crazy about video games

遊んだゲームの感想・考察など、まとめ中心の個人的なゲーム備忘録。

【サイコブレイク】ストーリー考察&プレイ日記★ネタバレ★PSYCHOBREAK★Ch.9「The Cruelest Intentions」(前編)

Chapter.9 残酷なる目論(前編)

f:id:bio-re-love:20170915110922j:plain
セバスチャンは、ルヴィクの生家である古い屋敷で、彼が行っていたことを知る。

完全ネタバレ!未プレイの方はご注意ください!
あくまでも個人的感想&解釈によるプレイ日記です。
ED・DLC内容の解釈を含んでいます。
「」の台詞は私訳です。

記憶の中に?

目の前に迫ったルヴィク...で終えた前回。

その後、気を失ったのか?
頭に接触されたのか?
じわじわと、映像がチラつきます。

f:id:bio-re-love:20170927114612j:plain
ここは?
ひまわりと案山子。
そして、人影が…。

f:id:bio-re-love:20170927114622j:plain
少し鮮明になりました。
たいまつを持っています。なにしてるんだろうね。
誰かの思い出?

声が聞こえてきました。
「...カステヤノス刑事」

f:id:bio-re-love:20170927114632j:plain
声に導かれ、目を覚ますΣ(゚Д゚)

え?!病室?
いつの間に寝ていたんだ?
...ですよね(笑)

たぶん、気を失ったのかな(;'∀')

さっきまで見ていた夢は「誰かの記憶?」と感づくセバスチャン。
ルヴィクは、セバスチャンに記憶を見せる作戦に出たようです。

f:id:bio-re-love:20170927114725j:plain
かなり唸っていたようです。
タティアナさんが、心配してくれました。

悪夢から救ってくれたのかな?
起こしてくれて、ありがとう(*^-^*)

f:id:bio-re-love:20170927114734j:plain
私、この部屋の人は、イヴァン・ディエスだと思うんだけど。
行方不明になってる自称ジャーナリストですね。

いつも、うわごとの様に呟いてます。 
隣の部屋なので、気になっちゃうな(◎_◎;)

f:id:bio-re-love:20170927114754j:plain
今回は、部屋を覗くことができた。
でも、よくみえない(笑)|д゚)ジー

暗闇の中を、集中してみてるみたいだけど…見えんぞ!!

f:id:bio-re-love:20170927114816j:plain
「刺激して、興奮させないように」って、タティアナさんに叱られました。
” agitating ”って言ってるので、刺激の意味は「かき乱すな」ってことですね。

はははヾ(´ε`*)ゝ覗いただけだよ

そうそう、私。
タチアナって書いたけど、正式名は「タティアナ」でした(笑)
曖昧な記憶で...前の文も訂正します。

曖昧なるもの

f:id:bio-re-love:20170927114839j:plain
記憶は曖昧なもの
この世界の境も、曖昧に溶け込んでいく、ってルヴィクが言っていたけど…。

ん?このタティアナは、本物なのか?
ルヴィクが見せた幻なの?

肖像画を見るように促される。
気にはしていなかったけど、なぜ、ここにヴィクトリアーノ家の肖像画があるのか。

f:id:bio-re-love:20170927114849j:plain
Σ(゚Д゚)虫が!!
セバスチャンも、こんな顔してた(笑)

英語では、結構ストレートに言ってて
他者によって記憶が歪められることは、簡単なこと...」と言ってます。

タティアナは、何が言いたかったのか?
”あなたの記憶も、思い込まされてるだけで、本当は違うんだよ?”
と、言いたかったのでしょうか?
意味深な...会話...
もっと詳しく話して!タティアナ~!

f:id:bio-re-love:20170927114900j:plain
なぜか少年の所だけ、顔が…。
しかもが、たくさん出てくるΣ( ̄ε ̄;|||
これって、G?ゴキ様なの?(笑)

少女の顔も半分ないですね。だけど、うっすら見えてる。
この少年少女は、ルベンとラウラ。

じーーーーーーっと、見つめていると、少年にフォーカスされ(;゚Д゚)
バーーーン!

f:id:bio-re-love:20170929145141j:plain
こっち見てる!
ルヴィクが、見てる~~~~щ(゚ロ゚щ)

突然、モノクロの世界に、空間がおかしい...地震?!

f:id:bio-re-love:20170927114909j:plain
ぐるぐる回るし(@_@;)
この後、なにが起きるのか(*´Д`)ワクワク

揺れが、おさまったと思ったら…。

f:id:bio-re-love:20170927114924j:plain
あれ?
タティアナさん、いつの間にそちらへ?

「幽霊でも見たような顔してますが?」と、とぼけていらっしゃる。
今、体験したよね。一緒に体験したよね?!(笑)

やはり、あのタティアナは幻覚?
狐に...ルヴィクに、つままれた感じ("゚д゚)ポカーン

f:id:bio-re-love:20170927114938j:plain
何かが、おかしいと思いながら、もう一度肖像画を見る。
記憶が曖昧とは、こういう事だろうか...。
むむむっ(-ω-)

この肖像画、かっこいいな(*‘ω‘ *)

ルヴィクに誘われて

f:id:bio-re-love:20170927114949j:plain
隣の部屋の人は、どうなったのか?
また覗いてみよう(^^)
個室への廊下を歩くと、いつもの波動が!
きたきたーーっ!飛ぶ飛ぶよ!
別の空間に(´・ω・`)

f:id:bio-re-love:20170927115001j:plain
モノクロは、ルヴィクの見せる幻でしょうか?
世界が、変わりました。

一本のひまわり...

そして、個室の男の独り言。
え?こっちじゃないの?(;゚Д゚)

ひまわりに近づくと、奥から見覚えのある白いフード

f:id:bio-re-love:20170927115013j:plain
ルヴィク。お前は何をしたいのか?
セバスチャンは、怯える様子も見せず。

優しいセバスチャンだ、彼を理解してみようと、考えてるのかもしれない。

f:id:bio-re-love:20170927115023j:plain
完全に場所移動しました。
すでに、ルヴィクが、世界のすべてを操作しているのを知ったセバスチャン。
場所が変わろうと驚く様子は、もうない。

事実を受け入れ、どうにか脱出方法を探すことに、集中しているみたい。

f:id:bio-re-love:20170927115035j:plain
見覚えのあるお屋敷。

たぶん、セバスチャンは新聞で見たんだと思われます。
警察だし、事件はいろいろチェックしていたことでしょう。

f:id:bio-re-love:20170927115059j:plain
この新聞ですね。お邸の写真が載ってます。
それに、クリムゾンシティでは、名も知れていたであろう資産家一家です。

f:id:bio-re-love:20170927115048j:plain
この開け方、カッコイイんだよね。
隙だらけだけど(笑)この時は襲われないし、平気よ。

ナックルを持ってると、右手がグーになっちゃうんだよね(;^ω^)仕方ない...。
細かい所まで、しっかり作られていますね。

f:id:bio-re-love:20170927115122j:plain
雰囲気のいい、お屋敷だね。

なにか出そうな、味のあるカッコ良さ。
絵になる風景だ。これだけで、テンションが上がるヾ(≧▽≦)ノ

f:id:bio-re-love:20170929145217j:plain
あれは、マルセロとレスリー。こんな所で何してるんだ?!

「どうやって来たんだ?」と、セバスチャンも不思議そうです。
呼びかけてるのに無視(笑)マルセロッ!

追いかけよう!合流だ!合流!ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

f:id:bio-re-love:20170927115139j:plain
何度呼びかけても振り向きもしない、マルセロめ!<(`^´)>
そそくさと、奥の扉へと消えていきました。

途端に、頑丈な仕掛けが作動!

f:id:bio-re-love:20170927115151j:plain
変な扉が…この仕掛けを解かないと、この奥には進めそうにないですね。
ルヴィクお手製の、手の込んだ仕掛けのようです。

とりあえず、一階の開いてる部屋から見ていこう!≡≡≡ヘ(* ゚-)ノ

ダイニングから

f:id:bio-re-love:20170927115205j:plain
食卓だ。豪華な料理が出てきそうな、素敵な食卓ね。
手記が、置いてあります。

f:id:bio-re-love:20170927115218j:plain
「新しい世界への入口を見つけた」と、ルヴィクが綴っています。

この時、やるべき目的を、ハッキリと見つけたようです。
そのために、マルセロを利用しようと書いてあります(笑)

マルセロの研究室と人材は、個人の科学者にとっては魅力的なものだし、
使えるものは、使っていこうという意欲が見えますね(^^)

f:id:bio-re-love:20170927115229j:plain
食卓の奥は、貯蔵庫と...
なにこれっ!本当に、なんだこれは?ですよ(;゚Д゚)

これが、仕掛け扉を解く鍵になっているみたい。
見るとテープが流れ始めます。
検証実験テストの記録のようです。

ルヴィクは、生きた人間で実験を行っていたようです('д'|l!)
生きたまま…。

f:id:bio-re-love:20170927115241j:plain
f:id:bio-re-love:20170927115254j:plain

被験者番号58。Σ(゚Д゚)
58人目ということですね、どれだけの犠牲者が…(;^ω^)

「痛みの領域は、刺激しても効果はない。
次は「同意」の部分を刺激してみよう」
と、テープに記録されています。
同じようにしろという事みたいね。

F-7の” 承諾 ”部分に刺激を与える。
という事なので、図を見ながらF-7の位置にピンを刺します(;゚Д゚)ゾワゾワ

f:id:bio-re-love:20170927115314j:plain
正解すると、何か動き出しました。
赤い液体が、どこかに流れていきました。

人形なんだろうけど、気持ち悪い(-_-;)
いいセンスしてます(笑)

と突然、話し声。

f:id:bio-re-love:20170927115326j:plain
これは、記憶が再生されているみたい。

マルセロと少年が、話をしています。
彼は、ルベン。のちのルヴィク。

f:id:bio-re-love:20170927115337j:plain
ルベンの研究に、興味津々のマルセロ。

すでに、彼の才能を見抜き、引き抜こうとしているみたい。 
マルセロが彼を認め、育てようとしているのがわかります。

なんだか、モーツァルトサリエリのような感じだね。
若き才能への激しい嫉妬に苛まされ、盗作したりするサリエリっぽい。
話し逸れたけど…。

ルベン君、心に傷を負わなければ立派な成功者になれただろうに。
かわいそうな子だ。゚(゚´Д`゚)゚。

f:id:bio-re-love:20170927115351j:plain
さっきの赤い液体が、扉に溜まりました。

残り2本。
あと2つ、同じようなものがあるようだね(;^ω^)

書斎の奥へ

f:id:bio-re-love:20170927115406j:plain
2階に行ってみる。
進める場所を、探してみる( ー`дー´)キリッ

f:id:bio-re-love:20170927115500j:plain
大広間っぽいところに、ダイヤルがあった。
金庫用の鍵みたい。

目の前に、上部が破れた絵が...処刑シーンになっている。
悲しむ女性と、処刑を待つ人の2人。

f:id:bio-re-love:20170927115419j:plain
f:id:bio-re-love:20170927115429j:plain

部屋を出ようとすると、ルヴィクが来た!

逃げろ~~~!≡≡≡ヘ(*--)ノ
食堂の机の下に隠れた…ドキドキ感がたまらない。
探しに来た、足が…見える|д゚)
見つかりませんように。

このチャプター、ルヴィクが追ってきて、青い画面に変わります。
しかも、いつ来るかわからない。逃げ回るか、隠れるしかない(;゚Д゚)
少しでも、接触すれば...щ(゚ロ゚щ)
即死(笑)

f:id:bio-re-love:20170927115521j:plain
なんとか、振り切ったので、探索開始!
2階の書庫に、金庫のダイヤル上部と絵がある。

もう、この絵がヒントだと言わんばかりに。
11人の傍観者が、傍観というか...
この人達も顔に布を纏ってるので、順番待ちしてる人かもしれないΣ(゚д゚lll)

f:id:bio-re-love:20170927115542j:plain
書庫の奥に、部屋が続いてます。
広いね、この家~(*^-^*)

f:id:bio-re-love:20170927115555j:plain
悠々と歩く私に、トラップが襲い掛かる!
ちょっと、不意打ち(;´Д`)w

あの赤い所を、撃つしか検討がつかない。
(-_-)┳ ----------!

f:id:bio-re-love:20170927115610j:plain
トラップを逃れて両親の寝室へ。
暖炉の秘密の通路をいくと、ありました。
今度は、なんだろう(´・ω・`)

f:id:bio-re-love:20170927115629j:plain
f:id:bio-re-love:20170927115641j:plain

被験者番号12。
これは、最初の方の実験だね。
恐怖を感じる部分を刺激だって、図でいうA-2のFEARの部分だね。
プチッとね(-ω-)/

記録テープの中で、被験者が悲鳴をあげている( ̄ロ ̄lll)

f:id:bio-re-love:20170927115706j:plain
また記憶が再生。
ルヴィクが、両親を殺害した場面。

事故の後、父親によって地下に軟禁されていたルヴィク。
怒りが爆発したようですね。
母親まで、殺害していますΣ(゚д゚lll)

f:id:bio-re-love:20170927115720j:plain
英語では、" Out of sight, out of mind? "と言っています。
視界からいなくなると、心からもいなくなる
去る者は日々に疎し。という、ことわざです。

どんなに親しかった人でも、
亡くなったり疎遠になったら、月日が経てば経つほど、忘れられていくという意味。

You did... you did, didn't you.
「本当にそう思った...?そうしたけど、そうはさせない」
「帰ってきたよ、父さん」
と、父へ憎しみをぶつけています。 

事故により、愛する姉を亡くし、自分も重症。
ましてや親の裏切り...マルセロも裏切る。不憫すぎる...。
狂っても、仕方がない環境だった。天才だっただけに...暴走が激しいけど(笑)

f:id:bio-re-love:20170927115741j:plain
絵画が、行き先を指差してる。
なんてオシャレ~!って思ったのは、私だけでしょうか?(*´ω`*)(笑)

そっちに進んでみるよ!≡≡≡ヘ(* ゚-)ノ
あら?ホールの反対側に戻ってきた。
2階は、もう何もないんだ。1階に下りてみる。

娯楽室

f:id:bio-re-love:20170927115801j:plain
別の開かない扉が開き、絵画の飾ってある広間に出ました。
奥には、ピアノも。

金庫ありました★
金庫のそばには、ファイルが...

切り裂かれた ふたつの世界。
上には傍観者、下には犠牲者。

まるでSTEMのようではないですか?
傍観者=研究員、犠牲者=被験者。みたいな。深読みしすぎ?(笑)

f:id:bio-re-love:20170927115826j:plain
2つのダイヤルを取り付けて。
この絵画の顔の部分に、金庫が(笑)
面白い、キーパーみたい。可愛いキーパーだね。服が、女の子だよ(*‘ω‘ *)

この金庫をマルセロが開けた怒りが、キーパーを生み出したんだけど。

f:id:bio-re-love:20170927115841j:plain
上には、傍観者の数。
下には、犠牲者の数ですね。

憶えておいたから大丈夫。
謎解き楽しい(*^-^*)

f:id:bio-re-love:20170927115904j:plain
f:id:bio-re-love:20170927115924j:plain

金庫の先には、扉があり、奥にブレイン!

被験者番号14。
これも最初の方の実験だ。

C-4の” 希望 ”を刺激するのか。
どこかな?あぁ~、なんだか、実験してるみたいな感じになってきた(笑)
慣れと麻痺って、怖いね(;゚Д゚)

今までピンを打ってきた3か所。
恐怖」「希望」「承諾
被験者番号順でいうと、恐怖で支配し、希望を与える代わりに承諾させる。
それで、器に耐性があれば記憶を移せる。
別の体を依り代にできる、という事でしょうか?

f:id:bio-re-love:20170927115947j:plain
最後の記憶です。
ルベンがピアノ弾いてる(*‘ω‘ *)月の光です。
姉を思い出す曲、曖昧な世界を描く曲なんです。
曲の解釈が、サイコブレイクと一致してるのが、素晴らしいですね。

後ろには、チェロもあります。
ラウラが弾いていたんでしょうか?
ピアノが弾けて教養のある、いい男ルベンなんだけどね(´-ω-`)

話は逸れたけど...
マルセロが、病院への寄付金の遅れについて、聞いています。
本心は「今月は、まだかね?」と言いたいようです(笑)

両親に会いたいみたいだけど…ルベンが、すでに殺...щ(゚ロ゚щ)

のちに、両親は車の事故死として新聞に載ります。
マルセロが、両親の死を知らない所を見ると、まだ隠蔽はしてないようですね(;^ω^)

f:id:bio-re-love:20170927120001j:plain
金を払わないなら、実験用の素体はやらないと言い出しました。
お金って怖いな(-_-)

f:id:bio-re-love:20170927120019j:plain
脅しにかかるマルセロ。
相変わらず嫌な奴ですね、マルセロ。

美しいルベン、アップで見たくて、銃を構えてみた(笑)

f:id:bio-re-love:20170927120035j:plain
彼らの関係は、ギクシャクしてきているようです。
互いに利用しあってる関係だけど...。

ルベンは、かなりマルセロを敵視してきてる(゚Д゚;)

そんな過去があったのか...ルベン。
仕掛け扉に行ってみよう。

f:id:bio-re-love:20170927120050j:plain
3つすべての液体が、溜まりました。
歯車が回り、ロックが解除され、扉が開く。

この先に、何が待ってるのか?
マルセロとレスリーは、いるんだろうか?

後編に続く…

Ch.9「The Cruelest Intentions」後編

biolove.hatenablog.com

© 2014 ZeniMax Media Inc.
All other trademarks or trade names are the property of their respective owners.All Rights Reserved.

Developed by Tango Gameworks