crazy about video games

遊んだゲームの感想・考察など、まとめ中心の個人的なゲーム備忘録。

【サイコブレイク】ストーリー考察&プレイ日記★ネタバレ★PSYCHOBREAK★Ch.15「An Evil Within」(前編)

Chapter.15 ルヴィクの邪悪心(前編)

f:id:bio-re-love:20170721144449j:plain
すべてが始まった場所である精神病院で、セバスチャンは悪夢に決着をつける。

完全ネタバレ!未プレイの方はご注意ください!
あくまでも個人的感想&解釈によるプレイ日記です。
ED・DLC内容の解釈を含んでいます。
「」の台詞は私訳です。

悪夢の中で

f:id:bio-re-love:20171010160850j:plain
意識の先には、キッドマンの影

疑念が晴れなかったセバスチャンは、キッドマンの事を考えているのだろうか?
脳が、混乱しているのだと思われます。
去っていくキッドマンと入れ替わるように、近づいてきたのは自分

f:id:bio-re-love:20171010160859j:plain
こちらに銃口を向け、引き金を引く!

これは、深層心理でしょうか?
早く起きろ!と、自ら警告したのか?

もちろん、飛び起きるセバスチャン。

f:id:bio-re-love:20171010160920j:plain
何度目覚めても、覚めることのない悪夢
何が現実で、悪夢なのか?
曖昧な情報に、もう脳の判断が追いつかないだろうね。

この病室も廃墟となっていますね。

f:id:bio-re-love:20171010160937j:plain
タティアナを探して、受付に行っても見当たりません。

『もう、誰もいないのか...?』

すると、空間の歪む波動が広がります。

『...ルヴィク?』

いつもの廊下の先から、広がる波動。

f:id:bio-re-love:20171010160949j:plain
レスリーが、うずくまり震えています。彼が、引き起こしているんだろうね。

「...狂いはじめた...」

反復を繰り返す言葉...空間も時折、別の場所へと変化しています。
他の場所に、繋いでいるようです。

レスリー?』

f:id:bio-re-love:20171010161000j:plain
f:id:bio-re-love:20171010161009j:plain

「セバスチャン?...こっち...」

レスリーが、道案内をしてくれるって。
彼の後を、追うしかない!

f:id:bio-re-love:20171010161026j:plain
場所が変わりました。
今までの歪められて見えていた場所の、本来の姿のようですね。

『ちょっと待ってくれ!』

ぴょこぴょこ歩くレスリー
可愛い歩き方なのに、速い!(笑)

f:id:bio-re-love:20171010161035j:plain
f:id:bio-re-love:20171010161046j:plain
f:id:bio-re-love:20171010161057j:plain

見たことのある場所が、たくさんあります。
錆びたり、血塗れだったり、破壊されてない。
あの時見た、あの時行った場所の、本当の姿が見てきました。

研究施設のようですね(゚Д゚;)

『どこに連れて行くつもりだ?』

そんなこと言いながらも、ついて行きます。

f:id:bio-re-love:20171010161117j:plain
f:id:bio-re-love:20171010161128j:plain

レスリーに追いつくと地震が!!
『崩れるぞ...』

「セバスチャァァァン!」

レスリー!』

このレスリーの「セバスチャァァァン!」が、可愛いです(*‘ω‘ *)

気がつくと...

ビーコン精神病院

f:id:bio-re-love:20171010161145j:plain
そこは、ビーコン精神病院前。

辺りはボロボロに崩落し、崖にΣ(゚д゚lll)
病院だけが、破壊されていない

「ビーコン...ジョセフの言った通りだな...」

さすが相棒!あの理論は完ぺきだった!

f:id:bio-re-love:20171010161207j:plain
いたよ、レスリー!駆け寄っても、たどり着けない。
ちょっと待って~!≡≡≡ヘ(* ゚-)ノ

近づくと空間が歪みワープ。
彼は、本物なの?なんか怪しい...(;´・ω・)

f:id:bio-re-love:20171010161248j:plain
最初のはじまりだった。ビーコンの入り口です。

彼らにとっては、そうだったかもしれないけど...本当は、もっと前から
すでに始まっていたのだと、私は思っているんだけど(;´・ω・)

悪夢への境目は、ハッキリとは描かれていませんね。
ポスターが正しければ、そう解釈していいと思う。

f:id:bio-re-love:20171010161306j:plain
前と同じ病院ホール。
凄惨な現場となっています(゚д゚lll)

f:id:bio-re-love:20171010161327j:plain
管理室の奥には...地下への入口が!!
本当は、こんな感じになってたんだ(-_-;)

既視感記憶の照らし合わせが、面白い。

f:id:bio-re-love:20171010161340j:plain
f:id:bio-re-love:20171010161352j:plain

その先には、見慣れた下水道。
一番最初に、サディストから逃げた時の、あの場所です。

私のプレイ記憶が、かけ巡ります(゚Д゚)
いろんな情報が、合致して楽しいチャプターなのです(*‘ω‘ *)

f:id:bio-re-love:20171010161411j:plain
ここは、最初から封鎖されてましたよね。
今回は南京錠を壊して、進む事ができるんです。

病院の地下に隠された怪しい扉。

f:id:bio-re-love:20171010161422j:plain
メビウスのマークが入ってる。
こんなすぐ近くにあったんですよ(゚Д゚;)
金色で頑丈そうな扉だ★

f:id:bio-re-love:20171010161436j:plain
たくさんのコードが天井や床を這っています。
オルタエゴがいた場所で見たような気がする。いろんな所で、既視感(笑)
研究施設のようです。
ん?さっきと同じ施設?地下で繋がっているのかもしれませんね。
そう考えると地下道があるのか(;´・ω・)

遠くから、レスリーの声が聞こえる。

「いやだ...!いやだ...!」
「...いやだ...お家帰る...」

レスリー?』

「...そこに行きたくない...やめて...!!」

これは、レスリー記憶の声でしょうか?
実験で連れて行かれてた時...(゚Д゚;)

f:id:bio-re-love:20171010161503j:plain
Σ(゚Д゚)ここは!!ラウラの時に見た、エレベーターに似ている。
なんか懐かしさを感じるのは、何故(笑)

エレベーターに乗ると、中庭かな?
外に出ました(*‘ω‘ *)

f:id:bio-re-love:20171010161517j:plain
ふおぉぉ!( ゚Д゚)
高々とそびえ立つ灯台

あの上に光のもととなる、STEMね!!

美しい風景です、かっこいいなぁ(*‘ω‘ *)
...雨が降り出しました。

f:id:bio-re-love:20171010161544j:plain
あっ、レスリーがいた★

雨にうたれ、気持ちよさそうにしてる。
でも、何かが変ですね。レスリー中にルヴィクが?!

身体を得て、雨にうたれる感覚が懐かしいのかもしれませんね。
”あぁ、雨ってこんなだったな。”みたいな...そんな顔してました(T_T)

f:id:bio-re-love:20171010161557j:plain
f:id:bio-re-love:20171010161616j:plain

いつもと違う動きに気づいたのか?
セバスチャンは、不思議そうに声をかける。

レスリー?』

気づいたレスリーは、不敵な笑みを浮かべ、堂々と歩き、扉の先へと消える。
やっぱり、あのレスリー...ルヴィク

だんだんとレスリー乗っ取り時間が、伸びてる気がします(゚Д゚;)

f:id:bio-re-love:20171010161634j:plain
あのテッペンへ、急いでいこう!!
!≡≡≡ヘ(*--)ノ

謎の男の最期...

f:id:bio-re-love:20171010161654j:plain
扉の先には、見慣れた病室のドアが並ぶ。
そして、いつもの声...

「おい!そこにいるんだろう!」

ここが、本来の場所だったのか(゚Д゚;)
隔離病棟でしょうか?普通の病室ではないですね。

f:id:bio-re-love:20171010161708j:plain
「やつの目に気を付けろ」

『なんだって?』

「生き延びたいなら、ルヴィクの目には近づくな。やつは監視してる」

『どういう意味だ?』

「今に分かる」

そう言って、うずくまるイヴァン。
その瞬間、彼は亡骸となり目の前に...。

f:id:bio-re-love:20171010161721j:plain
「かわいそうに、安らかに眠れ...」と、英語では言ってるんですが。

「俺を救おうとしてくれたんだな...あとは俺に任せろ」と日本語訳は
彼の助言の説明をしてて、セバスチャンの優しさが表現されてて、素敵です(*'▽')

燃やして弔ってあげました(-_-)
ありがとう...Rest in peace.

過去の断片

f:id:bio-re-love:20171010161748j:plain
部屋を出ると、明るくなっています。

あれ?結構戻ってるね…エレベーター前にいたのに(゚Д゚;)
すると…奥から物音が。

f:id:bio-re-love:20171010161808j:plain
見たことのある記憶が再生される。

f:id:bio-re-love:20171010161823j:plain
f:id:bio-re-love:20171010162001j:plain

一番最初に見た、警官の逃げまどう姿。
監視カメラ映像もフラッシュバックする。

今まさに、目の前で繰り広げられている。

f:id:bio-re-love:20171010162024j:plain
手を触れることもなく、たやすく殺害していくルヴィク。
あの時の様子を、身を持って体験中(゚Д゚;)

怖いシーンだけど、カッコイイ!!(笑)

f:id:bio-re-love:20171010162046j:plain
銃を撃つが、素早い動きでかわすルヴィク
...かすりもしない(゚Д゚;)動きが速い!!

f:id:bio-re-love:20171010162101j:plain
f:id:bio-re-love:20171010162115j:plain

首を絞められるセバスチャン。
手も足も出ない...勝ち誇るルヴィク。

f:id:bio-re-love:20171010162136j:plain
f:id:bio-re-love:20171010162153j:plain

もがき苦しみながらも、手を伸ばす...
無我夢中でランタンを手に、ルヴィクに叩きつけた。

割れるランタン、燃え広がる炎。

f:id:bio-re-love:20171010162215j:plain
ルヴィクのフードに燃え移る。
彼の弱点であり、辛い経験を思い出す

Σ(・口・)これは...やってはいけない事をした予感('д'|l!)

f:id:bio-re-love:20171010162234j:plain
怒りに震えるルヴィク。
吼える声が、廊下に響き渡る。
彼に見つめられ...吸い込まれそうな目だ。

かなり怒らせちゃったみたいщ(゚ロ゚щ)

邪悪な心

f:id:bio-re-love:20171010162254j:plain
見つめられ、別の場所に飛ばされちゃった...目がたくさんある( ̄ロ ̄lll)
これがイヴァンの言っていた、ルヴィクの目?今に分かるってこの事?

ルヴィクの邪悪な心が具現化した世界だろうか?

f:id:bio-re-love:20171010162309j:plain
灯台がある(´-ω-`)

ホーンテッドの集団が4~5ターンほど、セバスチャンを襲う。
偽ルヴィク、サディスト、敵が勢揃い。

f:id:bio-re-love:20171010162326j:plain
f:id:bio-re-love:20171010162343j:plain

乗り切った先には、キーパーが2体!
セバスチャン、頑張れ~(/・ω・)/

総攻撃でルヴィクは畳みかけてきます。

f:id:bio-re-love:20171010162403j:plain
f:id:bio-re-love:20171010162424j:plain

私がこの世界を創った。
お前には止められない

どんな困難も乗り越え、先へ進むセバスチャンに、何度となく警告する。

f:id:bio-re-love:20171010162532j:plain
目が光ってます。目を避けなきゃ(;'∀')
光に当たらないように、迷路を進むよ。

f:id:bio-re-love:20171010162556j:plain
ルヴィクが見てます(笑)
どこに居たって、彼は見てるんだ|д゚)

f:id:bio-re-love:20171010162634j:plain
光の先への駆け抜ける!!
俺は、負けない!!そんな一心で( ー`дー´)

f:id:bio-re-love:20171010162655j:plain
これは、さっきの灯台の扉じゃない?
戻ってきたみたいですね(゚Д゚;)

f:id:bio-re-love:20171010162718j:plain
エレベーターへと直行!!
でもいいけど、横の部屋には、レベルアップできる機械とセーブポイントが...。
もうタティアナは、いないんだな(´-ω-`)
無造作に置かれた機械…。寂しい!

f:id:bio-re-love:20171010162743j:plain
「生きて帰ったら...もうエレベーターには乗りたくないな」って、
可愛いこと言ってます(笑)

どんどん最上階へと昇っていく。
外が見えますね(*‘ω‘ *)高いとこ怖い!!

融合

f:id:bio-re-love:20171010162827j:plain
灯台のテッペン。最上階に着きました。

これが?STEM装置?足元を覗くと...

f:id:bio-re-love:20171010162850j:plain
「ありえない...」

バスタブが設置されており、みんな繋がれていますΣ(゚д゚lll)

STEMの事は理解したつもりだったが、
夢の中だとは思っていなかったセバスチャン。
眠っている自分を見て、驚きを隠せないようです。 

すると、悲鳴が聞こえてきます。

f:id:bio-re-love:20171010162926j:plain
f:id:bio-re-love:20171010162941j:plain

「...助けて...たすけて...!」

キッドマンに追われていた、レスリー
レスリーは駆け寄り、セバスチャンの後ろに隠れる。

「セバスチャン、彼から離れて」

f:id:bio-re-love:20171010163017j:plain
f:id:bio-re-love:20171010163047j:plain
f:id:bio-re-love:20171010163112j:plain

役者は揃いました★
これをルヴィクは待っていたんですね。

銃口を向け、キッドマンを制するセバスチャン。
彼女の行動を、彼は怒っています
彼の持つ正義感には、到底許せるものではない。

f:id:bio-re-love:20171010163147j:plain
「セバスチャン、聞いて。
考え直して、私と利害は一致しているはずよ」

『いいか、分かってるぞ。
お前は、ただの新米刑事じゃなし、彼は普通の子供じゃない』
『お前はジョセフを殺し、俺も撃った。
この状況で、お前を信じられるわけがないだろう』

「あなたはいい人よ...だから、私は......」
「はぁ...今更、どうでもいい事ね」

言葉を呑込んだキッドマン。
だから、私は...”傷つけたくない”かな?

f:id:bio-re-love:20171010163205j:plain
「この子が何者で、何になるのかを知っていれば、
生かしておけない理由がわかるはずよ」

ふざけるな!
ルヴィクだろう!彼、そのもの...』

この会話から、セバスチャンはルヴィクがレスリーに入る事を理解している

だからといって、命を奪っていいとは思っていない。
彼のいい所だと思います、彼の優しさが成せる考え方です。
なにか、別の解決策がないか、考えよう。と言いたかったのかもしれません。

そんなセバスチャンを見透かしていたルヴィク。
チャプ10でも言っていましたね、”自分を知ってるか”って?
ある意味で、セバスチャンは、ルヴィクの思い通りに動いたことになります。

f:id:bio-re-love:20171010163231j:plain
f:id:bio-re-love:20171010163248j:plain

セバスチャンの声を遮り、STEM装置は光り輝く。
ルヴィクは、装置そのものです。
レスリーが来るのを待っていた

高周波音が鳴り響く。
苦しむのはセバスチャンだけだ(T_T)

キッドマンは、ワクチンを打っているので大丈夫なようですね。
そのワクチン凄いな((((゚Д゚;))))

f:id:bio-re-love:20171010163331j:plain
レスリー、行くな!」

セバスチャンの呼びかけも空しく、レスリーは導かれるようにルヴィクのもとへ。

f:id:bio-re-love:20171010163353j:plain
f:id:bio-re-love:20171010163408j:plain

レスリーは、既に人格が変わることは多々ありました。
しかし、まだ完全体ではなかった

レスリーの「承諾」が必要だったのでは?
つまり、レスリーが身体を譲ることを承諾し融合。

精神を統合したのか?ルヴィクだけの人格なのか?
それとも、現実のレスリーの身体に、二つの人格が存在するのか?

確実なのは、レスリーの身体にルヴィクの意識を入れることに成功したという事。

f:id:bio-re-love:20171010163507j:plain
レスリーを手に入れたことで、脳は激しく動き出す。
喜んでいるようにも見えます。

別の身体を得るという事は、前の器を捨てるという事です。
つまり、もうルヴィクとしての存在は、必要ないと思われるが…(゚Д゚;)

f:id:bio-re-love:20171010163558j:plain
崩壊してゆくいく装置。
歩くことすらできないまま...

f:id:bio-re-love:20171010163817j:plain
崩れゆく灯台から、投げ出されたセバスチャン。 

f:id:bio-re-love:20171010163616j:plain
STEM装置のバスタブで眠る体。

これは、夢の中のSTEM装置です。
現実ではないが、現実を摸したものだと思われます。

ルヴィクの目的は果たされた...
その先に待つものは?

後編につづく...

Ch.15 An Evil Within(後編)

biolove.hatenablog.com

© 2014 ZeniMax Media Inc.
All other trademarks or trade names are the property of their respective owners.All Rights Reserved.

Developed by Tango Gameworks