crazy about video game

遊んだゲームの感想・考察などのまとめ中心の備忘録。考察を好きに書いてます。

MENU

【サイコブレイク】ストーリー考察&プレイ日記★ネタバレ★ザ・アサインメントThe Assignment★ch.1「An oath」その1

Chapter.1 宣誓①

f:id:bio-re-love:20170716143843j:plain
完全ネタバレ!未プレイの方はご注意ください!
あくまでも個人的感想&解釈によるプレイ日記です。
「」の台詞は私訳です。

はじめに...

有料DLCキッド編のプレイ日記です。

セバスチャンの裏側で、キッドマンは何をしていたのか?

彼女の真実葛藤を垣間見る事ができ、
補完するという点で、今回は会話が多い気がします。

また、ゲーム面も探索がメインとなり、戦闘は少ないです。
一味違ったサイコブレイクを楽しめる追加エピソードになっています。

こちらも、英語のセリフを同時解釈中。
ニュアンス違いを比較しながら、2つの解釈を混ぜて考察しています。
「」は私訳です。※ゲーム内の日本語訳と違う場合があります。

ストーリーと、人間模様を見ていきたいと思います。
おさらいゲームプレイです(`・ω・´)ゞ

世界の在り方

f:id:bio-re-love:20171013162151j:plain
始まりは、マルセロの実験メモの一文からはじまります。

” 彼らは共に存在し、それぞれが自分の方法で物事を見ていた。
まるで、各患者の意識が空白を満たすように、自分自身の世界を創造する ”

という事です。

やはり、世界を同じように見て、体験しているわけじゃないようですね。
それぞれの見え方がある、重なりはするけど、同じではない。

 

......暗闇の中で、声が聞こえる。

メビウスに忠誠を誓うか?」

『はい、誓います』

キッドマンの声です。
” I made my choice. ”と、言っているので、自分自身で決意した。と言うニュアンス。
言わされてるのではなく、自分で「選択」たことに重点が置かれた返答です。

救急車墜落後

f:id:bio-re-love:20171013155554j:plain
気がつくと救急車の中。
最初に救急車で逃げた、あのシーンですね。

墜落後、目を覚ましたキッドマン。

f:id:bio-re-love:20171013155633j:plain
燃える車を這い出て、危機を回避。
すでに誰の姿もない...。

『...事故...ひとりじゃなかったはず?』
『みんなは?どこ?』

f:id:bio-re-love:20171013155614j:plain
森に目を向ければ、人影が…。
すぐ消えてしまいました。

たぶんあれは、アドミニストレーターだと思うけど(゚Д゚;)
他の誰かだと思ったキッドマンは、森の中へと入って行く。

f:id:bio-re-love:20171013155648j:plain
真っ暗な森を彷徨い、洞窟を見つけました。

この暗さが、ワクワクさせる。
いいですね(*‘ω‘ *) 好感度+1UP

洞窟に入ると崖になってて進めそうもない、引き返そうとするが...
背後から襲われるキッドマン!!

f:id:bio-re-love:20171013155705j:plain
「刑事...!気味が悪いですねぇ~!」

『Σ(・口・)...なんなの?!』

まぁ、確かに不気味な場所だけど、
オスカーの顔の方が、ゾッとするんですけど(笑)

恐ろしい形相で、掴みかかる。
キッドマンは、ホルスターに手を伸ばすが...銃がない!!

『うそでしょ!』

足蹴りを喰らわせ、ヒールがオスカーの顎を突き抜ける。

うぇ、痛そうだ(゚Д゚;)

f:id:bio-re-love:20171013160425j:plain
痛みに暴れるオスカーに押され、崖から滑り落ちた。
倒れ込んだキッドマンを見て、オスカーは立ち去って行く。

というか、顎をヒール突き抜けたのに生きてるんだから、スゴッ!(笑)

f:id:bio-re-love:20171013160439j:plain
なんとか立ち上がり、ふらついた足を前へと進める。

突然のシグナルスノーノイズ
空間が波打ち、歪む。

ルヴィクのそれとは違い。ブラウン管TVが壊れたような感じ。
メビウスは、少しだけこの世界に干渉できるようです。

洞窟を進んでいくが、ノイズに悩まされるキッドマン。

『なんなの...ここから出ないと』

すると、今までの出来事の話し声が聞こえてくる。

f:id:bio-re-love:20171013160452j:plain
ジョセフ「血の匂いですね」
オスカー「戻ってこないんです」
セバスチャン「俺たちのバックアップを頼む」

『...こんなこと、ありえない...』

セバスチャン「おい、ジョセフはどこだ?」
オスカー「みんな死んだんです」

記憶が逆行している?
このゆがみを通して、聞こえてくるのかな?
洞窟の先に光が…!

f:id:bio-re-love:20171013160507j:plain
隙間を抜けると、レスリー!!

あっ、これはルヴィクレスリー(; ・`д・´)
レスリーは静かにその場を去っていく。

キッドの視界は、真っ白な光に包まれる。
声が...こだましている。

マルセロ「落ち着くんだ!...レスリー...レスリー...」

記憶の再生

f:id:bio-re-love:20171013160522j:plain
レスリー...レスリー・ウィザーズ」

ふと、意識がはっきりすると、どこかの部屋にいます。

『...なんですか?』

「キッド、集中してくれ。
よく聞いてほしい、大事な話をしている。
私たちの行うことは、すべて重要なことだ」

『(分かっています)...分かっています』

キッドマンが、答える前に同じセリフ(I'm ready.)が聞こえた。

デジャヴ...(; ・`д・´)
たぶん、これは...任務前の記憶を再体験(再現)しているんだと思われます。

彼は「アドミニストレーター
名前は不明です。この管轄の管理者のようです。
英語読みは長いので(笑)今後は訳して、管理者と呼びます( ー`дー´)キリッ

「そう思いたいが、行動で証明してもらいたい。さっきも言ったように、
ターゲットは、レスリー・ウィザーズ。
彼はビーコンの患者で、他の役目もある」

f:id:bio-re-love:20171013160534j:plain
「簡単に言えば、STEMの起動に彼が必要なのだ」
「彼なしでは、この研究も無駄になる」

『なぜです、ビーコンは我々の施設。
彼を連れ出せばいい事では?』

「彼の顧問、マルセロ・ヒメネスとの関係は、壊れかけている」
「少年は、なくてはならない一部だ。
ヒメネスは我々の許可なく、
ビーコンでSTEMのプロトタイプを動かすつもりだ」
「明らかに不当行為だ...思い違いは災いを招く」
「さぁ、こっちだ。ついてきなさい。看護師が待っている」

あっ、分かったかもしれないΣ(・口・)

ずっと気になっていた、みんながSTEMに入った瞬間。
最初からSTEM界」とは思っていたけど、
確証がなかったので曖昧に濁していたけど、この説でいけるかも(笑)
一番最初に書いた2パターンの解釈は、訂正しよう(※訂正済)

管理者は、「マルセロが動かすつもりだ」とは言っているけど、
もう、すでにレスリーを連れて起動していたのかもしれない。
そして、レスリーに死なれては困る。大事な人材だから。

STEMは複数ある。この研究所①と、ビーコンの新型無線STEM②
機械は違えど、同じ脳を使う事で同じ世界に行けるんだと思うんです。

正常に起動しない①。中に入れば死が待つのみ。
そんなSTEM内には入りたくない...。
そこでキッドの出番だ。...ってことなんじゃ?
という事は、マルセロの後を追って、キッドらを無線STEMに入れた。

最初から、病院の無線STEMにみんな繋がれて、夢を見るんだよ。
日常のありふれた一日。最初は正常に動くようだしね。

って、ここで別の考察話(; ・`д・´)書きながら考察してます。
DLCから、話が逸れました。

f:id:bio-re-love:20171013160549j:plain
ニャンコが、歩いてきました(=^・^=)
黒猫だ!
赤いチョーカーをして、センスいいね。
誰の猫かな?メビウスの猫?赤目なのが、クール!(*^-^*)

f:id:bio-re-love:20171013160612j:plain
キッドマン、猫好きだな?!
いつもと違う顔を見せてくれます(*‘ω‘ *)

猫のソファで、セーブができます。
癒しを与えてくれる、安心感とマッチしてますね。

メビウス研究所

f:id:bio-re-love:20171013160630j:plain
顔がありません。キッドの記憶にないようです。
手にはメビウスの手袋。

ここが、キッドの管轄エリアなのかな?

f:id:bio-re-love:20171013160642j:plain
下にはデスク。
メビウスのオフィス兼研究施設のようです。

f:id:bio-re-love:20171013160701j:plain
案内板を見ると、”フィジカル・プラント・オフィスエリア”と書いてありました。
フィジカルってついてるし、「物質的」な自然の植物系の研究施設のようですね。

現にオフィス内は、木々があちこちに見られます。
あちこちに根を張ってる...。
まるでメビウスが、クリムゾンシティに根を張ってるかのようだね。

f:id:bio-re-love:20171013160718j:plain
ドアには指紋認証でしょうか、厳重なロックがかけられています。
キッドマンも、もちろん一員ですから、パスできます(*^-^*)

下準備

f:id:bio-re-love:20171013160740j:plain
「もし、ヒメネスがシステムを起動すれば、君は引き込まれるだろう」
「そうならなければいいが、念のため汚染を防ぐ薬を準備した」

『ワクチン?私を守るための?』

「正しくは、”君の存在を隠す”と言った方がいいだろう」

この薬の効果は絶大で、素晴らしい効果を果たしています。
しかし、実は試作品だったようです。
のちに、ネタ晴らしがあるので、その時に(*^-^*)

「我々はSTEMを開発したが、システム内にゴーストがいる」
「我々は、” ルヴィク ”と呼んでいる。我々を妨害している」
「ある程度ではあるが、この薬は君を守るだろう」

『なぜ、私ひとりで?』

「ひとりではない。君のKPDチームと一緒だ」
「ビーコンで事件が起きたと報告が行くだろう」

ビーコン事件を予知している事から、この事件はメビウスが起こしたのだろう。
そして、すでにセバスチャンらは、捕まっていると思われます。

管理者は、キッドに色んな隠し事をしている。
STEM界の説明もなく、生きて帰れる確率が低いことも伝えられていない。
詳細の伏せられた極秘任務

キッドは、ただ「ビーコン病院に行き、レスリーを連れ出す」としか
思っていないのだ。騙されてるよ~キッド!(;´・ω・)
危険な組織だ!

f:id:bio-re-love:20171013160755j:plain
「すべては手配する。そして、彼らに何が起きても気にするな。
君の任務の捨て駒でしかない」

ハッキリと言っています。セバスチャン達は消耗品
つまりは、スケープゴートにするということ。ルヴィクへの生贄だ。

キッドの任務遂行のための目隠しとして使われてるんだから…( ̄ロ ̄lll)
ホントにもう!いい迷惑!

f:id:bio-re-love:20171013160811j:plain
「さぁ、座りたまえ」「私たちには彼が必要だ。すべてを可能にできる

『必ず、連れて戻ります』

「言っておくが、失敗は許されない。我々への忠誠心が試される」
「この世界で信頼は、とても重要だ。だから、もう一度聞こう」
メビウスに忠誠を誓うか?」

『はい、誓います』

「では、行動で示してもらおうか。迷いはないな」

f:id:bio-re-love:20171013160836j:plain
太い点滴の針を刺されるキッドマン。
うぇ~、痛そうヽ(゚∀。)ノ

「今から、カウントダウンをしていく。
数え終わったら、一連の質問をする」
 「10, 9, 8, 7...」

カウントを数える管理者。
薬が効いてきたのか、朦朧とするキッドマン。

催眠術をかけられていると思われます。メビウスは、洗脳を研究していますしね。
催眠をかけ、こっそりとSTEM界にキッドマンを送ったのだと思われるが...。

f:id:bio-re-love:20171013160851j:plain
「6, 5, 4, 3, 2, 1.」

手の傷から、湧き出るモヤ。
この傷は、ルヴィクがつけたもの。
管理者はルヴィクに汚染されていると思われるが...。
ここは、すでにSTEM界の記憶

再現されてるだけで、管理者は本物ではない。という事は、このモヤの正体は?
ルヴィク関係だと思われるが…(;´・ω・)

ちょっと、ハッキリとは断言できない。情報が少なすぎる(笑)

「では、質問をはじめる」

f:id:bio-re-love:20171013160911j:plain
「信頼する相手から、見捨てられたと感じたことは?」

たぶん、キッド専用合言葉だろう。

家族に見捨てられたと思っているキッド。
採用後の面接で、家庭環境の事、過去の話を聞かれています。
心の奥の弱みを聞き出すための調査だっただろう。
その結果で生まれた、合言葉なんじゃないかなぁって思います(´・ω・`)

任務開始

f:id:bio-re-love:20171013160927j:plain
気を失ったキッドマン。目覚めた時は、あたりは真っ暗で独りぼっち。
腕に刺さった点滴針を抜き、起き上がります。

一体何が起きていたのか? 

f:id:bio-re-love:20171013160948j:plain
頭も痛そうです(; ・`д・´)

潜入前をSTEM界で再現していたんだけど、キッドは、そうは思っていない。
あの後、放置されたと思っているようで、誰かいないか探します。

現実だと錯覚を起こしている様子(゚Д゚;)

キッドもセバスチャン達と同じく
STEMに入った瞬間を理解していない。という事がわかります。

f:id:bio-re-love:20171013161011j:plain
本当はもっと暗いんだけど、画像加工して明るくしてみました(*‘ω‘ *)
見えますか?ライト姿のクリーチャーが(笑)

キッドマンを見つめていますΣ(・口・)
気配を感じ、目をやると、素早い動きで消えました。

とりあえず、真っ暗すぎるので明かりが欲しい。
探索開始だ(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

f:id:bio-re-love:20171013161036j:plain
扉がライトで固定されてます。
誰がこんなことを…助かるけど(´っ・ω・)っ

f:id:bio-re-love:20171013161315j:plain
ってことで、早速ライトいただきます(*^-^*)
ライトゲット!!

明かりを手にしただけなのに、ホッとしますね。
やっぱり明かりって大事

f:id:bio-re-love:20171013161414j:plain
あぁ...真っ暗だ…。
これがキッド編なのです(`・ω・´)ゞ
さぁ、扉の先へと進みましょう。

!≡≡≡ヘ(*--)ノ

つづく...

Chapter.1 宣誓その2

biolove.hatenablog.com