crazy about video games

遊んだゲームの感想・考察など、まとめ中心の個人的なゲーム備忘録。

【Outlast】★ネタバレ★プレイ日記 vol.3「ここはどこ?隔離室?刑務所?!!」

Outlast 第三夜 刑務所を探索

ネタバレあり!未プレイの方はご注意ください!
スクショにグロ描写あるので、ご注意ください。

前回までは

biolove.hatenablog.com

目覚め

注射を打たれて、気づけば別の場所。
真っ白な部屋。
お仕置き室といわれている、隔離室かな?

f:id:bio-re-love:20170503224838j:plain
カメラは無事だ。よかった。
見渡してみると、部屋中に十字架と書き殴った文字、そして血文字だ。

f:id:bio-re-love:20170503224934j:plain
しっかり、カメラに取る!

NOTES◆

マーティン神父は、何か見せるために、
私をここに連れてきた。

この気が狂った現状を、なにがなんでも、
私に見せようとしているんだと思われる。

Dr.ウェルニッケが、
この間違いを起こした中心人物だろう。
しかし、彼は10年以上前に死亡している。

"安らかに眠れ"と血文字が物語っている。

そんな感じの事、メモってます。
Dr.ウェルニッケの研究なのか。謎だらけ

扉に近づくと、誰かがカギを開けてくれた。ありがとう!外はどんな感じかな?

f:id:bio-re-love:20170503224901j:plain
ここは隔離病棟なのかな?
自由な人もいるようだ。

f:id:bio-re-love:20170503224948j:plain
みんな好き放題、騒いでます。
攻撃とかされないよね?恐る恐る探索中。

f:id:bio-re-love:20170503225012j:plain
ここの患者、みんな顔が大変なことになってるんだけど。一体、誰がこんなことを。
他にも全身切られて縫合…とか。

ふたりの男

早速、危険そうな顔つきの2人と出会った。
しゃべってる内容が、怖い!
そして、全裸!?Σ(゚д゚lll)

f:id:bio-re-love:20170503225023j:plain
「誰だ、こいつは?」
「たぶん、マーティン神父の使いだ」
「ビビッてるな」「こいつ...殺したい」

とか、ヤバいんですけど…。
今のところ、柵があるから大丈夫だけど、まだしゃべってます。

「逃げる時間をやるか?」「考えがある」
「こいつを殺す、なぶり殺そう」
「俺は、舌と肝臓が欲しい」

いやぁ~~~!!(|||ノ`□´)ノ

早速、二人の男に”お前を殺す”宣言を...。
目をつけられた!!
鬼ごっこじゃないか!逃げなきゃ!!

てか、ここって。普通の精神病院だと思っていたんだけど、もしかして…犯罪者用の精神病棟だった?Σ(゚д゚lll)

怖いわけだ。人によっては…危険だな。
このふたりみたいに。

出口探して1階へ

f:id:bio-re-love:20170503225036j:plain
みんな怯えてます。怖がってます。
眠るのを怖がってる人もいます。

f:id:bio-re-love:20170503225055j:plain
「信頼しないで」とか、「彼らは科学だと言ってるが、そうじゃない」とか。
いろいろ訴えてきます。
何かの実験のこと、言ってるんだろうね。
それから、ここに何かがいたような話をしている。

「ビリーは、そいつを理解していて、彼らはいつもここにいた」とか。
「科学者は彼を怒らせた。彼は信仰だけを求めてたんだ」とか、すごく気になる~~★
戯言なのか真実か?

f:id:bio-re-love:20170503225137j:plain
1階は何もなかったので、2階に戻る。
別の部屋に道が!先へ進めそうだ。

血痕に従って出口を探す

f:id:bio-re-love:20170503225514j:plain
「神は、常に血で道を示す」みたいな?
あの神父が書いたのかな?
誰の血で?(;'∀')
とりあえず、血文字に従って進んでみる。

f:id:bio-re-love:20170503225537j:plain
 「排水に降りる。血と一緒に。唯一の方法は、降りるだけと言ってた。」

同じことを繰り返し呟きながら、壁をスリスリしてます。
教えてくれてるようで、ありがとう(*^-^*)

f:id:bio-re-love:20170503230528j:plain
血を辿って進みます。このドア…
ロックされてて進めない。
どこかで開けるんだと思うんだけど。
奥を探してみよう。

f:id:bio-re-love:20170503225231j:plain
声がする…。無害な人襲ってくる人がいるから、むやみに会いたくないだよね。

顔合わせ怖いので、一応しゃがんで回避。
奥のドアが怪しいから、開け…ッ!る!!

f:id:bio-re-love:20170503225241j:plainギャー!!
逃げる。2回ぐらい殴られると、ゲームオーバーになった。

走って逃げる&できれば、ドアは開けたら閉める!
閉めてると、追っ手がドアを開ける時間ができるので、隠れるための時間稼ぎができるよ。暗闇に隠れます。

f:id:bio-re-love:20170503225256j:plain
隣の牢の人が「実験ではなく、儀式だった。魅力的なね。」とか、いってる。

f:id:bio-re-love:20170503235730j:plain
エアロック起動させてゲート、オープン★

f:id:bio-re-love:20170503235747j:plain
よしっ!進める!
血に従えか、ゴーゴーー!

f:id:bio-re-love:20170504105127j:plain
マーコフ・コーポレーション…。
マーコフ社、一体なにを見つけて何してたんだよ。

f:id:bio-re-love:20170504105234j:plain
ゲートの中に入ると、プシューッって。
消毒されたのかな?それともガス抜き?

追われるマイルズ

f:id:bio-re-love:20170504105354j:plain
先回りされて、待ち伏せしていた。
ふたり…('д'|l!)ひっ!

よかった、柵越しで...。
しかし、彼らに追われてるのは確実だ。

f:id:bio-re-love:20170504105535j:plain
ここの看守かな?
シャワー室のアクセスキーをゲット!

f:id:bio-re-love:20170504105543j:plain
シャワー室に入る。
血の痕が気になるけど...。

f:id:bio-re-love:20170504105639j:plain
シャワー室にもいました。2対1はズルイ。

「腹を切り裂く」って…。レバーとタンが欲しいんだったね(・_・;)
まだ見つかってないから、急いで逃げる窓を使って回り込んだ。気づいてない、よしっ!
ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ
マイルズの息遣いで、臨場感アップして怖いです。怖いのが伝わってくる。

ウォーカー現る!

血を辿りながら進んでいます。また、ゲートがあったけど…締まってます。

開閉ボタン、ゲート隣の部屋にあった。
ポチッと押すと…反対側から

f:id:bio-re-love:20170504110229j:plain
ウォーカー登場!!
ガラス叩いてます。ヒビが…大きくなってきた。割れるかもッ?!
悠長に見てる場合じゃないな!ε=\(;´□`)/

f:id:bio-re-love:20170504110515j:plain
回れ右!あっ、ダクトの蓋が開いた。
迷わずダクトへ!のお導きね(違う!)

ダクトを抜けると、部屋の外の廊下だった。え~~?あっ、そっか、あのゲートを通らないといけないんだ。すれ違い作戦だ!
戻る…よぉぉぉ!!( ̄ロ ̄lll)!!

f:id:bio-re-love:20170504110638j:plain
のんびりしすぎた...。
もう、そこにいた(笑)( ̄ロ ̄lll)
まだ、行ける!!ダッシュで横を抜けて、殴られたけど…大丈夫だった。
難易度ノーマルだし(笑)

f:id:bio-re-love:20170504111053j:plain
燃えるゲート。通れないじゃん。
後ろからはヤツが迫ってるから、とりあえず、行くことにする!

f:id:bio-re-love:20170504111239j:plain
NO-nooooo!爆発ッ!!
爆風で飛ばされ、1階に落ちてしまった…
よく落ちるね、マイルズ。

落ちた先は・・・

f:id:bio-re-love:20170504111515j:plain
死体の山…。

ゲフッ、気持ち悪い…。
けど、おかげで怪我せずにすんだ。助かったよ。

これって、全部ウォーカーが殺ったの?なんて、最悪な場所なんだろう。

f:id:bio-re-love:20170504111445j:plain
真っ暗です。電球1つしかない。
暗視モード頼りです。

ジャラジャラ…ジャラジャラ…

ん?何か音がした…。鎖のジャラジャラ音が…(゚Д゚;)

f:id:bio-re-love:20170504111936j:plain
ウォーカーだ!!
遅かった…やられちゃった…。

リトライね。走ると気づかれますね( ゚Д゚)
暗闇を味方にして、怖いけどゆっくり距離を保ちながら、切り抜けるしかないね。

別ルートを探す

f:id:bio-re-love:20170504112240j:plain
ウォーカーをかわし、別ルートでシャワー室へ!
やっぱり開いてないけど、隙間を行こう!

f:id:bio-re-love:20170504112405j:plain
またしても、独房…。たくさん人がいる。
みんな、色々話しかけてきます。

「ここから出してくれ」とか、助けを求めてきます。

結構、重要な事いってる

「死者で、儲けている実験は何か?
ヒントをあげよう。それはまだ起こっている。実験は、まだ起こっているんだ」
とか

「医者が言ったんだ。
かつて、私たちの技術を地底人に見せたら、彼はそれが魔法だと思うだろう。
あなたが現代人の魔法を見たら、それは技術だと思うだろう」
みたいな?

確かに、見た事もない技術は魔法のようだし。当たり前だと、それはただの技術って思う。深いなぁ~。

で…その前に地底人?
何か見つけたってのは生命体なの?
Xファイル的な話になってきたな。

f:id:bio-re-love:20170504112615j:plain
ここは、刑務所なんだろうか?

「彼は敵を殺さなかった」

ん?誰のこといってるんだろう?
ビリー?

f:id:bio-re-love:20170504112759j:plain
「我々の信仰は、すべての間違ったもの。
そして、私たちを壊している」

信仰…聖書…。神父、どこ行ったんだ!

直接、話したほうが早いのに。まぁ、いいや。血を辿れですよね。

f:id:bio-re-love:20170504112827j:plain
あった、血のロードがあった!
進んだ先には…

f:id:bio-re-love:20170504112853j:plain
不気味に書き殴られた…複数のワールライダーの文字。
神父は、この計画を知ってほしいんだね。
撮影だ!

NOTES◆

「ワールライダー」という言葉が、あらゆる所に書かれている。

マーコフ社は、ここでワールライダー計画と呼ばれる実験を行っていたが、しかし、患者はワールライダーを物理的、肉体的な存在として話している。

幽霊…または悪魔なのか?

彼らが山の中で見つけたもの...。

精神病の妄想かも知れないが、それを記録したい。ちょうど何かを私も見た。たぶん…。
だけど、多分それはカメラの不具合だろう。

あるいは、この場所にいるのかもしれない。

と綴っていました。

幽霊、もしくは悪魔…ワールライダーの真実が、とても気になる。

f:id:bio-re-love:20170503230007j:plain
大きな穴が、ここから地下水道へ行けそうだ。

To be continued…

つづき...vol.4

biolove.hatenablog.com
©Red Barrels, Inc.