crazy about video games

遊んだゲームの感想・考察など、まとめ中心の個人的なゲーム備忘録。

【Outlast】★ネタバレ★アウトラスト考察・まとめ①ワールライダーなど

OUTLAST + whistleblower考察

f:id:bio-re-love:20170525171655j:plain
ストーリー面のまとめ、謎などを考察してみました。
完全ネタバレです。エンディング情報もあり。ご注意ください。
クリア済み前提の記事になってます。

※あくまでも私の解釈&考察です。英語を自己流で訳して解釈してるので、間違ってるかもしれません…。未確定情報を含みます。ご注意ください。

武装の主人公たち

Outlastは、武器を持たない主人公だ。
しかし、武器があったとしても、役には立たなかっただろうと思われる。

実際、武装兵の集団が一瞬で、への道を辿っている。素人の武器扱いなど、もはや歯が立たなかっただろうと思う。

マーコフ社のシンボル

f:id:bio-re-love:20170529155648j:plain

ウェルニッケのよれば、ナノハザードを警告したマークらしい。

確かにバイオハザードと似た形で、水色の爽やかな色微細な球体が、ナノマシンを模しているのだろうか?

ワールライダー計画

劇場内の映画と、ウェルニッケ自らが語っていました。マーコフ社は、ワールライダー計画に取り組んでいたが行き詰っていた。そんな時、ドイツの科学者ウェルニッケによる「恐怖」による精神的感情理論

恐怖という「狂気」こそが重要なカギであると気付く。この理論を導入した事により、マーコフ社は形態形成エンジン開発に成功

機器に繋がれた少年ビリーは、年相応でなく老けていた。精神的苦痛と感情は身体に影響を及ぼすが、ナノマシン生成には効力があったようだ。

ワールライダーとは?

ヒトの細胞は、”分裂を繰り返し、新しい分子を自ら作り出している”

その自然な機能を「恐怖」で刺激する事で、人体の細胞をナノマシン生成工場へと変えることに成功した。

生物の発生過程において、新しい形態が生じるよう再プログラムした方法を思いついたウェルニッケ。

自己永続的(無際限に継続できる)計算式。それが「モーフォニックエンジン」(形態形成)だ。

エンジンによって被験者の体から、生み出された分子の集合体ナノマシン
その群れの個体こそが、ワールライダーだ。

幽霊ではなく霊体
肉体という物質細胞以外に「霊体」という、もう1つの不可視の身体がある。
心身が狂った人ほど強靭的なワールライダーとなるようだ。

被験者は、自分の思い通りにできる明晰夢のような状態に入り、ワールライダーを操る。心(潜在意識)は分離した霊体の中に存在し、あくまでも「夢」としか思っていない。

簡単にいうと、一種の幽体離脱のような仕組みと思えばいいのかな。

スピリチュアルな世界でも、霊体と肉体が「シルバーコード」と呼ばれる半物質の紐で、結ばれているように、ビリーの生命維持装置を切ることにより、倒すことができることから、ワールライダーも肉体無くして、生きていられないと思われる。

被験者たちが、見せられていた映像

本編中の映画や、ウェイロン編の実験装置と共に見せられる映像。

心理検査「ロールシャッハ・テスト」のような映像は、洗脳ビデオのような、何かプログラムされた「サブリミナルブレイン」かと思われる。

サブリミナル効果で洗脳し願望を達成するサブリミナルブレイン
ウェイロンは、たびたび頭痛と共に視界に映像で見た模様のチラつきに悩まされた。

サブリミナル刺激として、何らかの作用を起こすために見せられていたと思われる。

女性患者の行方

本編でもチラホラと話題が出ていた。女性患者がいない件。他にも赤ちゃんの事、催眠療法での自傷行為と慰め。そして、すべての女性が消えてしまった事。

ウェイロン編のファイルで、モーフォニックエンジンは、周囲にいる人にも影響を与えていたことがわかる。女性職員や女性患者は、想像妊娠の症状があらわれ、他の病院に移ることになった。

この病院は、強力な電波を発していたようだ。マイルズも初めに訪れた時、何かの電波妨害のようなもので、携帯の電場が切れたりしていた。

MKウルトラ計画とは?

現実にあった事件で、CIAが国の名のもとで行った洗脳実験のコードネーム
この手の陰謀説は有名ですね。
タビストック人間関係研究所と共に、極秘裏に実施していたとされています。

催眠療法薬物療法、幻覚剤、脳インプラント、電気ショックによる実験など。

そんなMKウルトラ計画が、ファイルに幾度と出てきます。実際の事件と絡め、リアルっぽく仕上げているようです。

マイルズという人物

好奇心旺盛で正義感も強そうだが、ヒーロータイプではないと思われる。
取材メモは、なかなか暴力的発言も多い。

攻撃ができないゲームではあるが、彼が無抵抗というよりは不可避なだけで、非暴力主義者という感じではない。

最後に、ワールライダーになってしまった時の暴走っぷりは、今までのうっぷん晴らしにも思えてくる。希望通り、ウェルニッケに天罰を下した事だろう。

彼こそが、強靭的なワールライダーとなったといえると思う。

マイルズがホストになれた理由

たくさんの「恐怖」を体験し、ワールライダーと接触していたマイルズ。

本編中でも、出会う患者たちに「なぜ患者でない、おまえに見えるのか?」そんな問いを何度も問われた。そして、周囲の人にも影響を与える強力な電波が蔓延している。

この電波によって患者たちは多少の身体能力も向上。クリス・ウォーカーのように。
そう考えると、簡単には死なない体になっているかもしれない。なんにせよ、ワールライダーのホストになった時点で、彼は生きていると思われる。

また、ワールライダーが何度も彼の体をすり抜けていた。終盤は、胸に入り込んだりもしており、ナノマシンの接触による肉体の細胞変性効果が起きたのかも?など。

彼には、十分にホストになるだけの資格と体質を持つ事ができたのでは?と考察。

ウェイロン編のワールライダー

ウェイロン編のラスト。
最後、ウェイロンを見送るシーン。きっと、あのワールライダーはマイルズだろう。

ワールライダーと1つになった時、怒りが爆発していたようにも見えた。
彼は、この出来事に嫌悪を感じていた上に、自分の死体でも構わないから、この事実を世に知らしめたかった。

ワールライダーとなっても、ウェイロンを助けた事から、彼を逃がすことに専念していたようにも思える。

通常の生きているとは意味は変わるが、きっとマイルズは生きている。ワールライダーとして…その後、どうなったのかは不明だが…。

ウェルニッケという人物

ワールライダー計画に、多大なる貢献をしたウェルニッケ。彼の語り口からは、自らの成果に少なからず罪悪感を覚えていたと思われる。

ボードに書かれた数式は、科学知識さえあれば、簡単に再現できるもの。
マイルズのカメラには、研究成果が収められていた。そういった点も含め、マイルズを殺害するに至ったと思われる。殺す理由は、おそらく口封じ

最初からマイルズの死の運命は決まっていたのだ。「君の死と共に、終わらせる力がある」と、ウェルニッケは意味深な発言もしている。

果たして、マイルズがホストになることを知っていたのか?抹殺の際、ドイツ語で「gott im himmel.」と言っている。これをどう訳すかで意味が変わってくると思うのだが...。

「god in heaven(神は天にあり、神よ!、もしくは素晴らしい!)」とするか、「oh my God!(何てことだ!)」とするか。後者だと、マイルズがホストとなったことが予想外だったと解釈できる。私には、ドイツ語はわからない。

死にたいと思いながらもビリーにより、死に損ねたウェルニッケ。ビリーは母親を失った事も知らされないまま研究に貢献していた。ウェルニッケを父のように慕っており、彼の面倒を見ていたようだ。ビリーにとっては、大事な人なのかもしれない。

ウェルニッケとプロメテウス

ファイルに何度も出てきたプロメテウス。部屋に飾ってあった絵画もプロメテウスだ。
ウェルニッケの個人記録から、自分の事をフランケンシュタイン、または近代的プロメテウス」と書いている。

天界の火を盗み人類に与えた存在であり、人間を創造したとも言われる。ウェルニッケは、画期的なシステムにより、ワールライダーを創造してしまった。

また、プロメテウスの火原子力など、人間の力では制御できない強大でリスクの大きい科学技術も表しており、まさしく今回の事件と同じだ。
コントロールできなくなった力は、すべてを焼き尽くす恐ろしい火となる。

彼は、プロメテウスと自分を重ねて見ていたのだろうと思われる。

 

以上、アウトラストまとめ①でした。

biolove.hatenablog.com