crazy about video game

遊んだゲームの感想・考察などのまとめ中心の備忘録。考察を好きに書いてます。

MENU

【サイコブレイク】ストーリー考察&プレイ日記★ネタバレ★ザ・アサインメントThe Assignment★ch.1「An oath」その2

Chapter.1 宣誓②

f:id:bio-re-love:20170716143843j:plain
完全ネタバレ!未プレイの方はご注意ください!
あくまでも個人的感想&解釈によるプレイ日記です。
「」の台詞は私訳です。

前回その1

biolove.hatenablog.com

忍び寄る影、照らし出す光

メビウスのオフィス内を探索です。
暗闇が続いています。

f:id:bio-re-love:20171014122333j:plain
「た、たすけて!」
「そんな!光が...光...じゃない」

怯えた人がいます。手袋してるし、メビウスの人みたいですね(´・ω・`)

『待ってて、そっちに行くから』

ドアは開かないので、別の道を探す...ダクトがあります。
ダクトを使って、彼のもとへと急ぐ。声だけが聞こえてきます。
早く行かなきゃ(; ・`д・´)

「うあぁ...やめてくれ!」

な...なんかヤバそう(;´Д`)
ぐちゃぐちゃって音がした。

f:id:bio-re-love:20171014135428j:plain
Σ(゚Д゚)...щ(゚ロ゚щ)

「そんな!なにが起きたの?」

グロで、スミマセンm(-_-)m

f:id:bio-re-love:20171014122347j:plain
何者かにやられたようです(;´Д`)
血の痕を辿って行きます。本当は追いたくないけど...(笑)

f:id:bio-re-love:20171014122404j:plain
天井に逃げたようですね...血が滴ってる。
見にくかったので、画像明るく加工しました。

進んでいくと、ホーンテッドがいる。
壁に隠れながら進みますよ。キッドマンは戦闘ができません。
武器がないので、逃げるしかできない(゚Д゚;)
怖いです!攻撃できないというのは!

キッド編のホーンテッドは、キッド見つけると赤く光ります
彼女の何かに反応しているかのようです。
ワクチンかな?(´・ω・`)

f:id:bio-re-love:20171014122420j:plain
カギゲットです★
結構、割愛しました(笑)
ロックされたドアの鍵を探して、オフィス探索してたの(´っ・ω・)っ

f:id:bio-re-love:20171014122437j:plain
しかし、カードキーを取ると、ホーンテッドがドアで待ち伏せしています。
出るに出られない(゚Д゚;)
とりあえず、う~ん...ロッカーに隠れる(笑)

すると、入ってきましたホーンデット。
ひぃぃぃ~~( ̄ロ ̄lll)
が!なんか、バリバリと食べられています。

何が起こってるの?隙間からじゃよく見えない。
ライト姿の敵がロッカーへとやってくる。こちらを覗きます(((゚Д゚))))

早くあっち行って~~(><)

レスリーレスリー」と囁いています。レスリーを探してるのね(;´・ω・)

f:id:bio-re-love:20171014122454j:plain
なんとか気づかれずに、難を逃れたので、
カードキーを使って先へと進む。
もう会いたくないな、あの敵(;´Д`)

f:id:bio-re-love:20171014122511j:plain
指紋認証の扉があります。手を当ててみるけど…なぜか開かない。
認証が抹消されているようです( ̄ロ ̄lll)

『え?抹消?もしかしたら、コンピュータ端末で開けられるかも』

暗闇に光るパソコンの画面を弄りますよ...カタカタ...。
すると、何か変な音が聞こえてきました。
(; ・`д・´)隠れます!!

f:id:bio-re-love:20171014122526j:plain
また来た――(゚∀゚)――!!
レスリーレスリー...」って、ささやきながら、あちこち探してます。

このライト、足がセクシーです(笑)黒網タイツの赤ハイヒール( *´艸`)
ラウラの足かな?まだ、紹介してなかった。

この子は「シェード
新たな身体を探し求めるルヴィクから生まれた。レスリーを探し続けており、
魅惑的で、しなやかな動きをする背の高いクリーチャー。
照らす光でSTEM装置につながれた人間の、隠された記憶や場所を暴露する。

f:id:bio-re-love:20171014122540j:plain
探し終えると、壁を照らしてます。なにしてるんだ?あれ?
扉が出現しました!!!

シェードは、記憶場所をライトで照らし出すようですね。
こっそり、目撃しちゃいましたよ|д゚)

f:id:bio-re-love:20171014122553j:plain
「たしか...ライトを使ってたわね…」

マネっ子だよ(*‘ω‘ *)
懐中電灯でもできた!!今回は光が重要なようですね( ー`дー´)キリッ

真実を照らす光...。
そんなテーマを含んでいるのかもしれません(深読みしすぎだ...)
灯台(ビーコン)の真下は真っ暗で、隠し事がたくさん詰まっていますよ(-ω-)

f:id:bio-re-love:20171014122700j:plain
ドアの先には、え?
え~~~~~?!Σ(゚д゚lll)

自分を目にしたキッド。驚いています。

これですね、セバスチャン達が見ていた水責めキッドマン。
本物ではなかった...という、証拠が出てきました(´・ω・`)
つまり、があるということです。
まだ、その時ではないですが...予知?
この世界で出会うの人達が、本当の実体なのかは、その本人しかわかりませんね。

レスリーを探して

f:id:bio-re-love:20171014122744j:plain
驚きを隠せないキッド、振り返ると場所が変化。
セバスチャン達のように飛ばされていません。これは場所移動じゃなくて、
さっきのキッドがであり、幻が消えただけだと思われます。

扉の先が、普通に現れただけだね(^^)

f:id:bio-re-love:20171014122759j:plain
突如...頭に声が再生される。キッドは過去の会話を何度か体験します。
シェードのせいかな?

「システムが起動していると、高周波音が聞こえる」
それ以降は、我々は何も手助けはできない

『私に何が起きるの?』

「”不安定になる” としか言えない。
そして、そこにレスリーがいるはずだ。彼を見つけるんだ」

STEM界について何が起きるか教えてもらってない(;゚Д゚)

頭痛がするようです。フラフラと眩暈のような演出。
セバスチャン達のように、高周波音には悩まされることはないが
彼女は彼女特有の頭痛に悩まされている。
これは、薬の副作用なんだろうか?

「これは、以前の記憶…?
レスリー...本当にここにいるの?」

キッドも、自分が任務前に話した内容だと、気づいたようです。

f:id:bio-re-love:20171014122818j:plain
レスリーだわ!誰よりも早く、彼に接触しないといけないわね』

このレスリー、歩き方が...ルヴィクだ。

すでに、レスリーはルヴィク憑依が多い気がします(;´Д`)
彼は半分以上は、ルヴィクに身体を渡してしまっているのかもしれないね。

f:id:bio-re-love:20171014122832j:plain
f:id:bio-re-love:20171014122852j:plain

レスリーがいることが分かったので、彼の場所に向かいます。

オフィス内を探索キョロ((( ̄- ̄ )(  ̄- ̄)))キョロ
完璧にオフィスだ!電気もついてます。
...誰かいるの?

f:id:bio-re-love:20171014123355j:plain
いた―――――――ッ!
(; ・`д・´)ホーンテッドが、行く手を阻みます。
これは職員ですね。みんな手袋してる。

隠れて見つからないように、扉を開けなくてはなりません。
丸腰&攻撃できないからねщ(゚ロ゚щ)

マルセロの研究

f:id:bio-re-love:20171014123406j:plain
進んだ先は、また一段と薄暗くなった。
おどろおどろしい雰囲気。
キッドも言ってます「なんだか、空気が重いわね」って(笑)
肌で感じる空気感(; ・`д・´)

メビウスマークがありました。照らしてみます。デスク出現!
レポートが置いてある...マルセロのだ!
マルセロのデスクのようですね(;´・ω・)

マルセロのレポートには、何とか言いくるめてメビウスの一員になった事。
そして、メビウスの規模の大きさと、ルベンの才能について書いてあった。

すると、記憶が再生されます。

「これは交渉ではない、ドクターヒメネス!」

f:id:bio-re-love:20171014123444j:plain
「この施設を作ったのは、結果を出すことを期待してのことだ」

「それは、十分承知しています。
こういった機会と時間をもらえたことに、感謝しています」

「時間は限られている、そして、その期限は間近だ。見込みがないのであれば、
より適切な人材を見つける必要がある」

「そう、結論を急がないでください」

「私たちは独自の視覚テストをしてきました。詳しく説明しましょう。
こちらに来てください、プロジェクターで説明します」

なにやら険悪な雰囲気...
マルセロが、研究の結果を出さない事に
お怒りの黒服(´・ω・`)

f:id:bio-re-love:20171014123500j:plain
途中、ルヴィクの影を見ることが!
彼も研究をしに、何度もこの場所に来たことがあると思われる。

なにか言いたそうな影...儚くも、すぐに消えてしまいます。

f:id:bio-re-love:20171014123514j:plain
マーク発見!秘密を暴き出してやる!
ライト放射~~~!!

プロジェクターが現れ、再生される。

f:id:bio-re-love:20171014123526j:plain
「今まで、視覚や音による刺激だけだった事が、成功しなかった要因ではないか。
というのが、私の仮説です。つまり受動的な影響...

「精神患者でさえ、人によって拒否反応が見られました。
我々の目的を達成するためには、
直接アクセスする必要があり、やり方を見直す必要があります」

洗脳ビデオ...っぽい。
よくある、同じ映像をずっと見せられるやつだ(;´・ω・)
「サブリミナルブレイン」のような潜在意識からの改革って感じですね。

「どうゆうことだね?」

「それは、その...長年暖めてきた”持論”といいますか...メカノ-ケミカルプロセス。
機械化学的に、個人に直接的に影響を与えることができ、潜在的潜在意識にも
アクセスする事ができます。
隣の部屋で、お見せしましょう」

視覚や音だけでなく、機械を使えば「潜在意識すら洗脳できる」と言いたいらしい。
怖い!怖いよ~(((( ゚Д゚))))

そして、キッドマンはこう言います。
「このビデオ...私が初めて来た時に、見せられたやつだわ...」

キッドも...洗脳されてる?と不安そう。
メビウスのエージェントになる人は、受けるテストなのかもしれませんね。

STEM盗作

f:id:bio-re-love:20171014123538j:plain
メビウスめっ!!なんてことを考えてるんだッ!!けしからん!

隣の部屋に進んでいく二人。
ついて行こう!≡≡≡ヘ(* ゚-)ノ

研究室っぽい所に来た!

f:id:bio-re-love:20171014123555j:plain
メビウスマークが、あちこちにあるので見ていきます。
STEMの設計図ですね。
まだ初期号だね。3人繋ぎです。

「ここの研究は...これこそが我々が探していた物です。
私は”STEM”と呼んでいます」

興奮気味に話すマルセロ(*‘ω‘ *)

f:id:bio-re-love:20171014123607j:plain
「上層部の方々にも、満足いくものになっています」

「この図案は、君の弟子のものだそうじゃないか。もしそうなら、なぜ君が?」

 (* ´艸`)
なんでもお見通しのようです、メビウス

「彼は...その...情緒不安定でして...
あの状況では...これまで通り、私が取り次ぐのが賢明だと思われます」

「彼をここに連れてきてくれ、有意義な話ができそうだ。
彼の名前は、何といったかね?」

「ルベン...ルベン・ヴィクトリアーノ」

自分の発明のように話したけど、
バレてて焦るし、管理者の興味はルベンに向いてしまった。
ルベンの名前を出す時、マルセロ...虚しさと悔しさが、混じっていましたね。

f:id:bio-re-love:20171014123618j:plain
STEMが、メビウスに渡った瞬間を目撃しちゃいました。

ここで、マルセロが言わなければ、あんな事もこんな事もなかっただろうに(〒д〒)

ルベンは、自分の好きなようにラウラのいる世界を創ってたはずよ。
まぁ、肉体は必要だったみたいだから、
どう転んでもレスリーは逃げられませんね(;´・ω・)

先に進むぞ!!≡≡≡ヘ(*--)ノ

f:id:bio-re-love:20171014124000j:plain
f:id:bio-re-love:20171014124009j:plain

ドアの開閉が壊れてるんだけど、開いて閉まっての繰り返し。
見逃しそうになるけど、ラウラいます。
だんだんと近づいて、消えちゃいます。

美しい姿のままです(´∀`*)ポッ
なにか訴えているのかな?

f:id:bio-re-love:20171014124028j:plain
重い扉を開けて、真実を探そう。
ここの空気のように重い扉だ…。

つづく...

Chapter.1 宣誓その3

biolove.hatenablog.com