crazy about video game

遊んだゲームの感想・考察などのまとめ中心の備忘録。考察を好きに書いてます。

MENU

【サイコブレイク】PSYCHOBREAK★ネタバレ★キャラ考察③ルベン・ヴィクトリアーノ、ルヴィクになるまで

サイコブレイク キャラ考察③ルヴィク

f:id:bio-re-love:20170720213042j:plain
ルヴィクを考察・まとめ。
キャラを掘り下げて考察しています。けっこう長文です(;´Д`)

完全ネタバレ。エンディング情報もあり。ご注意ください。
クリア済み前提の記事になってます。
あくまでも私の解釈&考察です。
間違いもあるかもしれません。
未確定情報を含みます。ご注意ください。

ルベンという人物

ヴィクトリアーノ家の長男。

資産家の裕福な家庭環境で育つ。
ピアノを弾くなど、教養もしっかりとしていたようだ。

記憶によると、姉と遊ぶのが好きで、
かなりのシスターコンプレックスを持ていたように思える。
また、研究が好きな男の子であり、非常に知的才能に溢れていた。

マルセロが、ルベンをレオナルド・ダ・ヴィンチと比較している事からも、
優れた天才であることが伺える。

性格は、活発ではなく内向的であり、精神的に不安定な子供であることも分かった。
火災事故により、更に悪化している。

子供時代

f:id:bio-re-love:20170716135314j:plain
name:Ruben Victoriano
Age:10歳
Height:158cm
Weight:49kg

フォーマルな服を着た、お坊ちゃんスタイル。
眉も薄く、短い明るい金髪。
額が広く、父エルネスト似の顔立ちだ。

青年時代

f:id:bio-re-love:20170716135350j:plain
name:Ruben Victoriano
Age:18歳
Height:182cm
Weight:69kg

大人っぽいフォーマルな装い。
手から頭の周りは、火傷のために包帯を巻いている。見えてはいないが、
全身包帯で処置がされていると思われる。
髪、眉さえも失うほどの、ひどい火傷であったことが伺える。

4度の皮膚全層裂傷だろう。
白く、裂傷は黒く変色しており、神経組織が壊れている状態だろう、
植皮が必要と思われるが…

火傷による体の痛みと戦いながら、研究に没頭していたようだ。
マルセロと共に働き、互いにそれぞれの立場を利用しあっていたようだ。

ルヴィクという人物

f:id:bio-re-love:20170716135413j:plainname:Ruvik(Ruben Victoriano)
Age:37歳
Height:178cm
Weight:71kg

過去の火傷は胴と顔を覆い、深刻な傷跡を残した。
ひどい火傷を負った身体を晒し、未燃の肌のは蒼白く、歩く死体のような姿だ。

また、頭蓋の右上半分が取り外され、人工頭蓋骨に置き換えられており、脳を露出。
様々な穴が人工頭蓋骨の証拠であり、自己実験の潜在的可能性の表れか?

熱傷は、体の温度調節もできず、絶え間ない頭痛や肉体的・精神的発作に襲われ、
身体的に限界が近いことを悟っていた。
外の世界から離れ、目的達成のため、研究だけを黙々と続けていた。

STEM界に存在するルベンの意識も、この姿で現れる。
ルベンのゴーストこと、コードネームの「Ruvik(ルヴィク)」で呼ばれた。

過去

マルセロとの出会い

ヴィクトリアーノ家は、ビーコン精神病院へ頻繁に多額の寄付をしていた。
そのためマルセロ・ヒメネス医師とは、家族ぐるみの付き合いだったようだ。

f:id:bio-re-love:20170721170002j:plain
ルベンの隠し研究施設「聖域」を見つけたマルセロは、彼の才能に気づき
今後の助手として、いい逸材だと目をつける。

研究部屋に入る事さえも、ルベンは嫌がっていたようだが、
交換条件研究の理解者という点で、しぶしぶ彼を受け入れたようだ。

f:id:bio-re-love:20170721170329j:plain
ルベンの実験は、誰にも認められず気味悪がられていたようだ。
ルベンは、そのことを非常に気にしている、繊細な少年のようだ。

マルセロは、科学の定義を語り「大切なのは頭脳だと理解を示した。
ここから二人の科学者として、同志としての付き合いが始まったのだろう。

悲惨な火災

f:id:bio-re-love:20170721171733j:plain
大量の土地を購入し、管理していたヴィクトリアーノ家。
その一つであろう納屋で遊ぶ、ルベンとラウラ。

f:id:bio-re-love:20170721171809j:plain
微笑ましい遊びです(^^)
ルベンの姉への思いも、見て取れるシーンです。

しかし、土地を奪われた村人たちの怒りは収まらず…

f:id:bio-re-love:20170723113405j:plain
ルベンの両親に報復するために。
村人たちはをつけた。
納屋の中に子供がいることに気づいても、知らないフリをするという非道な行為だ。

後に、リーダーだろう、この男。

f:id:bio-re-love:20170723113535j:plain
クリストファー・テイラーというんですね。
行方不明になっている事から、ルベンにより復讐された可能性が高い。

第一に彼のせいで、ルベンの生涯は台無しにされたわけですし。
罪深い行為は、死よりも残虐な罰へと変わり、報いを受けたのだろう。

事故後の幽閉生活

ラウラを失くし傷つき、火傷の痛みや外見に悩まされ、肉体的・精神的にも病んだ
ルベンを、父親地下に幽閉します。

f:id:bio-re-love:20170727231024j:plain
地下に閉じ込められたルベンは、地下で様々な研究をして過ごし、
表に出るのを見計らっていたようだ。

家族関係

ラウラ

ルベンの姉であり、ルベンを唯一理解した人だった。
非常に密接な関係を持ち、お互いを気遣っていたようだ。

f:id:bio-re-love:20170721172731j:plain
火災時も弟を心配し、納屋の小さな窓に押し上げ、外へと逃がし命を救った。

ラウラの死後、ルベンは落ち込み、ついには壊れてしまう。
彼女のさえも見るようになる。
幻を見ることで、新しい世界を夢みるようになったようだ。

また両親を殺害にまで至り、起こったことすべてを責めていた。
(市民による、父への復讐の結果だから)

ベアトリス

母親との関係は、あまり描かれていない。
「二人とも火事で死んだ」と、夫に嘘をつかれたベアトリス。

f:id:bio-re-love:20170721173132j:plain
息子がまだ生きていると感じ、地下から声が聞こえると主張。母の愛強しですね。
深い悲しみに暮れており、息子を大事に思っていた事が伺える。
しかし、そんな愛もルベンには伝わっていない。

エルネスト

父親とは距離があり、敬意はあるものの、非常に緊張状態にあったようだ。
姉弟の過剰な親密さが、原因だと思われる。

敬意は払っているものの、
地下室に幽閉されたことで、二人の関係は壊れてしまいます。

また、エルネストは深い信仰心を持ち、
メディアが騒ごうが、教会への多額の寄付を続けていたようだ。
シダーヒル教会だと思われる。あのマークのカルトな教会です。

f:id:bio-re-love:20170724114628j:plain
幻滅したルベンは、父を誇らしい想いと愛が、深い憎みへと変わり
最終的に、両親を殺害している。

両親の死は、新聞によると交通事故死であるが、ルベンがナイフを持っている事と、
大量の血だまりを考えると、殺害が先だと推測。

f:id:bio-re-love:20170725111941j:plain
また、マルセロが両親の死を知らず、病院への寄付が滞っていた。
すでに彼らは死んでおり、交通事故は死の隠蔽だと思われる。
遺産は、ルベンが相続した。

研究

f:id:bio-re-love:20170725113322j:plain
脅迫めいた要求ではあったが、彼は様々な実験のために、被験者と引き換えに
ビーコン精神病院に引き続き「寄付」を行い、マルセロに協力している。

研究盗作によりマルセロと衝突するまで、
人間の精神と心についての実験を続けた。

f:id:bio-re-love:20170725114501j:plain
・「希望を与えることで、支配力が高まる。

・感情と記憶を司る扁桃体の「恐怖」を感じる領域を刺激する事で感覚を共有。
しかし、心理的負荷に耐えられなかった。
耐えるためには、心理的にシンクロしないといけないようだ。

大脳新皮質の「承諾」の領域を刺激することで、人格を残したままにできる。

などなど、生きたままの人間を使った解剖や実験をしていた。

希望という目的

すべてを取り戻す事。
火傷を負った身体と顔、激しい痛みに襲われる日々。
そして、自分の唯一の理解者である、姉ラウラを蘇らせるという希望を胸に。

依り代を、マルセロの提供された患者で探すうちレスリーを発見。
STEMを介して、ルベンの意識を移すことができる脳を持つレスリー。
適合者を見つけたため、あとは本物のSTEMを造るだけだった。

身体を移すための研究と、無線STEMの研究を秘密裏に進めていた。

STEM界=ルヴィクの世界

STEM界は、入り込んだ人それぞれ、物事の捉え方や見え方は違うようだ。
先験者である患者たちの記憶も混じり合っている。

しかし、基本的にはルヴィクの精神世界であり、
多くの場所は憎しみ狂気によって構成されている。
ルヴィクの思いのままに変化(転送)できると思われる。

f:id:bio-re-love:20170728124246j:plain
STEM界の目は、ルヴィクが監視しているという表れだ。

敵の弱点は「火」であり、
ルヴィク自身の火災による外傷経験やトラウマからくると思われる。
(マッチで焼くのはそういう事だろう)

f:id:bio-re-love:20170727230358j:plain
もちろんだが、ルヴィク自身も炎に弱いことがわかる。

人間関係

セバスチャン

f:id:bio-re-love:20170721161115j:plain
「巻き込まれて気の毒だが~」の対話シーン。英語では、
” Too bad they been dragged you into this "と言っている。

Too badは、悪い事が相手に起こった事になぐさめる感じだし、
彼らが引き込んだことへ同情している事から、セバスチャンはもともとは
「ここにいるべきでない」という解釈ができます。

しかし、引き込んでしまった今、
レスリーの意識を奪うために、思い通り動いてもらうと宣言している。

この話を見る限り、ルヴィクにとってセブは、全くの無関係だったとわかる。

興味深いことに、二人には共通点があり、最愛の人を火災により亡くしている。

ルヴィクが「セブ」という名を知ったのも、一度接触をしているからで、
乗っ取ろうとした際に、セバスチャンの過去~全てを読み取ったと思われる。

共通点を見つけたルヴィクは、自分の過去をセバスチャンに体験させた。
「同情して欲しいのか?」と何度もセバスチャンも問いかけている。

しかし、思いどおりに動かない事を知ると、完全なるとみなし
過酷な状態・世界へと追い込んでいきました。

ジョセフ

f:id:bio-re-love:20170721190320j:plain
ジョセフについて語るルヴィク。英語ではこうです。
Will you be able to live with yourself knowing what I'm going to make you do?
Poor little Joseph couldn't...

「私が何をさせるつもりか知っているか?それでも、お前は生き残ることができるか?
かわいそうに、ジョセフはできなかった…」

このダメだったは、生死の話ではなく「乗っ取り」の事を言っているのだろう。
生き残る=自我維持であり、ジョセフは抗えなかった。実際、何度も操られています。

ジョセフとルヴィクは対話していませんが、ルヴィクは自分の計画のとして
使う事にしている。ジョセフは、敏感にルヴィクの影響をうけ、
セバスチャンとジュリへの対処に使われます。

f:id:bio-re-love:20170718143031j:plain
オスカーのようには、完全な影響は受けてはいないのは、
ジョセフ自身がホーンテッド化しないよう、衝動に抗い、戦っているからだ。

ジョセフは、ルヴィクにとって駒以外の使い道はない
彼とは何も関係がないためだろう。

キッドマン

2つのDLCで、キッドマンとの関係が明らかになりました。

f:id:bio-re-love:20170725134105j:plain
キッドマンとは、「メビウスのために働く」という共通点があり、
他にも共通点がないか意識に入ろうと試みている。

しかし、キッドはルヴィクによる「頭痛(乗っ取り&接触)」を経験していない。
この理由は、投与した薬によるものと思われます。

この事は、ルヴィクも把握しており、代わりに別の対処法を試しています。
ジョセフやアドミニストレーター、レスリーにセバスチャン。
他の人物を使い、悩ませ、恐怖で押しつぶそうとしている。
また、彼女の手に「刻印」を残すことにしたようだ。

f:id:bio-re-love:20170725134300j:plain
メビウスは、消耗品のように扱い、逆らう者は排除すると忠告。
この忠告は彼女の心を変えメビウスに忠実でなくした。

マルセロ

長年にわたった同志で、互いに利用しあっていた。
出会いは少年の時、ルベンの研究を共有することを望んだ。
火災後は、施設や研究機器、被験者を提供。ルベンはSTEMを造りはじめた。

マルセロは、ビーコンのトップとして地位を維持するため、新しい研究を
続けなければならなかった。そのため、研究をメビウスに提供。
そのことで、二人の間には大きな亀裂が入る。

メビウスが、ルヴィクを拷問し殺した時、マルセロは嫌悪を感じ怒っていたが、
探究心に負け、研究をつづけた。

レスリー

何度か被験者として、実験されていたようだ。

レスリーの脳波が、シンクロできる適合者と判った時、
ルヴィクはレスリーを実験に使わないよう、”STEMに適さない”と隠している。
奪われてしまうと困るからだろう。

f:id:bio-re-love:20170725141418j:plain
レスリーは、ルヴィクを見つけ走り出す。
何度も接触や操られるなかで、自ら屈したようにも見えた。

アドミニストレーター

生前、黒服の男として何度か面会もしており、面識もあったようです。
また、STEM界にも「一度、力を求め入り込んだことがある」と、
手紙に書いてありました。

f:id:bio-re-love:20170715125435j:plain
その時に、つけた刻印のようです。

彼は、単なる一部の管理者であって、完全な黒幕ではなさそうですが、
今回のマルセロと研究絡みでは、首謀者とも言えるでしょう。

ドビュッシー「月の光」

f:id:bio-re-love:20170721175118j:plain
ルベンの奏でるピアノ。
月光を浴びたラウラの幻を見たルベン。
そして、セーブ場所への道でも奏でられます。

ルベンにとって、とても思い入れのある曲であり、
プレイヤーにとっても、癒しとなる曲でもあります。

重要な役割を果たしている「月の光」

「ルヴィクの世界観」と、面白いほどに共通点が見られ、素晴らしいのです。

曲の解釈

私は、かじった程度なので間違ってる点あるかもしれません(;・∀・)
色んな解釈があって、

まず初めに、愛する人に捧げられたこと。

もう1つは「あいまいな世界観」を表現しており
ただの月の光の情景ではないという事で、相反するものが混然一体となり
すべてが、溶け合って区別がないという事です。
ルヴィクの言う「わたしと混じり合う」STEM界は、まさしくソレです。

また、ドビュッシーは音楽の規則を無視し、自分が美しいと思う音で
作曲したとも言われています。
音楽界の新世界への扉 ”を開いたとも言えます。

他にも、詩人ポール・ヴェルレーヌの詩の世界を描こうとしたという話も。
ヴェルレーヌの詩には「過ぎ去ったもの、悦楽の後の虚しさ」が歌われていて
楽しくも、悲しくもある、
曖昧な切ない気持ちを「月の光」は、見事に音楽にしています。

静かな月の光は、悲しくも美しく
樹々のなかの小鳥たちを夢にいざない
噴水は恍惚のあまり咽び泣く

       ヴェルレーヌ/Fetes Gallantes(艶なる宴)の一節より引用

私は、ここの一節が好きです。
たしか、歌詞として使われた話も聞いたことがあります。

サイコブレイクに” 使われるべきして使った! ”としか、言いようがない選曲で
素晴らしいなぁ~と思った次第です(`・ω・´)ゞ
深読みしすぎました。

 

以上、ルヴィク考察でした。