crazy about video games

遊んだゲームの感想・考察など、まとめ中心の個人的なゲーム備忘録。

【サイコブレイク】ストーリー考察&プレイ日記★ネタバレ★ザ・アサインメントThe Assignment★ch.2「crossing paths」その1

Chapter.2 掛け違い①

f:id:bio-re-love:20171018215855j:plain
完全ネタバレ!未プレイの方はご注意ください!
あくまでも個人的感想&解釈によるプレイ日記です。
「」の台詞は私訳です。

下水処理場

f:id:bio-re-love:20171020100256j:plain
f:id:bio-re-love:20171020100309j:plain

ジョセフと共に、地下へと落とされたキッドマン。
ジョセフを呼ぶけど見当たりません。彼は、別の場所に落ちたんだろうか?

『もう!どこに行ったの?』

キッドマン、「shit!」と言ってますよ(*‘ω‘ *)
毎回、感嘆詞でサラッと使ってるので、キッドマン...結構お口が悪いですね(笑)
犯罪歴多数のやんちゃガールだったようだし。

しかし、ジョセフがいない事で、そんなに言わなくても(;'∀')

『まぁ、彼なら一人でも大丈夫ね。
レスリーを探しましょう』

レスリー探索に戻ることに、任務が最優先事項のだ。

f:id:bio-re-love:20171020100317j:plain
すこし先へ進むと、水路にブラウン管が置き捨てられています。
そして、頭にスノーノイズが走り、また管理者との任務前の話が再生される。

「彼の名はルベン・ヴィクトリアーノ。
今はSTEM内部でルヴィクとして、存在している。
ルベンは天才だった...
全てのシステムを一人で設計した。だが、我々と思惑が一致しなくなった」

『それで、彼はどうなったのですか?』

「彼は始末した。信頼する相手を間違えた結果だ」

"対処済み”だけでなく、英語では"反抗の結果で対処した"と、ハッキリ言ってる。

こわー(ll゚◇゚ll)忠誠心を誓わされたけど、迷いズレが生じると
抹殺されるような組織なんだ...

ふと、我に返るキッドマン。『ルヴィク...私がここにいると知ってるわ...』
もう接触もしたしね(;´Д`)どうしましょ!

f:id:bio-re-love:20171020100328j:plain
ここには、見えないホーンテッドが!
NOーー!インビジブル!!
...武器ないんですけど…(; ・`д・´)

f:id:bio-re-love:20171020100338j:plain
f:id:bio-re-love:20171020100348j:plain

近くにを発見!これ使えそうです。
こっそり、後ろから近づいてステルスキル!

f:id:bio-re-love:20171020100359j:plain
ハンドルがあります。あれで、きっとあのゲートを開けるんだね。
まずは、ここの周辺の敵を殲滅します。
...安心して回したいし(;´・ω・)

f:id:bio-re-love:20171020100416j:plain
梯子を下りていきます。
結構深い...相変わらず水路っぽい場所。

f:id:bio-re-love:20171020100432j:plain
土管に入ると...Σ(゚д゚lll)
シェードと目があった(^^;)
無視して進みます。あぁ~やだやだ、シェード怖いし。

f:id:bio-re-love:20171020100449j:plain
足元の水がブクブクしだした(-_-;)
これは...嫌な予感が!Σ( ̄ε ̄;|||
水の中に沈むキッドマン。

f:id:bio-re-love:20171020100500j:plain
まだ地下があったみたい...。
足元が崩れて、下に落ちただけのようです。ビックリさせないでよ(*‘ω‘ *)

シェードの襲撃

f:id:bio-re-love:20171020100516j:plain
が...しかし!無事ではない!
瓦礫に挟まれてしまったようで動けない!
そして、顔を向けた先には!

f:id:bio-re-love:20171020100606j:plain
シェード姉さん!

崩れたのもシェードの仕業だったのね。
他にも何かやってます。遺体を照らして、なにしてるの?
すると!

f:id:bio-re-love:20171020100558j:plain
横たわる遺体がカタカタと動き出す!
え~~!(ll゚◇゚ll)

ホーンテッド化しているようです。ちょっと待って、動けないんですけど!
簡単には抜け出せない瓦礫...しかし、敵は迫りつつあるщ(゚ロ゚щ)

f:id:bio-re-love:20171020100619j:plain
辺りを見回せば、運よく銃が落ちている(笑)
なんとか手にした銃を手に、ホーンテッド達を倒していく。

f:id:bio-re-love:20171020100651j:plain
爆発すると、周りを巻き込むので、それを上手く利用して迫る敵を蹴散らす。
シェードが、ここらの遺体を使って生産しているので、どんどん湧きます。

リロードとエイムをテンポよくしないと、危ないシーンです(^^;)

f:id:bio-re-love:20171020100701j:plain
もう遺体がなくなったのだろうか、下に下りてきました。
(-_-)┳ ----------*)゚ロ゚)
シェードを撃つ!ライト(ヘッド)を撃つといいような気がする。
ダメージを与えると逃げたよ。
ε-(´∀`*)ホッ

ゆっくりと瓦礫をどけて、探索開始だ!

出口を探して

f:id:bio-re-love:20171020100711j:plain
まだ下水施設のようだね…また、ブラウン管があります。
廃棄物をなぜここに捨てるんだ(笑)

ここの会話は、エレベーターの時と同じ。
「セバスチャン達は捨て駒で、任務に邪魔なら...」という、重要なんだろうね。
2度も思い出すなんて(; ・`д・´)
洗脳が効いてる!!Σ(゚Д゚)

f:id:bio-re-love:20171020100721j:plain
ネコちゃん (´ΦωΦ)
セーブポイントだ!!癒しだ★

なに食べてるんだろう(笑)パン?
皿以外にはグロイものが散らばってますが...(; ・`д・´)食べちゃダメだぞ!

f:id:bio-re-love:20171020100731j:plain
処理場らしき場所に出ました。
すると、その先にジョセフの姿が!!

声をかけるも、水門が閉まってしまいました(;´Д`)

そんなぁ~~~!!

f:id:bio-re-love:20171020100744j:plain
バチバチと音を立てショートする配電盤。
ショートのせいで、閉まったのかな?
もー٩(๑`н´๑)۶

f:id:bio-re-love:20171020100754j:plain
ヒューズを探す必要がありそうです。

f:id:bio-re-love:20171020100805j:plain
1つは、配電盤のすぐ横にあるので、あと2つ探さないといけないみたいだね。
とりあえず、ヒューズを使うと扉が動きました!

行ってみよう!≡≡≡ヘ(* ゚-)ノ

f:id:bio-re-love:20171020100819j:plain
2つ目のヒューズを取ると、むっ(; ・`д・´)
ルヴィクが現れた!!!

空間が歪みます、一体何をしたの?突然!真っ暗闇になる。
電気が消えた(ll゚◇゚ll)

f:id:bio-re-love:20171020100831j:plain
誰もいなかったのに、ホーンテッドまで現れる。あのドアに行きたいんだけど...
邪魔だな。呼び出して、移動させるしかない。

キッド編の楽しみの一つですね(´・ω・`)

f:id:bio-re-love:20171020153353j:plain
扉の先にも、ホーンテッド、ホーンテッド、ホーンテッド!!щ(゚ロ゚щ)

取ったヒューズを配電盤に使うと、新たなドアがオープン。
最後の一個を探そう。

f:id:bio-re-love:20171020153438j:plain
次の場所は、水槽の中にトラウマがいる...(; ・`д・´)出てこないでよ
出る気満々な、もう予感しかない(笑)

ヒューズと入手すると、案の定出てきました。トラウマ…。

ジョセフと合流

f:id:bio-re-love:20171020153519j:plain
やった!ジョセフがいた!ジョセ~~~フε≡≡ヘ( *゚▽゚*)ノ

『ジョセフ!無事ね』

「あなたも。無事でよかったです」

『セバスチャンは?』

「わかりません。戻って彼を探しましょう」

ダメよ!...えっと...ここから脱出するのが先よ。それから、彼を探しましょう。
あのゲートは開くの?』

「私達には重すぎるかと...」

このふたりが話すの初めてみた気がする。ちょっと、たどたどしいけど(笑)
ふたりとも、互いの様子を伺って話している感じだよね。
キッドの言う「気が合わない」というのは、こういう事だろうか(笑)

f:id:bio-re-love:20171020153533j:plain
敵の声と銃声が聞こえると、ジョセフが走り出す。

『ジョセフ!気をつけて』

「大丈夫です。開ける方法がないか探してみて下さい」

ここにセバスチャンが来たね、退治してくれるようだ。頑張って~!
なにか探しておく~★

あの時、彼らはこうだった。っていうの面白くていいよね。
こういうの好き(*‘ω‘ *)

f:id:bio-re-love:20171020153603j:plain
f:id:bio-re-love:20171020153613j:plain

メビウスマーク発見!
螺旋階段を上っていく。声が聞こえます、セバスチャンの声だ。
彼もゲート前に辿りついたようです。

階段の先の扉を開けると、管理者の声が聞こえる。

f:id:bio-re-love:20171020153657j:plain
「集中力に欠けているぞ、キッド。注意したはずだ」

『どうすれば、ここから脱出できるの?
わからないわ、ここで一体何が?』

「君の存在はルヴィクに気づかれた。
君を利用しようとしている。しかし、もっと重要な問題がある...あの刑事」

『ジョセフなら問題ないわ。なにも疑っていない』

管理者は、一言もジョセフとは言っていません。「あの刑事」としか言ってないのに、
ジョセフと決めたキッド。

つまり、キッドが心配している事で、自分に言い聞かせている。
ここは自問自答しているシーンだと思われる。

メビウスの洗脳がよく効いているって事。
忠誠心に迷いが見られた今、潜在的宣誓を思い出せ警笛を鳴らしている

「彼は捨て駒だ...他に使い道があると?
排除せよ、これは命令だ」

「(キッドマン、なにをしているんですか?)」

これ、ボーっとしてるキッドに、ジョセフが呼びかけてる声ですね。
彼らは今、ホーンテッドと戦ってます。

f:id:bio-re-love:20171020153710j:plain
『ジョセフを殺す...そんな事しても、レスリーは見つからない...』

「(こっちです!手伝ってください!)」

「彼は信用できない、裏切るぞ」
「君が何をしているのか、全て知ったら裏切るだろう」

f:id:bio-re-love:20171020153742j:plain
「言ったはずだ、キッド。君は弱い...
我々を失望させるな」

私が思うに、この管理者は恐怖心から生まれた
キッドがジョセフに対し、疑いを持った時、心の中で自問自動しているシーンだ。
ルヴィク意志と重なり、管理者として形作られたものだと思うが…。
どうなんでしょうね(´・ω・`)

f:id:bio-re-love:20171020153731j:plain
目を覚ますキッドマン...

f:id:bio-re-love:20171020153858j:plain
ボーっと突っ立っていたのは、そういう事だったのか(笑)
きっと、ボーっとしているうちに頭の中で見ていたのだろう。

3人が合流!ここは本編と同じ。
ゲートを男二人で持ち上げ、キッドを向こうへと行かせる作戦です。

f:id:bio-re-love:20171020154922j:plain
彼は脅威とみなさなかった
ポロリとこぼしたルヴィク情報。
怪しむふたり...と、突然!

f:id:bio-re-love:20171020154931j:plain
ルヴィクの波が押し寄せます。
感化されるふたり...キッドマンだけ、影響がありません。

これは、ワクチンが効いているのか。
もしくは、彼女は彼らのようにSTEM装置に繋がれていない?
の、どちらかだと思われます。

f:id:bio-re-love:20171020155153j:plain
走り去るセバスチャン(笑)
本編では水の中に引き込まれたが、キッドマンには、こう見えていたようです。
そして、ジョセフ...(; ・`д・´)

f:id:bio-re-love:20171020155248j:plain
キッドマンに掴みかかる。
裏切りを知るジョセフ、彼はどこか別の空間でキッドマンの正体を知ったのか?
それとも、操られているだけなのか?

ジョセフの話では、微かにひどい事をした覚えがあるような感じでしたね。

f:id:bio-re-love:20171020155338j:plain
「お前が誰か知っている」
「彼を連れては行かせない」
「命令に従っておくべきだったな、キッド

ここ、英語ではジョセフはキッドと呼んでいる。
普段セブもジョセフも、彼女のことを「キッドマン」と呼んでいる。
誰も愛称で呼んでいないのだ。日本語訳は、キッドになってるけどね。

これ、人間関係において大事なことだと思うんです、私は。
キッドと呼ぶのは両親管理者、そしてルヴィクだけなんですよね。

そして、ここのジョセフの会話はルヴィクのセリフだと思われます。
レスリーは渡さない
怪しいと思った時に「命令に従うべき=ジョセフを殺しとくべき」だったな。
という意味だと思います。

ルヴィクが、ジョセフを操っている。
ルヴィクが、完全に代わり代弁&行動していると思います。

実際ジョセフ自身も、深層心理ではキッドマンを怪しんでいるが、
この時、ジョセフ本人の意識はないと考えても、いいかもしれませんね。

f:id:bio-re-love:20171020155429j:plain
f:id:bio-re-love:20171020155438j:plain

彼を蹴飛ばし、距離を取ったキッドマン。
すると、あたりの景色が一変。

ふたりは、どうなってしまうのか?

つづく...