crazy about video game

遊んだゲームの感想・考察などのまとめ中心の備忘録。考察を好きに書いてます。

MENU

【Outlast:whistleblower】★ネタバレ★プレイ日記 vol.6「危険な新郎」

whistleblower #6 危険人物現る!

完全ネタバレ未プレイの方はご注意ください!
スクショにグロ描写あるので、ご注意ください。

階段を降りた先は…

f:id:bio-re-love:20170809110436j:plain
階段を下りると、作業場みたいなところですね。
裁縫というか、ミシン台のような。
女性患者とかが、お仕事してた場所かな?

少し進むと…ここは(;・∀・)
モザイクが必要なものばかりで、スクショ迷いますね。
海外版なので、一切の修正なし。ちょっと、これは非道すぎるのでやめとこう。

説明するなら、出産の立ち合いのような形で、男性と女性の手が鎖でつながれていて
裸の女性が赤ちゃんを産むような、股を広げたポーズになってまして...。
股から横にいる男性の頭が出てきているというΣ(゚д゚lll)ガーン
つまり、首を切られて、赤ちゃんの模倣?というか。
とてもグロイものが...。
ハエがたかってます。

これを見てメモりましたよ、ウェイロン(@_@;)

NOTES◆

男の身体は切り裂かれ、あざけたのか、または...
誕生の瞬間を模倣したのか。
男が見ることのできないものを、
取り返しのつかない方法で模倣している。

リサ、二人の息子が生まれたとき、
僕は君に立ち会った。
つい最近まで、最も奇跡的なことだったよ。
当たり前の信念から完全に外れているが、
それ以来、私が信じてきたすべての要だ。
想像力が乏しいって、いつも君は言っていたね。

最近、僕の視野が広がった。
ここで見た事柄は、どうして起きた?
答えはわかっている。
お金。
利益。
僕たちが作ったもの。

ウェイロンは、いつも自分の思い出を想い出して精神状態、保ってると言う感じ。
いつも、悔やんで苦しんでる。

近くのラジオから曲が流れています。
古い曲です~♪

f:id:bio-re-love:20170809105514j:plain
どんどん先に進みましょう。
特に何もないですね。
真っ暗なので、カメラの暗視必須です|д゚)

f:id:bio-re-love:20170809105528j:plain
ドア発見!!
お約束の鍵かかってる。なんだぁ~
...と思ったら!
「 ダーリン!!」って、声が!

謎の新郎

f:id:bio-re-love:20170809105540j:plain
ぎゃぁぁぁ!!( ゚Д゚)
誰か見てる。すごくビックリしたΣ(・ω・ノ)ノ
怪しすぎるし、怖い。ドアの鍵閉まってて良かった。

彼が、グルースキンですね。
たしか彼は、一番最初に「助けてくれ!」って呼びかけてきた人ね(・_・;)

ちょっと待ってΣ(゚Д゚)
面識があった…。絶対、根に持ってる
...殺られる。

「驚かせちゃいましたか? 」
「すみません。そういうつもりでは、
なかったのですが...」

あら、ご丁寧に(´∀`*)
って!!そういう問題ではない!
ヤバそうだし、逃げなくちゃ。

f:id:bio-re-love:20170809105553j:plain
来たーーーー!!
ブツブツ言いながら、近寄ってきます。

「会ったことありますよね?
貴方の顔を憶えています。
確か...私が目を覚ます前に」

Σ(゚д゚lll)ガーン

やっぱり、憶えてた。助けなかったの、怒ってるよね、絶対。
ヤダ…殺られる。

走って逃げます!≡≡≡ヘ(*--)ノ
追いつかれそう。

f:id:bio-re-love:20170809105604j:plain
ドアは閉める!

「今、貴方と一緒にいるのが夢のようです。満足させてあげますよ。
もう独りで、いなくてもいいんですよ。
貴方なしでは、だめなんです。
私なら、その虚しさを満たしてあげれます」

なんか、すごく求められてるんだけど。
ヤダ !≡≡≡ヘ(*--)ノ

そういえば、ダーリンって言ってたな。
恋人じゃないし、ハニーなんて返さないからね。
嫌だ~~~~~~~~~ッ!!ヤられるw

f:id:bio-re-love:20170809105618j:plain
ドアは、開けたら閉める!!
時間稼ぎだよ!

グルースキンと鬼ごっこ

f:id:bio-re-love:20170809105629j:plain
ドレスだ。これは!ウェディングドレス?
love makes house a homeって。
愛は家庭を作る」ということね?
家庭、家族、結婚。ひぃぃぃぃΣ(゚д゚lll)

f:id:bio-re-love:20170809105642j:plain
何か、昔話を話してくれているようです…。追いかけられる。

「幼い時、よく母が言っていました。
結婚したら、どれだけ幸せになるかを」

f:id:bio-re-love:20170809105659j:plain
「だけど、少女のように夢見て、
あちこち探しても、見つけられませんでした」

そうなんだぁ~。白馬の王子様を待ってる感じか...。いやっ、お姫様ね。
素晴らしきパートナー。簡単には見つからないよねw

f:id:bio-re-love:20170809105712j:plain
しつこい、ずっと後ろにいる。
不気味に彼の声が響き渡ります。
捕まらないか、不安で手に汗握ります。

「理想の相手が見つかるまで、探さなければいけないのです」

ずっと逃げ回る、この階コワイ。

f:id:bio-re-love:20170809105741j:plain
血の痕を辿って、その先に
ドアが!...塞がれてる...
早く押してどかさないと(・_・;)

f:id:bio-re-love:20170809105756j:plain
「貴方は、とても美しいでしょうね」

早く、早く!!来てる来てるよ!!
パニックになります(笑)

f:id:bio-re-love:20170809105811j:plain
よっし!棚を退けたら、ドアから逃げる!
もちろん、閉めていくよ。

「私たちの赤ちゃんが欲しい」

なんか、ヤバい発言が出ました(;´Д`)
赤ちゃんできませんから、残念だけど、赤ちゃん無理。

f:id:bio-re-love:20170809105825j:plain
よほど、家族が欲しいらしい。
でも、それは母が教え込んだからでしょ。「結婚は幸せになる」って(・_・;)
母の言葉が、トラウマになってるのかな?

f:id:bio-re-love:20170809105847j:plain
なんとか通った
ドアの先の廊下は…絶望しかなかった。

南京錠で閉められている、そんな...。
ドアで時間稼ぎどころじゃない。
行き止まりじゃん。

f:id:bio-re-love:20170809105901j:plain
振り返れば、グルースキン(笑)
来るなぁ~~!!そんな勢いの気持ち。
こっちにも道があったけど…。

f:id:bio-re-love:20170809105915j:plain
エレベーターの通り道。
エレベーターの部屋はないので乗れない。
あの梯子…。もう、あれしかないけど。

飛べるの?飛べるのか?ウェイロン!

マイルズは、跳躍上手かったけど、ウェイロンは…落ちてばかりよw

もうどうしようもないので、
勇気を振り絞って、ジャンプ!!

f:id:bio-re-love:20170809105934j:plain
掴んだ!つかめた!!やったぞ!、って思ったんだけどw

あれ?バラバラと梯子が壊れていく
なんと脆い梯子よ...(;´Д`)
点検してないなコレ、劣化してるじゃん。

f:id:bio-re-love:20170809105947j:plain
Nooooo! Σ(゚д゚lll)
ウェイロンは落ちる男だ。
これは大丈夫なの?今回も高いよ。

痛手を負うウェイロン

f:id:bio-re-love:20170809110003j:plain
「あぁ、なんてこと。大丈夫ですか?
大丈夫と言ってください」

痛いよぉ(T_T)
着地は無事だったみたいだけど、足に鉄筋が刺さっちゃった...。

グルースキンにまで、心配されてるから。

f:id:bio-re-love:20170809110016j:plain
上から、心配そうに覗いてます。
いい奴なのか?判断がつかない。
みんなは、very very Bad manだって言ってたし。

「私なしで苦しんでいるのは嫌です。
それどころか...私と一緒にいるよりも、
むしろ死を選ぶのですか?」

なんか、傷つけちゃったかも?
だって怖いんだよ、逃げたくなるよ。

下の階に登れそうなんだけど、足を怪我してるから、登れない。
行き詰りました。どうすればいいの?

f:id:bio-re-love:20170809110040j:plain
あれ?足元のエレベーターが動き出した。
エレベーターをあげてくれたよ。
登れました(((o(*゚▽゚*)o)))
やさしい(笑)騙されちゃダメだーーー!

f:id:bio-re-love:20170809110055j:plain
下の階を探索。

A womans work is never done!
女性の仕事は、決して終わらない。
仕事が、なにを意味するのか?
家事、内職?それとも子育て?

「何をしているのですか?
おや、それでは続きをはじめましょうか」

Σ(゚Д゚)来る!!続けなくていい。

f:id:bio-re-love:20170816120043j:plain
足を怪我しちゃったから、引きずりながら歩きます。
速度が落ちました。

ここも裁縫の作業場みたいね。

f:id:bio-re-love:20170816120054j:plain
ここはドレスを作るとこかな?
裁縫のトルソー(マネキン)がある。
「我が家に勝る所はない」って書いてる。
それは、わかる。我が家はいいよね(*^-^*)

ここら辺の壁文字は全部、グルースキンが書いたんでしょうね。
女性と家族絡みの事ばかり。
しがらみに囚われてる感じですね。執着心が、すごい!

f:id:bio-re-love:20170816120109j:plain
足が痛いなか、頑張って歩いてます。
息が上がってるウェイロン。

血の跡を辿っていく。というよりは、
道がこっちしかないのだけど...道なりに進むしかない。
...行き止まりだ!!

絶体絶命!!

f:id:bio-re-love:20170816120121j:plain
行き止まりを確認した途端、
彼の声が響く。なんか途中の話だけど、ここでのこと言ってるね。

「しかし、深くみれば、誰もが本当に見るべき真実です」

窓越しにグルースキンが!!
ウェイロンも思わず声あげた。グルースキンみたとたん「No!」って(笑)

これは…捕まる予感しかない。
やられる予感しか…。
行き止まりで挟み撃ち('д'|l!)

「そういうわけで、彼らは貴方を信用してません。
そういう運命じゃないんですよ。まだね」

なんの話だ…。

「ここでは、貴方の心を見ることができます。そして、貴方がしてきた事。
彼らは罪人です、ダーリン。
しかし、花は栄養を与える土壌として、
とても素晴らしい」

彼は、状況の比喩がうまいね(笑)
チクチクと自責の念をつつかれる(T_T)

f:id:bio-re-love:20170816120136j:plain
どうすれば。キョロ ( ̄д  ̄*)))(((* ̄д ̄) キョロ
ロッカー!!
もう入るしかないので、
とりあえず隠れてみる...バタン。

「ふ~ん。 閉めましたね。
私は...、あぁ、私の大好きな香り。
私から隠れることはできませんよ」

バレてるw
ロッカーが揺れる(;・∀・)
もう、ロッカーで籠城だ!!ロッカー倒されました...ヤバイ、やられる。

f:id:bio-re-love:20170816120148j:plain
「貴方自身が、私のための贈り物ですね。
綺麗に包装して...もう一度包装しましょう。興味深い」

ロッカーが、プレゼントの箱になってしまった(・_・;)
不敵な笑みが怖い。

「行きますよ、そして...」

ロッカーごと引きずられる
いやあぁ~~!

「少し下品でしょうか。
わかってます、すみません。
貴方が、男性か女性を知りたい時に、どうしているのかを知りたくて。
儀式の後、貴方を本物の女性にしたとき...私は優しい男になると約束します」

ちょっと待って!
彼は、人間の男女をよく理解していないんじゃ?彼の認知機能が危ぶまれる。
男女の違いの教育受けてない?

「私は家族、遺産が欲しい。
決して、なれなかった父親になる。
子供には、絶対に何も起こさせない。
私みたいではなく... 」

しゅん(´・ω・`)
なんか可哀想って思ったのは、変かな?
家族ができれば、幸せになれると思ってるらしいし。
自分のようにならないように、子供は育てたいんだね(T_T)
少年時代に何かあったのね、グルースキン。

同情して、しんみり来てるけど、ロッカーで引きずられているからね(笑)

f:id:bio-re-love:20170816120201j:plain
ロッカーが起こされた。
なんか着いたっぽいぞ。どこ?ここ?

「ここで待っていてくださいね。
私たちの愛を完成させるために、同じくらい熱望しなければならないのです。
期待していてください」

危ないものが、見えるんですが...。
儀式ってなにするの…(((゚Д゚)))ガタガタ

f:id:bio-re-love:20170816120217j:plain
鋸付きの台。血塗れじゃないか!!
なんか人間がぶら下がってるし!!
いやぁーーーっ!( ̄ロ ̄lll)

「はい、どうぞ。
これはリラックスするのに役立ちます」

麻酔?催眠スプレーを浴びてしまった。
苦しむウェイロン。ブラックアウト…。

おやすみ、ウェイロン(-_-)zzz

次回に続く…。


©Red Barrels, Inc.