crazy about video games

遊んだゲームの感想・考察など、まとめ中心の個人的なゲーム備忘録。

【バイオ7】バイオハザード7★ネタバレ★その他考察①組織・D型被験体・ワクチンなど

バイオ7 考察①組織・D型被験体・ワクチン

f:id:bio-re-love:20170910111401j:plain
謎の組織と被験体、ワクチンの効果などの考察・まとめ。

完全ネタバレ。エンディング情報もあり。ご注意ください。
クリア済み前提の記事になってます。
※あくまでも私の解釈&考察です。
未確定情報を含みます。ご注意ください。 

謎の組織

新種の真菌からの生物兵器開発、および研究していた組織。
正体は未だ不明。
中米支部があるらしい。

近くの廃坑にも研究所を構えていたらしく、ベイカー家がエヴリン達を保護した後もルーカスを使いエヴリンとミアを監視

エヴリンの居場所を知りつつも拘束せず野放しに、感染・経過観察などを行っていた。
廃坑の研究所では「E-ネクロトキシン」を開発していたようだ。

まだ謎の多い組織だ。今後、活躍していく組織だろうか?

H.C.F.(Hive or Host Capture Force)

研究報告書によると、2000年から技術協力として組織H.C.F.が関わっていた。

H.C.F.とは「バイオハザード:コードベロニカ」に登場し、ウェスカーが所属。
エイダもこの組織で活動していた。

ウェスカーのもと、高度に訓練された兵士グループで、ロックフォート島を襲撃。
多くの施設を破壊した。

アンブレラと敵対関係にあった組織で、詳細なことは何も語られてないが、当時でいう「U.B.C.S.」や「U.S.S.」と同類だと考えてられている。

様々な生物兵器サンプルを集めており、T-Veronicaに感染したスティーブの遺体も回収している。

青アンブレラ社

f:id:bio-re-love:20170210174957j:plain
つね日頃、アンブレラコーポレーションのヘリが、ベイカー邸付近を監視していた。

エンディングでイーサンを保護した救助部隊も、同じくアンブレラだ。
真実は謎に包まれているが、青アンブレラは「Not A Hero」で判明するかもしれない。

アンブレラコアのマークを青くした、青アンブレラロゴ。
アンブレラコア以降に、新しく組織が誕生したのか?アンブレラの復活か?

真相はいかに?
Don't miss it!(`・ω・´)ゞ

D型被験体について

f:id:bio-re-love:20170210174537j:plain
コデックスに反応する様にできているケース内に、D型被験体が保管されている。

1.ミアとアランの移送計画時のケース。(空っぽ)
2.血清の精製方法の書いてあるケース。
3.旧館の監禁部屋、隠し部屋の腕。(子供のミイラは謎だ。)
4.廃坑の研究室のケース。
5.ゾイの持っていた頭部の割れたミイラ。

3番の腕はエヴリンが、マーガレットにプレゼントしたもの。なぜ、エヴリンがD型被験体の腕を持ってたか不明。

ミイラを誰が持ち込んだかは不明だが...可能性として、ミアとアランはエヴリン以外の被験体も全てケースで移送。船が座礁した後に、エヴリン、もしくはルーカスが全て回収し保管していたのでは?という推測。

ルーカスは研究員に手を貸しているので、流れ着いたのを運んだ可能性が高い。

血清

f:id:bio-re-love:20170210174806j:plain
今回のカビを抑える血清、ワクチンだ。

D型被験体の脳神経末梢神経で精製できる。投与すると体内の菌糸を石灰化させる強い薬のようだ。

ある程度の細胞置換が進んだ状態だと、回復よりもとして作用。
ある意味感染者処分用の薬に近い。

つまり、症状の早い段階で使わないと「あるのみ」ということだ。

E-ネクロトキシン

f:id:bio-re-love:20170210174608j:plain「E型被験体」を殺処分する壊死毒。
E型被験体であるエヴリンの組織サンプルを使い、活性化させる事で生成できる。

非常に有能な生物兵器 ”E型被験体”
もしもの時の為に「壊死毒」も開発されていた。E型専用の強力な薬だ。
効能は、生物の組織が死んでいくようである。

 

以上、組織・被験体・ワクチン考察でした。

© CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.