は感情的にもつれ、大きな亀裂が生じた

f:id:bio-re-love:20170715133648j:plain
意見の不一致など、一方的な発言になっている。
だが、ジョセフの真意を知ることで、前以上に深い信頼関係を築くことになる。

キッドマン

セバスチャンとキッドマンとの関係は、常に緊張している。キッドの事を「自分の中の何かが警告を発している」と綴っている。
セバスチャンの人を見る目(観察力)とは、かなりいいようだ。

新人であるキッドに不信感を感じながらも、毎回同行させていた。自分もキッドを監視するためだと思われるが、疑いつつも信頼しており、キッドを気遣っていた。
また、キッドもセバスチャンの事を「親切で無害だ」と報告している。
セバスチャンが、仲間を大事にしていたことが伺える。

オスカー

関係は深く探究されていないが、少なくともいい関係だったと思われます。
警察官であり、刑事でないにも関わらず、運転中の彼の意見を頼もしげに聞いていた。

彼が、ホーンテッド化した際も大きなショックを受けており、好感を持っていたことが伺えます。

レスリー

常に優しく話しかけ、パニックにならないよう、レスリーを気遣っている。
そんなセバスチャンにレスリーは好感を抱き、のちに何度かセバスチャンを助ける。

ただの患者と思っていたが重要人物だと知ったあとも、態度は変わらず、全てをかけて彼を守っていた。
セバスチャンは、慈悲深く優しい人物であることが伺える。

マルセロ

頼ってくるマルセロを何度も助けている。

セバスチャンはフラッシュバックで、ルヴィクの過去をみたあとは、懐疑的にマルセロを見るものの、最期まで気遣い、助けようとしていた。この事からもセバスチャンは、基本的に" いい人気質 "だという事がわかる。

ルヴィク

探索するにつれて、セバスチャンはルヴィクが「誰」であるのか。そして「何をしたか」知っていく。

何度かの接触があるもののルヴィクは、セバスチャンの心が強く決心が揺れ動かない(思い通りにできない)ことを察すると、正当な脅威として扱った。

セバスチャンは、ルヴィクの過去を見ていくなかで同情し、ルヴィクと自分の苦しみを終わらせるため葬った。

マイラという人物

f:id:bio-re-love:20170714120807j:plain
粘り強く勤勉な」と、セバスチャンは手記に書いている。
真面目な刑事だったようだ。

マイラ・ハンソンは、クリムゾン市警察の刑事として働いていた。
セバスチャンの部下として、一緒に事件を追っていたようだが、婚約後パートナーを変えられることになる。(夫婦だと私情が出るからだろう)

娘が3歳までは、つきっきりで育児をしており、幼稚園に入ることで仕事に復帰。

行方不明事件の捜索担当だったマイラ。
事件の真実である” STEMプロジェクト "に辿り着くも、突如娘を亡くす。
哀しみを力に変え、仕事に没頭
そして、事件の関連と「娘の死は事故ではなかった」ということを突き止めた。
彼女はあまりにも深入りしすぎていた。
メビウスとSTEMプロジェクトの事例を調査していくなかで、後に行方不明になる。

メビウスのマーク

ちょっとややこしいんですが、ルヴィクの刻印ではなくメビウス社のマークになります。
これです↓

f:id:bio-re-love:20170712141305j:plain
MOBIUSの「I」が、医療器具のピンの形になっています。

f:id:bio-re-love:20170715124401j:plain
マイラの手袋にあります。
社のマークを身につけている事から、マイラはメビウス側にいることが伺えます。

ルヴィクの刻印

そして、ルヴィクの刻印はコレです。

f:id:bio-re-love:20170715125248j:plain
キッドの掌についた刻印です。

これは、ルヴィクのつけたものでルヴィクの世界からの帰還者に付く?もしくは、ルヴィクが断罪として、メビウス側の人間につけた?と思われる。

ルヴィクはゴーストとして「種子」を残したと言っています。

f:id:bio-re-love:20170715125435j:plain
このマークは、アドミニストレイターのトラウマの傷となっていると思われる。

社のシンボルに酷似しているが、たまたま似てるだけかも知れない…(笑)

マイラの真実はどっち?

なぜメビウスは彼女を殺すのではなく、メンバーにしたのか?詳細は不明ですが、腕のいい彼女を味方につけた方がいいと思ったのか?
確実にマイラはメビウスで働いている。

キッドがメビウスに雇われた際や、任務報告のオーディオログでは、同じ女性エージェントが報告を聴いています。マイラが、そのエージェントである可能性は高く、キッドの担当上司だと思われる。

なぜなら、セバスチャンについて話す声などに感情が見られ、言いよどんでいる。
また、セバスチャンの事をよく理解しているような返しをしています。

彼女については、まだ謎が多いですが、2つの解釈があります。

もともとメビウス

最初からメビウスのスパイという可能性。
そうだとすれば、警察の情報収集と操作ぐらいだと思われますが…現在はキッドが、その役割をしています。

仮に、他の何かの計画で潜入と仮定しても、セバスチャンとは自然と恋仲になり、婚約したと思われます。これといったセバスチャンに近づく要素がありません。
娘を亡くしたことも、想定外だったと思われる。

セバスチャンが目的だとしても、8年以上もかけての計画があるでしょうか?刑事になる所からですよ、無理があると思います。これはないと思います。

それより他の適正な人材を探した方がマシである。アドミニストレイターも、研究に時間をかけるなと言っています。

セバスチャンは、本当に単に巻き込まれただけだろう。

また現に、メビウスの研究実験であるSTEMで使う人材、捨て駒の実験対象は" ジュリ・キッドマン "でした。セバスチャン目的ではない。セバスチャン達も捨て駒ではあるが、キッドを隠すための目暗ましだと思われる。

「もともとメビウス」の説は薄いし、ありえないと思われますが、そう仮定しても、彼女のセブへの愛は本物だと思います。

娘のために働く説

” マイラの能力は怖ろしく高い "と、セバスチャンも言っているように、とても優秀で才能のある刑事だったようです。
娘の火事の事件を調べているうちに、メビウスの存在と関与を発見

もともとメビウスなら、事件やメビウス根気よく嗅ぎ回る必要はありません。
また、病院の虐待や不正も、メビウスであれば、公になる前にもみ消せたはずです。
ましてや「正体不明の機関によっての実験」と報道されている。これこそ、もみ消すべき事柄だと思われる。

他にも、マルセロとも研究員として顔見知りでもいいはず。マルセロは、マイラを「関わりたくない女刑事」と言っています。

よって、普通の刑事でありメビウスではない。と考える。

また、娘を想う気持ちとセバスチャンへの手紙を見る限り、真面目な刑事であり、嘘偽りのない愛と真実だと思います。

日本語では「全てを託すから、成せることをして」とあります。英語で読むと「(できれば関わらない事を願うが)終わらせるかは、あなた次第」と書いてありました。夫を気遣った言葉だと思います。

あなたの正義を見出して、“リリーのために、わたしのためにも”と終えています。

この言葉を素直に受け取れば、メビウスでは何らかの意図があって働いていると思われます。
私は、こちらの説を信じたいです。

という事で、ここからは”娘のため説”で考察が進みます。ご了承ください。

マイラの目的とは

f:id:bio-re-love:20170715153516j:plain
DLCで明らかとなる、妻マイラの真実。
メビウスに染まる妻をセバスチャンは知らない。

マルセロが、メビウスにKCPDの女性刑事が嗅ぎ付けているのを報告し、メビウスは「研究の邪魔にならないように対処する」と言っています。

メビウスの対処

マイラの調査が、あまりにしつこいため、手を打ったと思われます。
しかし、マイラは他の拉致された人物のような行方不明ではありません。

まずは、娘を使いました。
それでも諦めず嗅ぎ回り、娘の件までも同事件だと突き止められ、これ以上嗅ぎ回らないようにするために、何か取引があったのではないか?

そう考えて、私の勝手な独断と偏見の妄想ですが、
・娘は火事では死んでいない。もしくは、危篤状態。
・人質として誘拐。
・STEMの機能を説明し、娘を取り戻せると脅迫・勧誘。

殺すのではなく、逆にマイラをメビウスに取り込んだ「何か」があったと思われます。

肉屋のペドロ・マーティンの娘、マルタと同じような状態だろうと思っていますが…真相は明らかにされていません。

 なぜメビウスに?

手紙には「これを読んでいるなら、事態は最悪の結末を迎えただろう」と未来を悟っています。また、自分の死を予期しているのでなく、結果を説いています。

そして「事件の真相私の狂気から、あなたを守るために隠していた」と謝罪しています。この手紙は、自らメビウスに移ったようなニュアンスにも受け取れます。

彼女の狂気に、セバスチャンも少しは気付いていたようで、手記には「嘆き悲しむ彼女の様子は…普通じゃない」「まるで現実から逃れようとしている」と綴っています。

彼女の言う狂気とは、もしかすると" 娘を蘇らせよう "としていることか?はたまた娘のために真犯人であるメビウス側になる事も、含まれているような気がします。

リリーが亡くなっているのなら、ルヴィクが姉を復活させようとしたように、マイラも同じことを考えたのではないだろうか?そう誘惑され、計画に加わったのではないか?
すべてはを取り戻すため」ではないかという考察です。

そう考えると、メビウスの実験内容を知った彼女は、STEMが適切かつ安全に機能するように、働いているかもしれない。という考えに落ち着きます。

「失われた娘を取り戻せるかもしれない」という希望彼女のが、そう行動させているのかもしれません。

自分の身を挺して研究に関わり、何かをしようとしている事は確かです。

リリーという人物

f:id:bio-re-love:20170712131700j:plain
生年月日:2006年7月18日
死亡日:2012年2月11日
年齢:5才
家族:セバスチャン・カステヤノス(父)
マイラ・ハンソン(母)

クリムゾン市郊外のパークリッジの住宅街の火事により、家屋は全焼。
ベビーシッターと共に死亡。

 

セバスチャンの手記によると、物怖じしない子だったようだ。
しっかりした母似の女の子だったのが伺える。

 

以上、カステヤノス家の考察でした。

© 2014 ZeniMax Media Inc. All other trademarks or trade names are the property of their respective owners.
All Rights Reserved.