crazy about video game

遊んだゲームの感想・考察などのまとめ中心の備忘録。考察を好きに書いてます。

MENU

【サイコブレイク】ストーリー考察&プレイ日記★ネタバレ★PSYCHOBREAK★Ch.10「The Craftsman's Tools」(前編)

Chapter.10 職人の器械(前編)

f:id:bio-re-love:20170721144149j:plain
屋敷の地下に降りたセバスチャンは、ルヴィクの過去と、狂気の原点を見る。

完全ネタバレ!未プレイの方はご注意ください!
あくまでも個人的感想&解釈によるプレイ日記です。
ED・DLC内容の解釈を含んでいます。
「」の台詞は私訳です。

ルヴィクの研究

f:id:bio-re-love:20171002225749j:plain
壁には、カルトのマーク。
エルネスト(ルベンの父)は、宗教に妄信していたようなので…。
自宅の壁に書かれているのは、そういう意味でしょうね。

また地下へのお誘いのようです。
梯子がある...下りるしかないな(^^;)

f:id:bio-re-love:20171002225804j:plain
長い、かなり長い~(;゚Д゚)
どこまで下りればいいの?ってくらい。

こんな地下深くに何が?!

f:id:bio-re-love:20171002225827j:plain
ようやく、地面です。
早速、怖い話が聞こえてきましたね(笑)

ここでは、今までの連続殺人事件の犯人が判明します。
大体予想もつくし、すでに分かってるけど…。やっぱりね。という結末。

会話を全部書いちゃうね。
つたない私訳だけど、内容の意味は変わってないです。

「何人殺したんだね、ルベン?」
心配になって、マルセロが訪ねてきたようですね。

f:id:bio-re-love:20171002225841j:plain
『数字など意味はない』
『やつらは、報いを受けただけだ。
素晴らしい成果を出し、私の研究に貢献できたんだ』

もうルベンには、良心も残っていないの?
完全に壊れてしまっている。
復讐再生に囚われてしまっていますね(T_T)

「これは、単なる研究ではないだろう…
新聞によれば、多くの人々に試している...トラップを...」

『あの害虫?微生物以下のクズのことか?
やつらは私のものだ、私の好きなようにする』

因果応報...大きくなって返りましたね…村人たち。
ルベンを怒らせたら、怖いぞ(;゚Д゚)

新聞の殺人事件。
全ては、ルベンの研究によって、殺害されたという真相…。

f:id:bio-re-love:20171002225854j:plain
『だが、その通りだ。
これは"単なる研究"ではない。完成は近い...』

「なんと忌まわしい...」

マルセロッ!
よくも、”忌まわしい”と言えたね(;゚Д゚)
自分の行動も忌まわしいだろうに…。それより、ルベンを説得して!(笑)

物騒な歯車…いや、回転ノコギリのようですね。しかも巨大…Σ(゚д゚lll)
こんなトラップ、ヤダな~。痛そう(+o+)

f:id:bio-re-love:20171002225909j:plain
「これが、私の意志だ」

彼は目的のためならなんでもする
意志の強さを感じます。

もう誰にも止められない。
ルベンを止めることは...不可能

病棟の男

f:id:bio-re-love:20171002225927j:plain
そんな記憶を見て、怖くなったので(笑)セーブしとくよ(*‘ω‘ *)
タティアナにも会いたいし、今の癒し彼女しかいない!

で、病室にやってきましたが…マイルームを出ると、お隣さんがコンコンと合図。
なに?どうしたの?!覗いてみる|д゚)

f:id:bio-re-love:20171002230016j:plain
突然語りだす、正体不明の男。
たぶん、イヴァン・ディエス。あのツルとした頭が同じなんだ。

「なぜ、この世界がこんな風なのか?
お前は分かるか?」

『なんだって?お前は誰だ?』

「憎しみ、憎しみだ。
ルヴィクが激しく抱いた憎悪だ。
憎しみに支配されてる」
「やつはここを出て、復讐する気だ...」「奪われたものを取り戻したいらしい...」
「本当にできるわけじゃないが...本当にできるかどうか...」

f:id:bio-re-love:20171002230034j:plain
「ルヴィクを止めない限り、この世界は、悪夢は終わらない...」

やけに、ルヴィクに関して詳しい。
色々知りすぎて、捕まったんだろうね…

それから?それから、どうすれば、彼を止められるの?
興味が湧く話じゃないの...(*‘ω‘ *)

f:id:bio-re-love:20171002230050j:plain
「今、何か聞こえませんでした?」って、背後から脅かすタティアナ(笑)
彼の部屋に集中してたから、びっくりしたよ((((;゚Д゚))))

f:id:bio-re-love:20171002230103j:plain
f:id:bio-re-love:20171002230120j:plain

で...そのまま...スルーですか(´・ω・`)
話、ないの?

セバスチャンも呆気にとられた(笑)
これ以上、この人と話すなという事かな( ̄ロ ̄lll)
暗黙の…(´-ω-`)シュン

f:id:bio-re-love:20171002225948j:plain
彼も、話してくれないし、行きますか…。

彼は、色々知ってそうね(*‘ω‘ *)
何度か立ち寄るのもいいね。

様々な器機

f:id:bio-re-love:20171003111101j:plain
先に進むと、遊園地っぽい音楽
共に、中央の空中ブランコっぽいのが回り出しました(;'∀')

なに?ここ(笑)面白いヾ(*´∀`*)ノ

地面近くは、プロペラというか…刃物が回ってるので、しゃがみで動くしかないな…。
おぉ~、メルヘン惨殺トラップ

Σ(゚Д゚)上から、ライフル撃ってきた。
ライフルは貫通力あるから、当たるとライフがヤバイ。

行き先のドアは、電源が入ってないみたい
Σ( ̄ε ̄;|||・・・まずは、電力確保だね。

f:id:bio-re-love:20171002230157j:plain
2階にありました、バッテリー。
このバッテリーを使って、ドアの電力を回復しよ。

f:id:bio-re-love:20171002230208j:plain
2階といえば...いた!
ライフルマンが!

やっつけて進んだ方が安心なので、やるよ( ̄ー ̄)┳ -------------------*)゚ロ゚)

f:id:bio-re-love:20171002230218j:plain
こっちもライフルで反撃!2人もいるし…、避けつつ反撃(*´ω`*)
ライフル楽しいよね~★

どんどん進むぞ~~~(* ̄0 ̄)/
途中は割愛!トラップと敵をかわしながら、もう一つのバッテリーを入手。

f:id:bio-re-love:20171002230243j:plain
使う所があるから、差し込みます。
今度は、施設に明かりがつきました。

電力が復活したみたいだよ(((o(*゚▽゚*)o)))

f:id:bio-re-love:20171002230253j:plain
電源が入った★
早く戻ろう!≡≡≡ヘ(*--)ノ

f:id:bio-re-love:20171002230316j:plain
...щ(゚ロ゚щ)痛そう…

動かさないと、進めないな。

f:id:bio-re-love:20171002230307j:plain
あのレバーで、起動するみたいだけど...
ヽ(゚ロ゚; )ギャアア!!

怖いクリーチャーいる!!ここは倒すと楽だけど…弾薬が勿体ないな(笑)
なんとか避けながら、レバーを引く!

f:id:bio-re-love:20171002230338j:plain
Σ(゚Д゚)ビックリ!
ペチャンコになる所ですよ!!

潰されないように、気をつけなくては!
いろんな所に怖い器機が…トラップのごとく動いています。

f:id:bio-re-love:20171003141507j:plain
また、いました(;'∀')

この敵は「トラウマ
265cm、220kg、とデカい!
ルヴィクが持つ、死と再生のイメージが具現化したクリーチャー。
幼少期に父親から強制された、信仰への拒否反応が元らしい。

トラウマになるほど、嫌だったらしいね。
シダーヒル教会(笑)

杭っぽいのを背負うというか、磔(はりつけ)を引きちぎった風の風貌。
信仰絡みでいうと、十字架への磔から逃げた感じだろうか?

なんにせよ、怖い敵に変わりはない。

f:id:bio-re-love:20171002230351j:plain
ここは、トラウマが2体もいるんだよね。
倒さないと、ゆっくりと回せないけど。
ボウガンで凍らせてるうちに、進む手もあるε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

そして...若干の割愛(笑)
もっと割愛できそうだけど、かいつまみすぎても「?」となってしまう
サイコブレイク(笑)私が文章の引き算ができない!ってのもある(-_-;)

いろいろ場面飛ぶしね(;゚Д゚)
ルヴィクが、みんなを飛ばしてるんだよ。大事なSTEMに近づかないように
遠ざけているのです。

f:id:bio-re-love:20171002230407j:plain
ようやく、目的の扉を進めそう。
素敵なデザインの扉です(*´ω`*)

f:id:bio-re-love:20171002230419j:plain
この間の巨大モンスター!!
行き先を塞ぎ、咆哮が空間を歪める。
またなのね、これ以上は進ませないつもりね(;゚Д゚)

飛びますよ~~~ヾ(*´∀`*)ノ
飛ぶシーンは、演出がカッコ良いので好きなんだよね。

ラウラ襲撃

f:id:bio-re-love:20171002230436j:plain
あ~~~~ぁぁ、ここは?どこ?
見覚えのある通路。

どこへ飛ばされようと、前に進むしかない!

f:id:bio-re-love:20171002230508j:plain
レバーを引いて動かす、そんな機械ばかりだな...。
シャッターを開けます。
(; ・`д・´)

f:id:bio-re-love:20171002230520j:plain
すぐ開かないという、ドキドキの展開。
後ろには、ラウラが来てる!

早く~!カモ~ン!щ(゚ロ゚щ)
しゃがんで待機中。

f:id:bio-re-love:20171002230534j:plain
突然の怪奇現象。ガラスがキラキラと美しい(´∀`*)ポッ
後ろからはラウラ。足は止めないよ。
走る走るε≡≡ヘ( ´Д`)ノ
RUN!!ε=\(;´□`)/

f:id:bio-re-love:20171002230551j:plain
f:id:bio-re-love:20171002230606j:plain

ふぃ~~~Σ( ̄ε ̄;|||・・・
来てるよ、お姉ちゃん。ゆっくり歩くけど、かなりの迫力!

迫る時は激しいからね。

f:id:bio-re-love:20171002230636j:plain
どこを切り取ってもになりますね「サイコブレイク

スクリーンショットを撮るのが、楽しいです(*´ω`*)
とても綺麗だし、ライティングが素晴らしい(前も言ったね(^^;)

是非、味わって頂きたい。恐怖と一緒に、美しい狂気の世界を!

f:id:bio-re-love:20171002230647j:plain
グリーンランプが見えたら、
反射的にレバーだ!と思うようになってきた。

f:id:bio-re-love:20171002230711j:plain
レバーを引くと、ゆっくりと炎が止まります。
ガスの吹き出しを制御できるみたい。

にしても…ゆっくりだね(;゚Д゚)
緊急事態に焦っちゃう遅さ…嫌な予感しかない(笑)

f:id:bio-re-love:20171002230731j:plain
ピンを撃って、炎の向きを変えます。
結構これが面白いんだけど、面倒ね。

銃を構えると、カメラアングル変わるから、ドキドキしちゃう。

f:id:bio-re-love:20171002230745j:plain
ラウラが、ついてきてる。
ずっと、後ついてきてるから(;´・ω・)

捕まらないように、注意しながら、通路を阻む炎を対処

f:id:bio-re-love:20171002230801j:plain
ピンを撃つ(-_-)┳ ----------*
ピンを撃つ!
ラウラは撃たない。銃弾効かないし。

f:id:bio-re-love:20171002230817j:plain
ここのラウラとの戯れは、楽しくてドキドキハラハラする(*´Д`)ハァハァ
倒せるけど、基本逃げるがいいと思う。

f:id:bio-re-love:20171002230835j:plain
出口を塞ぐ炎、最後のレバーよ!
レバーに夢中で、背後の爆弾トラップを忘れてた(笑)
あっ...BOOM!!
あっははヾ(´ε`*)ゝ

f:id:bio-re-love:20171002230859j:plain
もちろん、こんな攻撃も可能。
上手くピンを使えば、ラウラに火をお見舞いできる。

徐々に弱るけど、ダウンさせるには、結構攻撃が必要です(; ・`д・´)

よっし!火の壁がなくなったら、エレベーターにダッシュだ!!

f:id:bio-re-love:20171002230921j:plain
セバスチャン好き~~♡って、私のようだ(笑)
逃がさない、と抱きつかれました(^^;

f:id:bio-re-love:20171002230940j:plain
f:id:bio-re-love:20171002230956j:plain

エレベーターを動かそうと、頑張るセバスチャン。

あぁ~、指輪がキラリ☆彡(T_T)
なんだろう、幸せそうな手記を読んでるから、指輪見る度に切ない気持ちになる。

今度、ファイル集もまとめる。
内容忘れないように、備忘録ブログだし。

f:id:bio-re-love:20171002231013j:plain
エレベーターが動きだし、ラウラの腕は切断され、解放されました…ε-(´∀`*)ホッ

ちゃんと、足元に転がってます( ̄ロ ̄lll)
とりあえず、危機は免れた…。

ルヴィクの忠告

f:id:bio-re-love:20171002231025j:plain
一難去ってまた一難…。
気配を感じたセバスチャン。
エレベーターも止まっちゃったよ(-_-;)

目を凝らせば、白い...白い何かが…。

f:id:bio-re-love:20171002231038j:plain
ルヴィクだ!!

姉弟揃って登場!チャプ10は豪華版だね。

いつもと違って、話しかけてきます。
対話しようというのね、いいよいいよ(*‘ω‘ *)

Who do you think you are?
日本語訳は「お前は知っているか?」と言っていますね。
「お前、何様のつもりだ?」と、皮肉たっぷりに...私は解釈した(笑)

どんな手を使っても、困難を乗り越えるセバスチャンに、ルヴィクは苛立ってる。
”この世界で、お前はそんな身分ではない”と、問いかけた。
ここは私の...My worldなんだ!とね。

f:id:bio-re-love:20171002231125j:plain
「お前が、どんな奴か知っているぞ、”セブ”」

 ” セブ ”

でました、コレです!
前回、私が言っていたチャプ6の「セブ」トリック(笑)

日本語訳では、誰もセバスチャンをセブと呼ばないので、
” なんでルヴィクが「セブ」って、愛称知ってるの? "とになると思うんです。
あっ、吹き替えはどうなってるか知らない…(-_-;)言ってたりしてね(笑)
字幕通りなら言ってないと思う。

でも、英語ではジョセフは、
何度か「セブ」って呼んでいて、仕事関係でない親密な話の時にだけ。
使い分けて言ってるんですね。つまり、信頼のある人しか使わない愛称って事。

”正体を知ってるぞ”と言われ、自分の愛称を呼んだルヴィク。
「セブ」と呼ばれたことで、彼の言葉が真実だとわかるし、
ルヴィクは、心を見透かし、全てを知ることができるとすべて合点がいく。
そうやって追い込んで、支配していくんですね(;゚Д゚)

ってことで、ジョセフの事...全部見ちゃったのね。何もかも(*ノωノ)キャッ
だから、セバスチャンの事を「セブ」と呼ぶのも知っていた。

つまりは、お前の事も全部知ってる、と脅しています。

f:id:bio-re-love:20171002231623j:plain
「お前が何を欲し、何を恐れるか」

本人でさえ感じ取れていない、心の奥底までも覗けるのかもね。
そういえば、ジョセフも「心のどこかで自殺を止めたくない」と悩んでたな(-_-;)

「何をさせられるか知っても、生きていられるかな?」
なんでも知ってる、ルヴィク君。
セバスチャンが優しいことも、ご存じなようです。
邪魔者だけど、そこを逆手に上手く使っていこうと、いう事だろうね( ̄ー ̄)ニヤリ

何をさせるのか…、後半でわかります。

f:id:bio-re-love:20171002231454j:plain
「可哀相なジョセフ、ダメだった...」

拒めなくなってるジョセフ…。もう用済みって事でしょうね。
そう、私は解釈した(;'∀')

「巻き込まれて、気の毒だが」

f:id:bio-re-love:20171002231914j:plain
「どのみち、私の望むように動いてもらう」

ここの英語は、言葉の区切り方が、オシャレで(*´ω`*)
”But either way, you're mine to do with as I please.”を一息に言わず、
短く区切ることで、強調されて
いい感じ(*^-^*)ワクワクする演出~★

特に「you're mine」(私の=こっちのもんだ)で溜めて、ニヤッと笑い。
「to do with as I please」(思うままに動いてもらう)と...消えていく。

ひぇぇ~(n*´ω`*n)
カッコイイ!ルヴィク!って、私の萌えた話になってしまった(笑)
英語版カッコイイよ、って事で(*´ω`*)

f:id:bio-re-love:20171002231935j:plain
立ち尽くすセバスチャン。

読者さんも、私の萌え話につき合わされて、立ち尽くしてますね...きっと(笑)

呆然としてしまったセバスチャン。重い空気のまま...エレベーターが動き出す。
下へと深く下りていきます。

セバスチャンの辿る道は...。

後編に続く…

Ch.10 The Craftsman's Tools(後編)

biolove.hatenablog.com

© 2014 ZeniMax Media Inc.
All other trademarks or trade names are the property of their respective owners.All Rights Reserved.

Developed by Tango Gameworks