crazy about video games

遊んだゲームの感想・考察など、まとめ中心の個人的なゲーム備忘録。

【感想】MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE(マーベル VS. カプコン: インフィニット)

MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE 感想

f:id:bio-re-love:20170923200030j:plain
結論:シリアスの中に笑いあり。バトルが楽しい!
格ゲーとして◎
※あくまでも、個人的感想によるレビューです。

◆サクッと感想!

<お気に入り度> 60 / 100%

項目 ストーリー アクション・
システム
やりこみ ストーン度 個人的好み
評点/S~D B A B B A

【クリアまでのプレイ時間】 3~4時間ほど(ストーリーのみ)

【お気に入り度の目安(~100%)】
◆80~99%:とてもオススメで大好きな作品 ◆60~79%:高い満足度が得られる作品
◆50~59%:普通に楽しめて面白い作品 ◆20~49%:少し残念な点が多々ある作品
◆1~19%:イマイチで私には合わなかった作品

<↓詳しい感想は下記で↓>

ストーリー

マーベル作品とカプコン作品のそれぞれの世界が融合し、1つになった世界を舞台に繰り広げられるドラマになっています。

「ムービーの合間にバトル」の仕様なので、もちろん使用キャラはストーリー上の指定キャラを使っていくことになります。

ストーリーは王道ですが、なかなか面白かったです。
笑い所ツッコミ所も多いですが、両方の各作品を知っている前提なものが多く、知らないとスルーしてしまうネタが満載でした。笑い所は内輪ネタ的な面白さでしたが、特に理解しなくても問題ないので大丈夫です。

クリアする事で、コレクションに用語集のような項目ができます。そのなかに解説があるので、読んでみると詳しく世界観を楽しめるかもしれません。

どうして世界が融合したのかも、ストーリー中盤あたりでわかるので、最後まで見届けて欲しいです。

アクション・システム

誰でも簡単に!と配慮されていて、初心者に優しい作りです。

ワンボタンでコンボが続くようになっていて、遊びやすくなっています。
もちろん、コマンド入力をすれば、もっと華麗な技を出すことができるので、初心者~上級者まで好きなように遊べるのは嬉しいですね。

また、インフィニットのストーリーの核となる「インフィニティー・ストーン」
この不思議な石を取り入れることで、プレイヤーそれぞれの戦闘スタイルが確立され、高度な技が出せなくても、石でカバーできてしまいます。

石の効果で、格闘ゲームの幅も広がったと思います。

やりこみ

オン対戦は、対戦ポイントを稼いでランクアップしていきます。
負けるとポイントもダウンなので、皆さん本気で挑んできます。まさにバトルです!
一戦交えるだけなので、気軽にオン対戦ができると思います。

オフラインでも、それなりに遊べます。
ストーリー編、アーケード、ミッションがあります。
私の場合、アーケードを全キャラクリアまでに、5~6時間ほどでした。

トロフィーは遊び続ければ、取りやすいトロフィーばかりです。
オン対戦用のトロフィーが設けられている点は、オフ専の方には残念な点かな。

ストーン度

新しいシステム「インフィニティー・ストーン」は6類類あり、上手く使えば格闘のテクニックがなくても、戦略で勝つことができます。

石それぞれの特徴を生かすことにより、ひと味違った試合が楽しめると思います。
いろいろ試して、お気に入りの石を決めるといいかも。

どれも派手な演出表現が施されているので、見栄えもいいです

総合

ゲーム内容としては、楽しいし、面白いです。格ゲーとしては、十分な面白さを持っていると思います。

しかし、人によってはキャラゲーとしてイマイチかもしれません。キャラクター選抜は、ストーリーの関係上で必要なキャラになったと思われます。キャラそれぞれの役割があり、ストーリーを遊んで納得しました。

日本語音声の件でゲームの全てを否定されるのは、バトルが面白いだけに勿体ないなと思いました。

◆残念なところ◆
アーケードモードで、キャラ単体のEDが欲しかったかな。どのキャラでクリアしても結局は何もない、ご褒美の称号獲得のみなのは残念。称号とカラーバリエーションだけは、寂しい気もします。

以上、マーベルVS.カプコン:インフィニットの感想でした。

© 2017 MARVEL ©モト企画 ©CAPCOM CO., LTD. 2017, ©CAPCOM U.S.A., INC. 2017 ALL RIGHTS RESERVED.