crazy about video game

遊んだゲームの感想・考察などのまとめ中心の備忘録。考察を好きに書いてます。

MENU

【感想】BIOHAZARD 7 resident evil(バイオハザード7 レジデント イービル)

BIOHAZARD 7 感想

f:id:bio-re-love:20170421210500j:plain

結論:期待通り!面白かった!楽しい(^^)
※あくまでも、個人的感想によるレビューです。

<総合評価> 7.5 / 10

項目 ストーリー アクション・
システム
やりこみ 恐怖・グロ度 個人的好み
評点/5点 3 5 3~4 3 4

【クリアまでのプレイ時間】 7時間

ストーリー ★★★

内容は、結構あっさりしたものですが、
「家族」「狂気」が大きなテーマで、クリア後もなお、謎多きストーリー。
色んな考察ができ、考察好きには面白い。
いろんな面で、何ともやりきれない後味になっています。

スカッとはしません。モヤッっとする(笑)
そこも好きですねけどね。

EDクレジットの新聞記事も重要なこと書いてあったり。構成もオシャレで、
ラストに「ベイカー家の家族写真」とか、素敵なセンスを感じました。

今までのバイオハザードとは、多少毛色が違いますが面白いし、裏でしっかりと
繋がっているので、シリーズファンも楽しめるであろうと思います。
(人それぞれの好みがあるので、ハッキリとは言えない)

ぜひ、ホームステイしてください!

アクション・システム ★★★★★

操作性抜群!武器は十字キーにセットでき、ラクに切り替え可能。
武器使いもエイム良好で使い心地がいい。これといった面倒な操作もなく、
遊びやすかったです。特にいう事なし。

今回、主人公視点のFPSになりました。
カメラ酔いは感じませんでしたが、オプションに「カメラの揺れ」があるので、
苦手な方は「オフ」にすれば、多少軽減されるのではないでしょうか。

初代を思わせるアイテム管理。使うか温存かの判断が楽しい。
どちらかと言うと初代よりのゲーム性になってます。
謎解きや進行の仕方など、懐かしのバイオを感じる事ができた。

やりこみ ★★★(有料DLC ★★★★

初見で7時間ほどだったので、軽く遊べる内容になっている。
ハマった方は、何度も何度も遊べると思います。EDも2種類あります。
いろいろ探索してみて欲しいです。

ただ本編しか遊ぶ要素がないので、やり込みは少ない方。
ネット環境があれば、DLC有料が配信されています。
その他のエピソードとエクストラゲームが遊べるようになります。
5月には無料DLCが配信予定。延期しました。2017/12/14に決定(※訂正します

有料DLCの追加シナリオは短めですが、EXゲームはやり込み要素もあるので
長く遊べるのではないかと思います。

恐怖・グロ度 ★★★

国内版グロverを遊びました。個人的にそれほどグロくはなかったです。
最初のアレぐらいです。
やはり規制が入ってる分、気持ちが悪くなるようなものは、排除され
配慮されていたように思います。

本当のグロを遊びたい人は、北米版をお勧めします。
噂では、日本語も収録されているようですし。

あと、とても楽しいのですが、やはりVRがないと迫力を感じられないかも?
恐怖への慣れが生じているので、なんとなく来る場所もわかるし、
TV越しだとイマイチ…怖くなかった。恐怖というよりは面白かった( *´艸`)フフッ

怖さ臨場感を感じたいなら、VRは必須アイテムかもしれません。
※個人的な感想です。恐怖の度合いは人それぞれですしね(◎_◎;)
ちなみに、私が一番怖いと思ったゲームは「エイリアン:アイソレーション

総合 ★★★★★ ★★☆☆☆ 7.5/10

バイオハザード、全体的には全作ストーリーが繋がっていますが、
一応、一作品ごとに一話完結しています。どこから始めても問題ありません。
そういった点で、とても配慮され毎回楽しめるゲームになっています。

◆良かったところ◆
本作の為にRE ENGINEを開発されたようで
とても美しいフォトリアル表現でした。グラフィック美しいです。

久々に探索が復活
自由に歩き回って、謎や仕掛けを解いていく過程は、とても良かった。

◆残念なところ◆
ネット環境がないと、長く遊べないところでしょうか(;・∀・)
ストーリー1周で、満足してしまう方も出てくると思います。
皆さんが、本編をやり込むとは限らないですしね。

エクストラゲーム1つくらいは、本編に収録して欲しかったかも。
定価も普段以上に高めでしたしね。

以上、バイオ7の感想でした。

DLCがセットになったゴールドエディションが、お手頃価格でお勧めです。
私もこっちが欲しかったなぁ(笑)