crazy about video games

遊んだゲームの感想・考察など、まとめ中心の個人的なゲーム備忘録。

【Outlast】狂気の精神病院へようこそ!vol.0

あらすじ&基本操作をご紹介

プレイ日記の前に、簡単に概要をまとめてみた。

あらすじ

ジャーナリストのマイルズのもとへ、匿名の内部告発のメールが届いた。

「マーコフ社が慈善事業で運営している精神病院で、非人道的な手段を用いて莫大な利益を得ている」というものだ。

愛用のハンディカムと共に、隔離施設「マウントマッシブ精神病院」を訪れたマイルズ・アプシャーだったが、彼を待っていたのは暗闇。そして、狂気の支配する地獄だった。

ここで何が起こったのか?何が始まろうとしているのか?患者が口々に発する「ワールライダー」とは何を意味するのか。

主人公:マイルズ・アップシャー

フリージャーナリスト。

匿名の手紙を受けてマウントマッシブ精神病院を訪れ、相棒のハンディカムを片手に真相を解明していくことになる。

極限の恐怖と死の危険が迫るなか、真相に向けて進んでいく。

サイコホラーとしての魅力

①暗闇

死体や血痕が散乱した精神病院という、狂気と化した舞台。

明かりのない暗闇の場所が多く、カメラの暗視モードを使い手探りで進む。
暗視モードを使用することでバッテリーが消耗。数分で1本が切れる仕様。
バッテリー残量を気にしつつ、暗闇の世界を怯えながら進むことになる。

②丸腰(非武装
完全なる一般人。
非人道的な実験が行われている場所と知っていながら、ナイフ1本すら持っていかなかった主人公である。
攻撃はできない。隠れる逃げるのみ
------

暗闇行動の制限で、恐怖と焦燥感を最大限に表現・演出に成功している。
そして、主人公の息遣いが、より怖さを引き立てる。

基本操作

L1 ⇒走る
L1+L2 or R2⇒走りながら振り返る
R1 ⇒カメラ
カメラ操作時(R1)+R3 ⇒暗視モード切替
L2 or R2 ⇒壁から覗き込む
⇒電池交換
⇒しゃがみ
⇒ジャンプ
⇒アクション(ドア開閉、アイテム取得など)

パッド⇒メニュー画面(目的・ファイル・ドキュメント)
十字キー・右⇒拾ったファイル
⇒ドキュメント・メモ
上下⇒カメラのズーム

難しい操作もなく、逃げる事に集中できるようになっている。

英語音声&英語字幕

PS4版「OUTLAST TRINITY」は海外版(北米)なので、日本語非対応。
OutlastⅡだけは、日本語字幕を収録。

日本語字幕のないオリジナルのOutlast+DLCは、頑張って英語を理解したいですね。
英語の勉強にもなるし、一石二鳥で遊んでいきたいかな。

半分くらい遊んでみたけど、簡単な英語だったので進める分には問題ないです。
ちょっと安心した。ε-(´∀`*)ホッ

でも、ファイルを読むのは時間がかかる…意味を知らない単語があったり(笑)
陰に隠れてゆっくり読みます|д゚)

まずは、Outlastのオリジナルを遊ぶ!

やはりシリーズは、初代オリジナルから遊びたいので、Outlast+DLCを遊んで次回、プレイ日記書きたいです!

以上、ゲーム作品の簡単な作品紹介でしたっ!