crazy about video games

遊んだゲームの感想・考察など、まとめ中心の個人的なゲーム備忘録。

【感想】ASSASSIN'S CREED:Brotherhood(アサシンクリード:ブラザーフッド/エツィオコレクション)

ASSASSIN'S CREED:Brotherhood 感想

f:id:bio-re-love:20170508170142j:plain
結論:弟子が強い!頼もしい!
※あくまでも、個人的感想によるレビューです。

エツィオの3作品が1本としてまとめられたPS4版エツィオコレクション。
その中の「アサシンクリードブラザーフッドだけ」の感想です。

<総合評価(おすすめ度)> 6.5 / 10

項目 ストーリー アクション・
システム
やりこみ 弟子
リクルート
個人的好み
評点/5点 3 3 4 3 4

【クリアまでのプレイ時間】 14時間ほど

ストーリー ★★★

アサクリⅡの続き。
現代編では、施設の抜け出しに成功したデズモンド達はエツィオが、拠点としていたモンテリジョーニへ。
エデンの果実(リンゴ)のありかと真実を探るため、引き続きアムニスで、エツィオの人生を追体験

エツィオ視点の過去編。
今回の仇は、チェーザレ・ボルジア
復讐に燃えながらもローマをのために、仲間を集め戦っていく。
今作は、エツィオの妹クラウディアの成長も見ものだ!

ストーリーは、やはりどこか淡々とし盛り上がりに欠けるが、自由度が高いためメインストーリーそっちのけで、他のクエストを遊べる。そのせいか、ストーリーが引き立たないのも、仕方ないかと思う。

どちらにせよ、エツィオがカッコ良いので良しとしたい。

アクション・システム ★★★

Ⅱ同様で、基本操作は変化なし。
弟子への命令操作が、新しく追加された。

戦闘操作は戦いやすく調整されており、キルストリークが気持ちいい。
繋がると数名を一撃で倒していくのでラクだ。

区画ごとにボルジアの塔があり、制圧する事でボルジアの支配を解き、街を再建する事ができる。お金を使い、周辺の店を再建していく、再建するほど収入も増えるので、
積極的に街を繁栄させたい。

また、今回はいつでもアムニスを出て、現代に戻れるようになった。
現代での会話イベントもあったりする。

やりこみ ★★★★

メインストーリーは、サクッと終わる。
やりこみは、寄り道や武器集め、シンクロ度100%を目指すなど。
あとはトロフィー関係くらいだろうか。トロフィーは1周でも大体は埋まる。

1周13~14時間ほどでクリアできた。(寄り道ありの60%ほど)

今回は弟子もいるので、強くしたい!などあれば、長く遊べると思う。
あとは、ローマの街や名跡・名所、人々を堪能するなど。

弟子リクルート ★★★

今作の新しいシステム。
弟子をとる事ができるようになった。助けられた恩から弟子となった人々。
これが、なかなか賢く強い!

助けることで仲間になる。他にも塔を解放する事でも、志願者が来たりする。仲間にした弟子は、アサシンとしてエツィオの命令で行動する。

命令のタイミングはプレイヤー次第だ。
弟子を使うほどレベルも上がり、装備も良品をつけれる。もちろん、ライフもあり無茶をすれば死んでしまう事もあり。
死ぬと生き返らないので、注意が必要だ。

弟子の動きがよく、役に立つので、使えるところでは積極的に使っていきたい。
面白いシステムだ。

総合 ★★★★★ ★☆☆☆☆ 6.5/10

良くも悪くも、いつも通りアサシンクリード。安心して遊べるが、やはりストーリーに物足りなさも感じる事もある。面白くないわけではないのだが、パッとしないというか...まぁ、それは私の好みだろうと思う。

PS4版になって綺麗になったのは嬉しいし、ローマを旅できるのは良かったです。

◆残念なところ◆
相変わらず登り下りの微妙な操作感が、やはり気になるところ。
操作感はⅡよりは良いものの、フリーランの誘発が、わずらわしい事もある。

以上、アサシンクリードブラザーフッドの感想でした。