crazy about video games

ゲームの感想/考察など、まとめ中心の個人的ゲーム備忘録 ©2017-2020 Louie. All Rights Reserved.

【バイオハザード】ジョン アンブレラ研究員主任

アンブレラ唯一の人道的研究員

今回は、ジョンについて書いていきます。

多少の個人的解釈が含まれていますこと、ご了承ください。
主役級キャラやリメイクなど、新作次第で追記する場合があります。

※ネタバレ注意。
キャラ解説のためネタバレ必須となっております。ご自身の判断で閲覧ください。

ジョン

アンブレラのシカゴ研究所の職員だったが、ウィリアム・バーキンラクーン地下研究所に転属したことで、突如アークレイ研究所へと赴任することとなる。

赴任後は、アークレイ研究所主任となっている。

人道的で常識のある優等生

研究員として、とても優秀だったようだ。
赴任後はアークレイ研究所の主任を任されるほど。しかし、非人道的な研究に否定的であり、アークレイに赴任後は、今回のB.O.W.研究に疑問を持っていた

そのため上司には煙たがられていて、研究所では孤立していたようにも思える。
ウェスカーもそのことを把握しており、情報が漏れる時はジョンからだと目をつけていたようである。

エイダの恋人

f:id:bio-re-love:20180915134521j:plain
職場での人間関係はよくない状態だが、同じく研究員で恋人のエイダだけが心の支えだった。しかし、残念な事にエイダは「《T-ウィルス計画》の全容を探るために、ジョンに接触しただけだった。」という真実を...彼は知らない。

f:id:bio-re-love:20180915132810j:plain
主任というだけあり、すべてのロックの権限を持っている。

研究所のロック解除のパスワードを「ADA」にするほど、エイダを深く愛しているのがわかる。彼はエイダのことを最期まで信じていたのだ。

ファイル「ある研究員の手紙」

バイオ1では研究所に手紙が残されていて、謎解きのヒントにもなっている。

同僚で恋人でもあるエイダに宛てた手紙であり、ジョンの遺書でもある。

1998年6月8日に書かれた内容だ。
洋館事件は同年の7月。このことから1か月前から、研究所は汚染されていたことがわかる。

ジョンは以下のことを書き残している。

  • 自分が感染したこと、そしてエイダは感染していないこと。
  • 動力室の起爆装置を作動し、研究所を破壊してほしいこと。
  • 映像室の資料を使って、すべてを公にしてほしいこと。
  • もし変わり果てた自分と出会ったなら、エイダの手で殺してほしい。

もともと生物兵器の研究に否定的だったジョンは、主任であることを逆手に取り、誰にも見つからないように資料を隠していたようだ。映像室のあるB2Fのロックを2重にするほど厳重にしている。

そこには、アンブレラがしてきた研究や実験、T-ウィルスの証拠資料をまとめられていた。これを踏まえて推測すると、彼はいつか暴露する予定だったのかもしれない。

手紙の内容から、ジョンがエイダを誰よりも信頼し、愛していたのがわかる。
まさかスパイされているとは、少しも思ってもいなかったようだが。

なんだか、やるせない気分にさせられるのは、なぜだろうか...。

願うなら、エイダが少しでも彼をスパイの標的としてでなく、恋人として想っていてくれたなら救われるが、彼女の胸の内を知る由もない...。のちに、レオンを“はじめて愛した男”と語っている事から、残念ながら救いは感じられない気がする。

そう考えれば、ジョンは真実を知ることなく愛するエイダを信じたまま、この世を去れたのは幸福だったのかもしれない。

登場作品

バイオハザード
バイオハザード2

==========

以上、ジョンについてでした。

© CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.