crazy about video game

遊んだゲームの感想・考察などのまとめ中心の備忘録。考察を好きに書いてます。

MENU

【サイコブレイク】ストーリー考察&プレイ日記★ネタバレ★PSYCHOBREAK★Ch.10「The Craftsman's Tools」(後編)

Chapter.10 職人の器械(後編)

f:id:bio-re-love:20170721144149j:plain
屋敷の地下に降りたセバスチャンは、ルヴィクの過去と、狂気の原点を見る。

完全ネタバレ!未プレイの方はご注意ください!
あくまでも個人的感想&解釈によるプレイ日記です。
ED・DLC内容の解釈を含んでいます。
「」の台詞は私訳です。

Ch.10 The Craftsman's Tools(前編)

biolove.hatenablog.com

脱出計画

f:id:bio-re-love:20171005103254j:plain
エレベーターから降りると、ループした部屋に、たどり着きました。
今回はループしないよ(*‘ω‘ *)

扉の先には...Σ(・口・)

f:id:bio-re-love:20171005103320j:plain
マルセロッ!
なんだかデジャブ(´・ω・`)
前と違うのは、セバスチャンが銃を構えているという事。

『自分が、何をしてるのか分かってるのか?』と罵るセバスチャン。
憤りを感じているようです。

レスリーを何かの装置に、つなげているマルセロ。
そのことに怒っているんですね。

「助かるためだよ」

f:id:bio-re-love:20171005103343j:plain
『新しい化け物でもつくっているように、見えるがな』
苛立つセバスチャン、皮肉がとまらない。

「時間がないのだよ、刑事さん…」

俺もそうだ』

f:id:bio-re-love:20171005103425j:plain
「かつて、レスリーはここに来て、現実に戻った。
彼はルヴィクと繋がり、生還できた」

f:id:bio-re-love:20171005103441j:plain
「そんな患者は、私の知る限りでは、彼だけだ」

『すごい話だ。
それとコレが、どう関係しているんだ?』
セバスチャン、相当イラついてます。

f:id:bio-re-love:20171005103456j:plain
「彼こそが、現実世界へ戻る
唯一の方法なのだよ...刑事さん 」

f:id:bio-re-love:20171005103513j:plain
f:id:bio-re-love:20171005104139j:plain

機械を弄りだすマルセロ。
装置操作は、お手の物みたいですね。

いつもの嫌な高周波音がします。

f:id:bio-re-love:20171005104203j:plain
『その音は…』

これか...いつもの音は...やめろ!って
言ってるんですね(;゚Д゚)

f:id:bio-re-love:20171005104216j:plain
すごく痛そうなレスリー。
悲鳴をあげてます。かわいそうだよ(T_T)

f:id:bio-re-love:20171005104226j:plain
f:id:bio-re-love:20171005104234j:plain

バラバラだった波形が、ひとつに重なりました。

これは脳波なのか?
それとも、空間の波形なのか?
詳しくは分からないけど、合致したのは見てわかりますね。

そして!

f:id:bio-re-love:20171005104303j:plain
f:id:bio-re-love:20171005104336j:plain

あぁ…戻ってるΣ(゚Д゚)
空間が、リアル世界に戻ってるよ~!!

本当の現実は、あのバスタブのようです。

f:id:bio-re-love:20171005104352j:plain
これがSTEM装置
中央にたたずむホスト。マルセロのよく知る場所。

f:id:bio-re-love:20171005104402j:plain
うまくいってる!って、嬉しそうなマルセロ。
神に感謝し、安堵しているようです。
初めて笑顔が出ました(^^)

成功したのかな?

激怒

f:id:bio-re-love:20171005104413j:plain
と思いきや…プッツン。

突然、全てが切れちゃったよ。ダメだったか…('д'|l!)
うまくいきそうだったのにね、勿体ない。

f:id:bio-re-love:20171005104429j:plain
すぐさま、レスリーを心配するセブ。
優しいなセバスチャン(*‘ω‘ *)

勝手に、機械から降ろしてます(笑)
早く保護してあげて!!

f:id:bio-re-love:20171005104439j:plain
マルセロの計算ミスかな?
戸惑っています。

まさか、ルヴィクの仕業かな?と思っていると!!

f:id:bio-re-love:20171005104458j:plain
ダダダーーーン!!
なんか...いる!?(((((( ゚Д゚)))))

f:id:bio-re-love:20171005104513j:plain
出た―――!щ(゚ロ゚щ)

これは「アマルガムα
3.9m、2.1t と、巨大モンスターです。
STEM装置の実験中に死んだ、被験者たちの最後の意識が固まり、
ひとつになった集合体...。
死の恐怖から逃れようと、動くものすべてに襲い掛かるらしい(;゚Д゚)

たくさんの人が、ぶら下がってます…。

f:id:bio-re-love:20171005104526j:plain
マルセロを狙う、アマルガムα。
きっと何か言いたいことが、あるんでしょうね。

なんだかんだで、マルセロを気遣うセバスチャン。
早く逃げなよ、ドクターーーッ!(;゚Д゚)

f:id:bio-re-love:20171005104540j:plain
対峙するマルセロ。
きっと、マルセロの中ではルベンと対峙してますね(´・ω・`)

被害者達であり、ルベンでもあるクリーチャー。意思疎通できたんでしょうか?

ブツブツ言ってます。
そして、何か気づきました。

f:id:bio-re-love:20171005104550j:plain
「我々と同じことを望んでいる...外に出たいのか...

みんな…ルヴィク外に出たいという事に、気づきました。

前回、ルヴィクの目的は、” 侵入者の抹殺 ”
と思っていたマルセロですが...ようやく、本当の目的に気づいたようです。

と、突然Σ( ̄ε ̄;|||・・・
怒りの鉄拳!!

f:id:bio-re-love:20171005104605j:plain
f:id:bio-re-love:20171005104620j:plain

踏みつぶされちゃったよΣ(゚д゚lll)

NO!マルセロ~~~(ノTдT)ノ
巨体の踏みならした衝撃波で、吹き飛ばされる2人…。

別の空間へ飛ばされる予感(; ・`д・´)
せっかく合流したのに、またバラバラになるじゃないの。
レスリーー!保護したのに!

謎の男の忠告

f:id:bio-re-love:20171005104641j:plain
ドスン!
と、鈍い音をさせて落ちました。
どこかのフロア(・∀・) 

f:id:bio-re-love:20171005104651j:plain
イヴァンが呼んでる!!

「おい!そこにいるんだろ!?
聞いてくれ!...くそっ!」
って言ってます。

たぶん、これは彼の過去の声かな?
閉じ込められて、ドア越しに叫び喚いていただろうと想像がつく。
今は、セバスチャンに言っているように、聞こえるけど(*‘ω‘ *)

わかった!そっちに行くから、待ってて!!≡≡≡ヘ(*--)ノ
なにか言いたい事あるみたいだね。

今回は鏡を見なくても、ドアを開けるだけで行けた不思議Σ(・□・)

f:id:bio-re-love:20171005104729j:plain
ドンドンしてます。待たれよ~(;'∀')
覗きます...|д゚)

タティアナに見つからないように、早くしてね(笑)

ルヴィクを怒らせたな
と、不穏な空気が漂う(;゚Д゚)

英語では「ルヴィクは、いま相当に怒ってるに違いないな」と微笑。
おかしかったらしい(笑)

「STEM端末を壊したのか?
やつも、そこまでされるとは、考えもしなかっただろうな」

あれは…壊れたんだ?
正常に働かないって事かな?
逆の動きにするために、考えなければ!って前マルセロは言ってたもんね。
いつどこにいても、マルセロはルヴィクを怒らせるね(笑)

『待て、” STEM? ”』とセバスチャン。
この装置が、”STEMという装置”と分かった瞬間ですね。
...マルセロは教えてくれなかったもんね(-_-;)

「やつが、”過去との関係”を断っているなら、完成は近い」

”過去との接点”というと、ルベンとしての過去という事でしょうね。
すでに、乗り換えの準備は整っているようです(;゚Д゚)

f:id:bio-re-love:20171005104706j:plain
「やつに残されたのは...
”現在とのつながり”だけだ。あの病院にあるSTEM装置だけ」

『病院?ビーコン精神病院か?』

「やつは、そこにいる...
そこで” 彼 ”を待っている」

そこにいるのは、ルヴィクの脳の事だと思います。
レスリーを繋ぐのを、ずっと待っていたんですね(〒д〒)

「” 誰か ”が、早くSTEMを止めなけば...誰にも逃げ道はない」

この” 誰か ”は、「お前がやれ」と言っているんだと思います。
先にたどり着かなきゃね~♪と、歌うように語ってましたね(笑)

Σ(゚Д゚)あぁぁ!
タティアナさんに見つかった(・_・;)

「あなたから、血のにおいがする」
と...意味深な言葉をかけられました(笑)

f:id:bio-re-love:20171005104748j:plain
う~眩しい!!探索地に戻ったぞ(^^)

このシステムは、彼が吸い込まれるとかじゃなくて、ずっと鏡見てるだけで、
意識があっちに行ってるだけなのかな?

そう思う、今日この頃…(´ー`*)

魂に救済を

f:id:bio-re-love:20171005104816j:plain
アマルガムαが、暴れてます。
どこかの地下駐車場みたいだよ、ここ。

見つからないように、コソコソ移動が…
最終的に見つかってしまいましたΣ(゚д゚lll)

f:id:bio-re-love:20171005104831j:plain
戦うしかないのか…。

アマルガムαは、フリーズボルトが楽だよね。(゚д゚)(。_。)ウン
凍らせて、あのきょろきょろしてる目玉を狙うべし!

あの目が、動くものを探してます。

f:id:bio-re-love:20171005104844j:plain
大きさの対比。なかなかの大きさ。
ある程度の攻撃を当てと、形態が変化します。

f:id:bio-re-love:20171005104902j:plain
やっつけました…せめて安らかに眠れ(-ω-)

そして、4万ジェルを頂くよ...(笑)
たっぷり貰えるので、忘れないようにね。

f:id:bio-re-love:20171005104939j:plain
倒すとエレベーターが、開きました。
よし!乗っていこう。!≡≡≡ヘ(* ゚-)ノ
病院へ、病院がカギだ!!

To be continued…

f:id:bio-re-love:20171005103209j:plain 
内容の濃いチャプです(´・ω・`)
色んなことが分かったし、クライマックスに向けての目的がわかりました。

他の皆は、無事なのか…。

 

以上、サイコブレイクCh.10「職人の器機」考察プレイ日記でした。 

© 2014 ZeniMax Media Inc.
All other trademarks or trade names are the property of their respective owners.All Rights Reserved.

Developed by Tango Gameworks