crazy about video games

遊んだゲームの感想・考察など、まとめ中心の個人的なゲーム備忘録。

【購入予定メモ】開発中の気になるゲーム

購入予定の海外向けソフト

現在開発中で面白そうなゲームをメモ。
とりあえずPS4で発売予定のものだけをチョイス!発売日は未定のものばかり。

すべて海外向けソフトで国内版が出るかは不明。期待していて気になっている作品を忘れるといけないので、個人的な備忘用。

ほぼホラーゲームになっています(笑)

The Dark Pictures「Man Of Medan」

Until Dawn - 惨劇の山荘 -』で知られるイギリスのデベロッパー、Supermassive Gamesは『The Dark Pictures』はそれぞれ独立した、強烈なホラーゲームのアンソロジーです

「Until Dawn - 惨劇の山荘 -」で知られるイギリスのデベロッパー“Supermassive Games”開発の最新作『The Dark Pictures』

「The Dark Pictures」はアンソロジーシリーズになるようで、それぞれ独立したホラーアドベンチャーゲーム。アンソロジー第1弾は『MAN OF MEDAN』

前作同様に、プレイヤーの選択やリアクションで登場人物の命運が左右されるアドベンチャー系ホラーゲームのようですね。

あらすじは、海に沈んだ宝を探す登場人物たちが、謎のクリーチャーに襲われてしまうという感じでしょうか?詳しい詳細はまだ不明。

発売元はバンダイナムコエンターテインメントのようなので、たぶん国内でも発売されると思われます。

Close to the Sun

“Storm in a Teacup開発の『Close to the Sun』

船で一体何が起きたのか?歴史改変系のスチームパンクホラー。有名な歴史家ニコラ・テスラが創り出した科学船からの脱出劇。

主人公は、妹エイダを探しているジャーナリストのローズ。緊急要請から始まるティザー映像。船内部は荒れ、船の記憶なのか?幻影が現れていたり、暴徒化している人物もいたりと、怪しい雰囲気の船内。ほかにもクリーチャーも初お目見えした。

戦闘ものというよりは、隠れたり逃げる系ようだ。楽しそうですね。

ニコラ・テスラといえば、19世紀末にニコラ・テスラが知識のために行った「レインボー・プロジェクト」別名フィラデルフィア計画の方が有名でしょうか。

レーダーから船を消すステルス実験。
人を乗せ、駆逐艦「エルドリッジ」を使っての大規模な実験で、船が消え成功したかのように見えたが、船内では悲惨で不可思議な現象が起こっていた。

テレポート技術としても、歴史的な進歩でも有名な事件ですが、そのオカルトで名高いニコラが登場しているので、彼の発明関連をモチーフとした内容になっているように思います。

Layers of Fear 2

「Project Melies」としてアナウンスされていたタイトルが『Layers of Fear2』ということが明らかに。“Bloober Team”開発の一人称ホラーアドベンチャー

まだ詳細は不明ですが、ティザー映像では映画館や映画撮影所が映し出されていることから、映画関連が舞台かな?

前作同様、不気味でありながらも美しい舞台が狂気を感じさせますね。

The Sinking City

“Frogwares”開発の『The Sinking City』
クトゥルフ神話系のオープンワールドホラーアドベンチャー

狂気に苛まれた不思議な世界「オークモント」を舞台に、私立探偵が世界を調査していくようだ。数々の幻覚や神話的事象に遭遇していく。

ホラーでオープンワールドというのが興味を惹きます。主人公が探偵ということもあって、プレイ動画も見てみましたが、クエストをこなしていくような感じに見えました。ホラー系アサシンクリードっぽい感じかな?(笑)

The Peterson Case

“Quarter Circle Games”開発の『The Peterson Case』

1947年に米国ロズウェルで起きた「ロズウェル事件」。UFOやエイリアンで有名なロズウェルですが、その時に起きた“家族消滅の話”を記録したサイコホラー。

恐ろしいフラッシュバックや神秘的な世界の存在を目の当たりにしながら、廃屋を探索し、恐ろしい真実を解き明かしていくことになる。

主人公は探偵のフランクリン。行方不明のピーターソン一家を探しながら、彼らに何が起きたのかを紐解いていくようですね。恐怖とサスペンスに満ちた物語で、謎解きもあるようです。

Silver Chains

“Cracked Heads Games”開発の『Silver Chains』

一人称探索ホラーゲーム。

自動車事故を起こして昏倒したピーターは、100年以上前に建てられた邸宅の廃墟で目を覚ました。邸宅を探索していくうちに、この屋敷との自分と関連、自分以外にも誰かがいる気配を感じていく。さまざまなパズルを解きながら、屋敷の過去や自分の家族について探っていくようだ。

Home Sweet Home

“YGGDRAZIL GROUP”開発の『Home Sweet Home』

すでにPC版が配信されているが、PS4、XboxOne版もリリース予定となった。
PC版はSteamにて1,680円で配信中。

タイの神話と信仰に基づいた一人称ホラーアドベンチャーゲーム

主人公ティムは妻が不可解な失踪を遂げたことで、大きく人生が変わってしまった。
自宅ではない見知らぬ場所にて目を覚ましたティムは、敵意を持った女性の霊に追われながら脱出を目指す。目覚めた場所で、妻の失踪や、隠された邪悪な秘密を解き明かしていく。

ストーリーテリングとステルスに重点を置いているようで、多少のパズル要素も入れながらの探索&逃げる系のゲーム内容のようだ。