crazy about video games

遊んだゲームの感想・考察など、まとめ中心の個人的なゲーム備忘録。

【Outlast】★ネタバレ★プレイ日記 vol.8(完)「The beginning of the end」

Outlast 第八夜 終焉を喰らう者

完全ネタバレ未プレイの方はご注意ください!
スクショにグロ描写あるので、ご注意ください。

前回までは

biolove.hatenablog.com

地下研究所

f:id:bio-re-love:20170520153732j:plain
エレベータは自動で、マイルズのために、マーティンが設定してくれていた。
地下へと運ばれるマイルズ。

辿り着いた先は、地下に作られた施設。
真っ白な廊下が続く。

こんな場所が、施設の下に?

f:id:bio-re-love:20170520153744j:plain
扉の上にはマーコフ社のマークが記されている。バイオハザードみたいな、3つの輪が重なった形よね(^^)

マーコフが作った秘密の場所のようだ。

f:id:bio-re-love:20170520153753j:plain

NOTES◆

なんてことだ!くそっ、くそっ、くそぉ!!

誰も私の死体を見つけられないし、誰にも伝えられない。

私はイカれてない。
…知ってる、わかってる…狂ったヤツだけがいうセリフだ。

しかし、こんな世界が許すされているくらいだ。
私は正気だし、たくさんの証拠を記録したカメラがある。福音なんかじゃない。

見せ掛けだけのごまかしも、ここまでだ。
マーコフのせいだと世界中に知らせてやる。
私のバラバラ死体で、ろくでなしな奴らを葬ってやる。

メモから察するに、逃げ道でなかった事と、秘密の場所があった事にショックを隠せない様子。
そして、マイルズは死を覚悟しているようですね。

f:id:bio-re-love:20170520153804j:plain
研究室が数か所、なにかを調べていたようだ。

前のメールのやり取りに、人食いバクテリアの話がでていた。
ここで研究していたのかもしれない。

f:id:bio-re-love:20170520153813j:plain
一本の道しかないので、真っ直ぐ進む。

f:id:bio-re-love:20170520153826j:plain

NOTES◆

これは、形態形成エンジンだ。
アルゴリズムの数列。
ホワイトボード上の数字は、再プログラムされて悪夢を創り出している。

弓鋸と数時間をくれ。
Dr.ウェルニッケの死体と二人きりになって、彼に借りを返さないといけないな。

形態形成というと、生物の発生過程において新しい形態が生じてくる?とか?なんとか?よくわからない(笑)
新しいタイプの生き物を作っていたってことかな?新人類的な?

f:id:bio-re-love:20170520153834j:plain
あ、外だ~~~!出口だ!!
希望の光が差し込んでます。

早く行きたい、あそこに。出口があるはずなんだけど。

出口で待つ者

先へ進むとEXITの文字のある扉が!
しかし、急に緊急ブザーが鳴り響く。
ドアの中には黒い影。これはっ!Σ(゚Д゚)

f:id:bio-re-love:20170520153903j:plain
霊体だぁぁ!!!
ゴーストが、やってきた!出口で待ち伏せ?!逃げなくては!!
ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ
来た道を戻るしかないんだけど…。

f:id:bio-re-love:20170520153912j:plain
引き返した扉は、ウォーカー!!

「子豚!逃げ場はないぜ!」

挟まれた(・_・;)

なにか、間違ったか?死亡シーン?と思いきやイベント発生!
ウォーカーに投げ飛ばされる…
や…殺られる(>_<)!

f:id:bio-re-love:20170520153922j:plain
その時だ!
霊体が、ウォーカーをぶちのめす!
もう、すごい勢いで、もみくちゃにして、もうすごいんだから!
最後は…ミンチで…跡形もなく('д'|l!)

…まぁ、助かったけど。

NOTES◆

ウォーカーの死の末路。
内側から裂け、骨髄の散漫がコンクリート壁に飛び散った。
クリス・ウォーカーという、1つの地獄から逃れられた。

神は私を助けたが...別の一人に、なんとか見つからないように願った。

f:id:bio-re-love:20170520153930j:plain
あれ?
さっきは開いてなかった扉が開いてる。
なにやら声が…

「ここにきてくれ。全てを話さなければ」

語られる真実

f:id:bio-re-love:20170520153941j:plain
中に入ると、車イスで装置に繋がれた老人。

「わかっている。私は死んだ事になっているはずだ。まぁ、そうは上手くいかないな。罪深いが、なんとか...生き残った一人だ。ビリーのせいで」

「彼は私の世話をしていた。 彼は私が父親だと思っているかもしれない。
確かに私を愛している、かわいそうでマヌケな奴さ」

「このシンボルが、何を表しているか知っているか?ナノハザードを警告しているんだよ。超小型マシーン。

私たちが何十年も持っていた技術でさえ、習得できなかった。私の研究で、マーコフが解決策を見つけた。人体の細胞をナノ工場へと変えていった。

細胞が分子を結合する自然な機能だが、精神の分野で、なくてはならない分子を正確に作れた。気合でな」

え?ナノマシン!!
メタルギア的な?(笑)あれとは、またちょっと違うか。

「だが...愚かだった。それを制御できると思ったが間違っていたのだ。
狂った人間を使う事で、とても強く作る事ができたのだ。彼を止めてくれ。
殺人ビリーを」

「生命維持装置と知覚をオフにするんだ。
私がやったことを取り消してくれ。彼がいる限り、誰もこの場所から出られない。
彼を殺すんだ」

Σ(・口・)なにぃ!
尻ぬぐいさせる気か!
その場を後にしようとすると、また語り出しました。

「私たちは1944年に達成した。ファシスト達は霊であると思い、私は彼らにそう信じさせた。約束されたあの世があると思わせ、実験的に自分自身を殺させた。

バカな連中だ。かわいそうな、アラン。
自身の夢から作り上げたものを見て泣くだろう」

「ビリーには悪気はない。
彼は神の力を与えられた、心傷ついた子供だ。私たちのどちらかを怪物にするだろう。
だから止めてくれ、皆ここで死ななければならなくなる」

「マーコフは危険を知りながらも、気にしていなかった。企業の考えは、私たちは金でしかない。ワールライダーの利益プロジェクトは、いくらかの医者と患者が犠牲を払っていたにもかかわらず、哀れにもバランスをとっていた。

君が彼を止めなければ、被害もっと広まるだろう。形態形成エンジンは自己永続的だ」

「神に祈ろう。君の死を終わらせるように。なによりも休みたいが、ビリーは私を死なせない。これがいかに残酷であるか、彼は考えられなかった。あぁ、死にたい」

語るね、ウェルニッケ

というか、私もよく全文書いた。ストーリーの真相であり核心なので、書いてみました。訳があってるかは不明だけど。ニュアンスで!(自信ない)

つまりは、ウェルニッケ死にたいけど、ビリーが死ぬことを許してくれないって事?
ホントかな?( ゚Д゚)(疑惑の目)
なんか嘘っぽい、手に負えなくなったから頼むよ。な感じに聞こえるけど~。

ビリーを見つける

仕方がないから、ここを出るためにも。
ビリーを探しに行くことに。

f:id:bio-re-love:20170520154001j:plain
どこもかしこも、警報が鳴る。
ゴーストビリーも現れるが、走り逃げながら奥へと進んだ。

f:id:bio-re-love:20170520154009j:plain
コア発見!
これが、装置の核よね?きっと!

NOTES◆

アセンブラ、供給室、前駆体分子。
曖昧だが、ナノテクノロジー記事をオンラインで読んだ記憶がある。
とても、破壊できそうにない。
しかし、ビリーは中にいる。
彼を探し。 殺す。 これで終わる。

f:id:bio-re-love:20170520154020j:plain
バイタルチェックしてるんだね。ファイルには、装置の停止の手順が書いてあった。

たくさんのドームが繋がっている。
人が入ってるものやら、血で濁ってるのとか…

f:id:bio-re-love:20170520154028j:plain
ひとつだけ、まだ生きた人間がいました。
これが、ビリー
そこら中にコードを突っ込まれて痛々しい。

NOTES◆

ビリーの患者報告書によれば、彼は23歳でなければならない。しかし、少なくとも50年過ごしたように見えるが...。

深い痛みは、私でも見てとれる。
彼を殺すことは慈悲となるだろう。

生命維持装置を切る

f:id:bio-re-love:20170520154100j:plain
ライフサポート、こっちかぁ(っ・ω・)っ

死という「自由」
苦しみからの「解放」

マーティンの言ってる事と同じだ。
待っててよ、ビリー。終わらせてあげる。

f:id:bio-re-love:20170520154115j:plain

NOTES◆

これはビリー・ホープの肺であり。
彼の肝臓。 彼の生命を維持している。

1人の狂人を生かすために、フットボールスタジアムの大きさ機械だ。
すべて破壊して、すべてを壊す。
彼は死ななければならない。

マイルズさん、ここではたくさんメモ取りますよ。ジャーナリスト魂が復活!
φ(..)メモメモ

もし、死んだときの為の証拠として、一生懸命メモってるみたいにも思える。

f:id:bio-re-love:20170520194333j:plain
バルブを回して!止める!
バルブを回したら呻き声のような音が響く。

苦しんでる?ん!音楽が変わった(;´Д`)
見えないけど、絶対きた!!追われてる!走って逃げます。
ΞΞギャアア!!( ;゚ロ゚)/

f:id:bio-re-love:20170520154128j:plain
暗視じゃないけど、なぜか見えてる。
施設の患者も、この事言ってたのかな?

もちろんダメージ受けます、キケン!

f:id:bio-re-love:20170520154141j:plain
長い階段をグルグルと回りながら、上がっていく。

f:id:bio-re-love:20170520154158j:plain
ゴーストォォォォ!!
音楽が怖いんですよ。

f:id:bio-re-love:20170520154208j:plain
電力供給を遮断!
今度はハッキリと悲鳴のような声が響く。もうすぐ楽になるからね、ビリー。

安全装置を無効にする

あとは、本体の装置でオフにするだけだ!
ドームの場所に戻る。

f:id:bio-re-love:20170520154221j:plain
ひぃぃぃぃぃ!!
待ち構えていた!ゴーストに引き込まれてヤバいです。なんか、見た目がボロボロになってる。骨っぽくなってる、きっと装置いじったからね。

効いてる!

f:id:bio-re-love:20170520154234j:plain
あとはスイッチ押すだけだったのに...。
ビリーに投げられて、落ちる時に身体の中に入って来たような(;・∀・)
特に問題なさそうだけど…。転落したのが痛そう。

先を急ごう…。

f:id:bio-re-love:20170520154302j:plain
ペシッ!シャットダウン!
これで終わりだ!!

f:id:bio-re-love:20170520154315j:plain
そして、取材を始めるマイルズ。
ビリーが苦しみ、装置が停止していく。

さようなら、ビリー。
安らかに眠れ。

一安心も、つかの間...後ろからビリーに掴まれ投げられた(;´Д`)
もみくちゃにされる、マイルズ。

f:id:bio-re-love:20170520154344j:plain
まだゴースト生きてる?!どういう事?
完全にビリーが息絶えるまで生きてるの?
足掻いているの?(;´∀`)

マイルズも強いんだ、投げ飛ばされようとも、カメラは手放さない!
むしろ、壊れてないか心配してるくらいだ。

胸ぐらをつかまれ、空中に吊られ、胸を圧迫される。苦しむマイルズ...。
なんか、私には胸から体に入ってるように見えるんだが…まさか!
入り込もうとか考えてないよね?
ウェルニッケが、”いずれかが、怪物になるとか、なんとか言ってたし。

しかし、ビリーが力尽きたのか?
霊体は消え、マイルズは下に落ちた。

ここを去る

f:id:bio-re-love:20170520154409j:plain
高いところから、2度も落ちたせいで、足が折れてしまったようだ。
足を引きずりながら、来た道を戻る。

全て終わった。終わったんだ。
けだるさと哀愁の漂う曲で、悲惨な現状とのお別れをする。

しかし、どこからともなく”呻き声”が聞こえるのは…気のせい?
アゥワゥワァ~~って、聞こえるけど。
空耳?アゥワゥワァ~~って。

もうボロボロなマイルズ(ノTдT)ノ
歩くのもままならない。

f:id:bio-re-love:20170520154439j:plain
扉が開くと、待ち受けていたのは…。
ウェルニッケと武装兵。
...裏切られた。

神の国へ、お前が宿主になった」
ウェルニッケは、そうつぶやくと射殺命令を下した。

か、帰れると思ったのに(〒д〒)
てか、ホスト?宿主?やっぱり?
やっぱそうなの?

銃弾に倒れるマイルズ、目の前が暗くなる。
気が遠のく闇の中で、ただ彼らの悲鳴とゴーストの声がこだまする…。
THE END...

ここで、マイルズの話は終わってしまった。

ウェルニッケェェ!!口封じ?
「im Himmel」ってドイツ語かな?

しかし、最終的にマイルズを宿主にしたゴーストにやられたんだから。
天罰喰らったね、ウェルニッケ。
マイルズが、かわいそう(ノд-。)クスン

でも、マイルズが今度は操ることになりそうね、ゴーストを。

これで終わりじゃない…

この事件の裏で起きている、もう一つの事件はWhistleblowerで明らかに。
マイルズにメールを送ったウェイロン・パークの物語。

とりあえずoutlastは、これでクリア。
ここまでお付き合い下さり、ありがとうございました。
今度は考察や感想を、まとめたいなぁと思っています★
ゲーム、面白かったよ!!


©Red Barrels, Inc.