crazy about video games

遊んだゲームの感想・考察など、まとめ中心の個人的なゲーム備忘録。

【サイコブレイク】ストーリー考察&プレイ日記★ネタバレ★ザ・アサインメントThe Assignment★ch.1「An oath」その3

Chapter.1 宣誓③

f:id:bio-re-love:20170716143843j:plain
完全ネタバレ!未プレイの方はご注意ください!
あくまでも個人的感想&解釈によるプレイ日記です。
「」の台詞は私訳です。

前回その2

biolove.hatenablog.com

命令

f:id:bio-re-love:20171018141806j:plain
オフィス内を探索中のセバスチャン達。

「私は...どうやってここに?最近あまり体調がよくないんです...」
「おい!ここから先に進めそうだ!この場所は何かおかしい」

この会話…チャプター5のジョセフと再会したシーンですね。
こんなオフィスには行ってないのに。
キッドには、こうゆう風に見えていたようですね。

f:id:bio-re-love:20171018141827j:plain
さっきはダメだったけど、今度こそ!!
...拒否...エラーです。
やはりデータがない!!(;'∀')
誰?消したの!

f:id:bio-re-love:20171018141836j:plain
生物測定学科で、生体認証機能を登録してとの事。
「Biometrics」こっちだね。

階段の先には、黒猫とエレベーターが、セーブしてから行った方がいいのかな。
エレベータに乗ります(*^-^*)

f:id:bio-re-love:20171018141849j:plain
キッドの任務前の会話が、頭の中で再生されます。

「現実では見えないものを体験するだろう。しかし、任務に集中してくれ。
状況の把握に時間がかかるだろうが、他の奴らよりはマシだろう

確実にセバスチャン達もSTEM界に送ったと言っていますね。彼らの仕業だ!
何も知らない彼らよりは、まだ把握できるはずだ。と(;'∀')

『ふたりの事ですが...』

「前にも言ったが、単なる捨て駒だ。
この任務に何の関係もない
もし、任務の妨げになるようなら、やるべきことは分かっているな?」

Σ(゚Д゚)ひっ!言わんとしている事......わかるけど。任務に関係ないから
「邪魔なら抹殺せよ!」って、ヒドイ!Σ( ̄ε ̄;|||・・・
そんな命令を受けていたなんて...。

レスリーを見つけて連れ戻す...それが最優先事項ね』
ただ、そう呟いたキッドマンであった。

生体認証登録

f:id:bio-re-love:20171018141901j:plain
登録しに来ました。受付嬢はいないようだね(笑)
勝手にPCを弄っちゃいますd(´∀`*)
カードが出てきた、これに記録するのね。

神経3つのプロファイルを作ってこい!との事。
作ってくるよぉぉ!≡≡≡ヘ(*--)ノ

f:id:bio-re-love:20171018141912j:plain
まずは「顔」(*‘ω‘ *)
ウィーンって、スキャンされてます。
こーゆうのを3回やればいいわけだ。専用の機械を探そう!

3個目の神経の機械の場所が遠くて...

f:id:bio-re-love:20171018141920j:plain
敵が…たくさんいます。
音に反応する敵なので、瓶を投げて誘導。

音に反応する=しゃがみ移動じゃないと気付かれる。なので、
コソコソ移動していきますよ。

ステルス系は大好きなので、楽しい!

f:id:bio-re-love:20171018141941j:plain
3つ目の神経ファイルで登録完了!
プロファイルは本部へ、もう一度登録送信されたようです(*‘ω‘ *)

しかし、不可解な発言をするロボ。
抹消済アカウントと一致。
やっぱり、本当はあったはずなのに、誰かが消したようですね(; ・`д・´)
抹消理由は「組織への反抗

f:id:bio-re-love:20171018141956j:plain
『反抗...どういうこと?
とりあえず、ドアは開くのね』

反抗を理由に消されたみたいですが、納得がいかないキッドマン。
今から、反抗しますけどね(笑)

カード作りで、時間ロスしちゃった。
早くみんなを追わなくては!≡≡≡ヘ(*--)ノ

ふたりの後を追って

f:id:bio-re-love:20171018142008j:plain
扉の先は、レスリー
そして、セバスチャンらがいたオフィス。

あっ、エレベーターにセバスチャン達が!
本編ではジョセフと一緒に乗った覚えはないが...(笑)

あくまでも、これはキッドだけが見ている世界

f:id:bio-re-love:20171018142032j:plain
エレベーターへと急ぎましょう!≡≡≡ヘ(*--)ノ
メビウスの職員が、たくさん倒れてます。

ここをセバスチャン達が、通ったのかな?本編では、ホーンテッドとの乱闘だったね。

f:id:bio-re-love:20171018142046j:plain
グリーンライトがついたドアをこじ開ける。
明るい部屋だ!助かった!(・ω・)

f:id:bio-re-love:20171018142059j:plain
エレベーター室のようです。
さっき、ふたりがこれに乗って行ってたな。そのせいか...降りてくるの待ち。

スイッチは指紋認証になっている。
もう登録したから、なんでも開く(`・ω・´)b

「電力低下により停止しました。再起動するまで、しばらくお待ちください」

え~~~~?!!щ(゚ロ゚щ)
と突然、真っ暗になってしまったよ!!(ll゚◇゚ll)

f:id:bio-re-love:20171018142127j:plain
ガコン...ガコン...(;´・ω・)

シェードのお姉さんが、出てきました。
タイミング悪い!!

どうすれば...ふたりきりじゃないですか( ´Д` )

f:id:bio-re-love:20171018142927j:plain
まだ20%しか溜まってない。
100%まで、シェードとの隠れんぼ開始です!(`・ω・´)ゞ

f:id:bio-re-love:20171018142501j:plain
あっ..見つかっちゃった(;'∀')

見つかると赤く光り、照らされると動きが遅くなってしまいます。
ヽ(゚ロ゚; )ギャアア!!ΞΞ\(  )/ΞΞギャアア!!( ;゚ロ゚)/

急いで逃げる!!

f:id:bio-re-love:20171018142527j:plain
なんとか振り切り、隠れることに成功!
まだ40%だよ…(; ・`д・´)

結構長いのです、ここの再起動は…。

f:id:bio-re-love:20171018142543j:plain
遂に準備OKになりました。
近くにいない事を確認して、乗り込みます。キョロ ( ̄д  ̄*)))(((* ̄д ̄) キョロ

f:id:bio-re-love:20171018142556j:plain
乗り込んでホッとしたのも、つかの間...。体当たりしてくるシェード姉さん!
ウソでしょ~~!('д'|l!)

だけど、大丈夫でした...割れなかった。
良いガラスを使っていたようね(´・ω・`)

ルヴィクの忠告

f:id:bio-re-love:20171018142632j:plain
エレベーターを降りると、ふたりがいました!!

レスリーじゃないけど、合流しよう。
ここでも、彼らの会話が聞こえます、チャプ5でジョセフが下に落ちた時のだね。

f:id:bio-re-love:20171018142648j:plain
扉の先に、警戒している二人がいる!!
何かと戦ってるみたい(´・ω・`)

f:id:bio-re-love:20171018142658j:plain
どうですか?(; ・`д・´)
もう敵はいなくなったんじゃないの?

実際は、オフィスでこんな事してないからね。これはこれで、面白そうだ。
ジョセフとオフィス探索(*ノωノ)

f:id:bio-re-love:20171018142712j:plain
大きく息を吸ったキッドマン。

『オーケー、それらしくいきましょ...』
素ではなく、KPDとしてのキッドになりきります(`・ω・´)ゞ

『...警部!ここよ!私は無事よ!』
気づかないふたり...。
ガラスが防音なのか?手で何度もガラスを叩けど...無視(ll゚◇゚ll)

困り果てた、その時!

f:id:bio-re-love:20171018142726j:plain
メビウス...少年を連れ戻すのに、お前を送り込んだか」

背後からルヴィク!
これはビックリするよね。キッドの表情が物語っています。

f:id:bio-re-love:20171018142738j:plain
「奴らを信じているのか?目を覚ませ...」
「お前も” 彼ら ”と同じように、捨て駒だ」
「私も、そうだった...奴らのために貢献したのに」

ここ英語では”partners”と目立させてあって、日本語訳は”捨て駒”だったけど
英語の強調したいのは、”彼ら=偽りの仲間だろう”と皮肉っているんだと思います。

脅しではなく、忠告をしてくれているようです。
なになに、優しいのね(n*´ω`*n)

そして、ルヴィクはキッドに接触できない事に、気づいた?と思われる。

f:id:bio-re-love:20171018142757j:plain
f:id:bio-re-love:20171018142808j:plain

「フン...まぁいい、お前が真実を知った時、どれだけ忠実であるか。
見てみようじゃないか...」

楽しむことに決めたようですね(笑)

すると、部屋に水が溜まりだす。彼が手をかざすと、押し出されたキッドマン。

f:id:bio-re-love:20171018142831j:plain
f:id:bio-re-love:20171018142842j:plain

これが、ここの真相というわけね。
キッドは水責めになってなかった。初対面の...ルヴィクと話していました。

みんな別の見え方をして体験してるんだよね...ん!ちょっと!
ジョセフ編も遊びたいんだけどヾ(*●Д●)ノ゙

f:id:bio-re-love:20171018142856j:plain
キッドを助けたセバスチャン達。
正しく言えば、ルヴィクの悪戯に弄ばれていた。

この後は、本編と同じです。
ジョセフとキッドの足元が崩れていく。

地中の奥底へと...突き落とされた。

闇の中で管理者の声が聞こえる。
「不安にする情報など、闇に葬った方がいいと思わないか?」

To be continued...

f:id:bio-re-love:20171018142909j:plain
DLC1080円(税込)でした。なかなかのボリュームでいいと思います。
そして、まだ終わりません。まだチャプター2があります。

アサインメントの名の通り「任務(課題)」を中心とした内容になっています。

 

以上、アサインメントCh.1「宣誓」考察プレイ日記でした。