crazy about video games

遊んだゲームの感想・考察など、まとめ中心の個人的なゲーム備忘録。

【Outlast】★ネタバレ★プレイ日記 vol.7「ペナルティメート(最後から二番目の章)」

Outlast 第七夜 はかなき福音

完全ネタバレ未プレイの方はご注意ください!
スクショにグロ描写あるので、ご注意ください。

前回まで

biolove.hatenablog.com

3階を探索

f:id:bio-re-love:20170519160118j:plain
「血をたどれ」の文字。
相変わらずの血文字

マーティン神父に言われたとおりに、今まで進んできたマイルズ。
遂にマーティンから、脱出方法と真実を教えてもらえそうだ。やっとだ。

進んだ先は、ボロボロになった廊下や部屋。

f:id:bio-re-love:20170519160225j:plain
崩れた足場。端をそって進む、危ない道だ。気を抜けないですね。
この先に何が待っているんだろう?

f:id:bio-re-love:20170519160244j:plain
ここは療養室のようで、ベッドにはファイルがあった。
ここが女性病棟だったことを思いだした。

シャーリー・ピアスの日記から抜粋
精神病院患者 1952-1964

どうして傷ついたのか、なぜ覚えていないの?
数日後でもわかるほど、深く傷が残っている。
Dr.ニューハウスは、私のせいだと。
私が無意識のうちに、催眠療法に抵抗しているからだと言う。だけど、私は良くなりたいと思っているし、自分自身で傷つけているなんて…。

Dr.ニューハウスは、寝ている時に起きた発作だと...。可哀相なブルース、私が苦しめている。

私はそれとなく、ジャクソン夫人に尋ねてみた。
彼女も同様の「問題」を持っていたらと。
だけど、彼女はその事について話したがらない。
彼女の夫も、若い女性に慰めを求めている。

医者だけが、うまくいくことを知っているし、スタッフに加わった政府の男性の助けを借りて、私は可能なかぎり身をゆだねた。
ピルを飲んで寝るだけだ。
今夜は、もっと楽しい夢になりますように。

なんだこの、微エロ告白日記は(笑)
私の訳が変なのか?Σ(゚д゚lll)

女性患者たち…ヤバイんじゃないの。催眠療法で...なんか…?
そういえば、赤ちゃんがどうとか(・_・;)
ピルを飲んでるのに?妊娠している?

f:id:bio-re-love:20170519160309j:plain
暗視がないと、ご覧のとおり真っ暗
電池節約しよう。

f:id:bio-re-love:20170519160325j:plain

NOTES◆

彼の手書きだ。
マーティン神父が、ここで人を殺した。

"LIES"
彼はボックスにないファイルについて、話しているのか?事実? 記録?

政府機関の資料のように見えるが、少なくとも30年、おそらくはそれぐらいだろう。

私は、CIAのMKウルトラ計画を考え始めた。
マインドコントロールでは、この喧噪は止まらない。

って、マーティンは死んだ人の血を使って書いたんじゃなくて…?書くたびに殺めてたの?
(゚Д゚)ノマーティィィン!!

”LIES”の意味は?
まやかし、嘘つきのライなのかな?

先へ進もう…。

f:id:bio-re-love:20170519160348j:plain
大きな扉を開けると、あの双子が待ち構えていました。(あ、修正入れました。バッチリ見えてるのでw)

なぜに!全裸なのよ?!
暗闇に隠れて、なんとかやり過ごす。

f:id:bio-re-love:20170519160404j:plain
足場の悪い大広間へとやってきました。
悪いどころじゃない!崩れすぎ…。壁に沿って歩きます。

f:id:bio-re-love:20170519160413j:plain
ここは飛ぶしかない!という危ない場所だ。

マイルズの跳躍をなめたらいけない。
彼は飛ぶ時は、飛ぶ男!!
すごいんです!(*´▽`*)

f:id:bio-re-love:20170519160424j:plain
ズベッっと滑る(;'∀')
ここは、さすがにキツかった…か。

ギリギリ大丈夫ではあったんだけど、カメラが着地の反動で吹っ飛んだ!

しまったぁぁぁぁ!

f:id:bio-re-love:20170519160442j:plain
NO-NO-Nooooooooo!!
命の次に大事なカメラがぁ!
どうするのよ…(ノд-。)クスン

この絶望的な音楽(笑)BGMも盛り上げてくれます★

カメラを探して

闇を彷徨います。
カメラがないと安全に進めない。闇での必須アイテムが無くなるなんて…。
悪夢だ!

f:id:bio-re-love:20170519160508j:plain
漏れる光をたどって、なんとなく進むけど...誰もいないよね?すごく不安だ。

カメラがないだけなのに、この恐ろしさ。

f:id:bio-re-love:20170519160523j:plain
水の流れる音がします。シャワールーム?
滝のように叩く音です。

f:id:bio-re-love:20170519160539j:plain
シャワールームに穴ができてる。
ここから下に降りれそう。
用心しながら、1階へと降りていきます。せっかく3階まで進んだのに…。

マイルズも不安そうな息遣いで、臨場感アップ!

f:id:bio-re-love:20170519160603j:plain
我に光を、光あれ!
明るいところ落ち着くな~と、安心しきってると、奥に人影が!!誰かいる!?
(;・∀・)ビクッ

f:id:bio-re-love:20170519160643j:plain
束の間の明かりだった、また闇に。

なんとなくの月明りでしか、進めない恐怖。でも、月あかりが美しいな~(^^)
とか思いながら早歩き。ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

f:id:bio-re-love:20170519160629j:plain
あった、文明ハイテク機器!
私のビデオカメラが!光ってる。

おぉ~神よ!!感謝します!(ノTдT)ノ
画面は割れたけど、壊れてなくてよかったね、マイルズ。

3階への道を見つける

f:id:bio-re-love:20170519160707j:plain
安堵でカメラを覗いて振り返ると。
ジャァァァァァーーーン!!!!
(ホントにこんな音するんだよ、BGMで)

グッ、囲まれてる!!
なに、この演出!最高だなww
スリル満点!

「悪人! クソ野郎! そこだ!」
かなり汚い言葉でアレだけど…暴言吐きながら追っかけてきます。

f:id:bio-re-love:20170519160720j:plain
来た道を戻る!走れ~走れ~ε=\(;´□`)/
追われている!!

f:id:bio-re-love:20170519160741j:plain
3階に戻り、先へ進みます。
ついに着いたよ。

管理ブロックで神父を探す

f:id:bio-re-love:20170519160828j:plain
ここは安全そうな雰囲気だけど。
出迎えてくれました★

「もう戻れない、後戻りできない。
あんた患者じゃないが、なぜ知ってるんだ?」

マーティンに呼ばれててヾ(´ε`*)ゝ
特別パスでお願いしますw
無事通してくれました。

f:id:bio-re-love:20170519160848j:plain
普通の部屋が続いています。ここは管理室のようです。経営とかの管理業務してたんでしょうね。

チャリン…チャリン…
不穏な音が聞こえてきたんですけど(゚Д゚;)

f:id:bio-re-love:20170519160904j:plain
奥に…ヤツがいる。息をひそめて、隠れた。|д゚)早く過ぎ去って~。

ウォーカーが、この通りを行ったり来たりしてる…。仕方がない、様子を見ながら探索です。

f:id:bio-re-love:20170519160919j:plain
とある部屋の通気口に登って、ぐっ!
ごめん、通して!詰まったご遺体を押しやって。職員かな?隠れてたんだね。

かわいそうに…ナムナム。合掌。人(´д`;)

レクリエーションホールのカギを取る

f:id:bio-re-love:20170519160934j:plain
降り立った場所は、いつものホールだ。

階段から呼び声がします。マーティンの使いかな?助けてくれる人もいるんだよ。
ありがたい。

「あんたか?...だな。
神の家のカギは、劇場にある。光の背後だ。劇場の光の後ろにある。
あんたは、映画を見る必要があるんだよ。
だから、切り札を残しておいたんだ。わかったか?」

ラジャー(`・ω・´)ゞ

「友よ! 息子よ!あなたの助けが必要です、どこですか?」
「ここです、今いきます。」

ん?あの声はマーティン?何やってるの?
とりあえず、レクリエーションホールに行くわ。

f:id:bio-re-love:20170519160953j:plain
レクリエーション…上だ。3階に…別の入り口があるんだろうか?

まぁ、行ける場所を探索~!

どこからかピアノの音色が~♪癒される音色。逆に怖い?いや、癒される(゚д゚)(。_。)

f:id:bio-re-love:20170519161009j:plain
音色に導かれて、あ...誰かピアノ弾いてる!じーっと見てたら、こっちに来て首振られちゃった(笑)

ここじゃない?って事?
見てる場合じゃないだろ、ってこと?

f:id:bio-re-love:20170519161034j:plain
劇場に入ると、映画が上映されました。
映画鑑賞といきますか。

フィルムを回した奴いるな、コレは。マーティンの仲間だろうし、無害よね?

映画の内容は「ワールライダー計画について」のインタビュー映画のようだ。
ちょっと異常な発言が多いですね。公にはなってない施設内だけの記録映画なんだろうね。

ファイルも見つけて、簡単なメールのやり取りなんだけど、これはこれで恐ろしいことが…。

肉を食べる細菌?
定期的に手を洗う。

>壊死性筋膜炎?
>>本当ですか?

黙っておくよ。

壊死性筋膜炎って、人食いバクテリアってことだ。気持ち悪い(@_@;)

f:id:bio-re-love:20170519161140j:plain
映写機の裏の部屋にカギがありました。

光の後ろに…そういう意味か。
凝ってるなマーティンよ★

祭壇へと

f:id:bio-re-love:20170519161158j:plain
みんな、お祈りしてる。

ついに!マーティンに会える。ここは、とても静寂な場所です。
壁の血文字は、凄いんだけどね(;'∀')

”God hates sickness”ってそこら中に書いてある。神は病を嫌うって事?直訳でいいのかな?

NOTES◆

静けさが戻った。
患者は、ひざまずいて祈っていた。
たぶん、彼はマーティン神父のたわごとを信じているのだろう。

彼にはハッキリと聞こえてるのかもしれない。
そして、それはこの場所からの逃げ道なのだ。
司祭は、それを「福音」と呼んでいる。

「the gospel of sand」を”福音”としか訳さなかったんだけど、直訳すると”砂の福音”…と、ん?な感じ。

たぶん、“砂の上に築いた不安定なもの”って比喩だと思うんだけど、脆いってことよね?聖書にもsandの表現ってあったよね?たしか…(;'∀')まぁ、私の訳は適当なので…。

f:id:bio-re-love:20170519161216j:plain
驚いたことに、あの双子が門番として立っている。

「マーティンが見てないから、殺してもいいだろう」とか言ってただけで、マーティン神父のいう事は、聞くみたいだったしね。今は大人しいです。

あ…修正忘れた。遠いから大丈夫よね?

f:id:bio-re-love:20170519161239j:plain
祭壇の場所で、マーティンが張りつけにされている。なに?何が始まるの?

「あなたですか。
私たちはこの瞬間、ワールライダーに参加します。私の使命なのです。
あなただけが証人として、伝えるために逃れることができるでしょう。これはの最後から二番目の章です」

「預言者の約束は、いつも死からの自由でした。それがここにあるのです。
あなたは私の死、私の復活を見て記録しなさい。私たちは一緒に自由になります。
あなたは、もはや、どんな危険にもさらされません。」

「エレベーターを固定しておきました。
あなたを自由(真実)へと連れて行くでしょう。私たちは皆、私たちが自由になるように逝きます。
今です、息子よ(火をつけなさい)」

NOTES◆

信じられない。
マーティン神父は、イエスキリストを裏切る方法で自殺した。だけど、さびしいとは全く思わない。

出る方法…彼が真実を伝えているなら、今、私は脱出できているはずだ。

語るべき物語。
彼は私に、彼の福音を話したかっただけだ。
いっておくが、ここはクソったれな世界だ。

最後の審判の為には、その時まで肉体が残っていなければならない。のに、火あぶりになるとは矛盾している。

この火あぶりシーン、かわいそうだったので、スクショは燃える前にした。湿っぽい曲が流れている。呆然と佇んでしまった。

彼の言っていたエレベーターを探そう。
真実を明らかにするんだ!

死と復活というと、人類救済の日・最後の審判のことかな?天国か地獄行きかを決められるっていう。「freedom from death」とか言ってる時、すごい怯えた声だった。

やはり死ぬのは怖いんだろう、マーティン可哀相。使命とかそんな…(´-ω-`)

果たして彼は、この世界からの解放されたでしょうか?
神のご加護がありますように。

f:id:bio-re-love:20170519161258j:plain
見つけたエレベーターに乗って、マイルズは真相を確かめに行くのだった。

To be continued…

つづく...Vol.8 最終回

biolove.hatenablog.com
©Red Barrels, Inc.