crazy about video game

遊んだゲームの感想・考察などのまとめ中心の備忘録。考察を好きに書いてます。

MENU

【サイコブレイク】ストーリー考察&プレイ日記★ネタバレ★PSYCHOBREAK★Ch.4「The Patient」(前編)

Chapter.4 患者レスリー(前編)

f:id:bio-re-love:20170721143608j:plain
セバスチャンは、村の奥でヒメネス医師の患者、レスリーを見つける。

完全ネタバレ!未プレイの方はご注意ください!
あくまでも個人的感想&解釈によるプレイ日記です。
ED・DLC内容の解釈を含んでいます。

ホスピス

f:id:bio-re-love:20170912152025j:plain
突然ゲートが閉まる!
またしても、後戻りはできなくなった。
逃がさないってことだね(-_-;)
きっと、ルヴィクの仕業に違いない。

f:id:bio-re-love:20170912152038j:plain
奥には「ホスピス」があった。

ホスピスというと、終末期の人が安らげる生活をケアする施設だけど、
末期じゃない在宅緩和ケアも、ホスピスっていうよね。

レスリーが、治療を受けたといってるから、病の苦痛症状を緩和する方だと思う。
精神病院と繋がっているようだね。

f:id:bio-re-love:20170912152104j:plain
そして、マルセロの弟が管理するホスピスのようです。

知ってる場所に、辿り着いたマルセロは、
少し安堵しているようだけど...
あいまいな返答。

f:id:bio-re-love:20170912152115j:plain
マルセロ自身も、よく理解していないようです。

彼は正気を失って、知った場所を見ているだけかも、と疑っているようだ。
STEM界は狂ってるのを、実験で嫌というほど知ってるしね。
セバスチャンさえも、幻覚かもしれないと言い出す始末(笑)

とりあえず、行ってみれば、わかるって事ね。
それだけ、リアルな世界という事だ。

f:id:bio-re-love:20170912152128j:plain
「警察官としての義務があるだろう」と言われて、少しカチンと来たみたい(笑)
医者のいう皮肉は、適当に聞き流してセバスチャン。

素直に受け取るセバスチャンが、面白い(*^-^*)

タチアナの部屋

f:id:bio-re-love:20170912152147j:plain
あなたが欲しいのは、
セーブポイント?」それとも「斧?」
...どっちも欲しい!

斧を手に持ってセーブに入ると、
なんと、斧がなくなっちゃうので、セーブ後に取った方がいいよ。

さて、セーブポイントの仕組みは、もう理解したし。タチアナに会いに行くか。
手慣れたセバスチャンは、鏡を見つめる
( ゚Д゚)ジー☆
...が!!

f:id:bio-re-love:20170912152212j:plain
Σ(゚Д゚) いつもと違う!
ベッドじゃない!ここはどこだ?!
しかも、立ってる。起きてるぞ、俺!
と、いった感じです(笑)

結構、セーブポイントでのイベントがあるので、見かけたら入ってみるといいね。

f:id:bio-re-love:20170912152223j:plain
背後にタチアナが!なんか血塗れだけど...
白黒、モノクロの世界です。

きっと、まだが転送処理に追いついてないんだと思います。
もしくは、他の影響があって、意識朦朧としているのかも?

このシーンでは、走れません。

f:id:bio-re-love:20170912152236j:plain
これが、セーブカウンターの奥の部屋。
ロッカールーム。色んなアイテムが、入ってます(*^-^*)

開けてもアイテムを取らなければOK。
中身は必要な時に回収できます。

鍵は、フィールド内にあるマリア像を壊すとゲット。
タダでは、開かないロッカーだ(;´Д`)

f:id:bio-re-love:20170912152246j:plain
意味深なセリフ。
たぶん、これはSTEMの事を意味していると、私は解釈。

入院患者は大勢=被験者・犠牲者大勢
誰も退院しない=誰も生きて帰れない
と、こっそり教えてくれるタチアナさん。

セバスチャンにだけ、ヒントをくれるお部屋なのです。
やっぱり、マイラがそうさせてるんだって(完全な妄想)

f:id:bio-re-love:20170913102741j:plain
この時の彼女の頬と白衣には、がついているΣ(゚Д゚)
しかも、お尻には手形の血痕が!
一体何が!?

f:id:bio-re-love:20170912152300j:plain
タチアナについていこうとすると、ドアが自然と開くΣ(・口・)
不審な声が聞こえる。何か、ひどい事があったのか?

部屋のなかは、延々と続く

f:id:bio-re-love:20170912152312j:plain
波動が波打つ。
その中心に、何かが見えてきた。
「大丈夫...」と震え呟く、聞き覚えのある声。

f:id:bio-re-love:20170912152321j:plain
レスリー?
レスリー、こんなところにいたのね(っ・ω・)っ

突然、震えが止まって、
彼が振り返ろうとした...その時!

f:id:bio-re-love:20170912152334j:plain
いつものタチアナの部屋に戻ってる(笑)

え?いつの間に、移動したのか?

何かを伝えようとしていた、レスリー。
気になる~~~(°∀°)

あの波動は、場面転換や、レスリーにルヴィクが近づいた時、
レスリーがシンクロする際に起きてます。

たぶん今現在、ルヴィクがレスリーに接触を図っていたと思われるが…。
落ち着きがないのが、彼らしさなので。
突然止まり、落ち着き払った彼は様子がおかしい |д゚)

マルセロの弟

f:id:bio-re-love:20170912152346j:plain
タチアナルームから、外へ出るとレスリーの声が!
「助けて」と叫び、小屋に入って行きました。

「クソガキが…!」って、意訳されてますね。セバスチャン、イラついてます(笑)
変な医者と患者に振り回されて、仕方がない。

英語では「アイツ、どこか悪いのか?」って言ってます。
誰もいないのに、”助けて!”と叫んで、不可解な行動してるから(;´・ω・)
英語のニュアンスは、心配してる感じです。

私は、こっちが好きかな。
優しいセバスが好き(^^)

f:id:bio-re-love:20170912152405j:plain
診療所は、ここか。

このまま、レスリーを追いかけてもいいけど、せっかくなので、
マルセロの弟に会おう。

弟の診療所は、行かなければカットできる。
弾薬を節約したいとか、難易度:悪夢などで、戦わなくていいので便利。

ストーリーとしては、見てほしいイベントだね。
じゃぁ、会いに行くぞ!ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

f:id:bio-re-love:20170912152452j:plain
1階の奥、明らかに怪しい
ホスピスらしいので、1階は診察室でしょう。
探索する時は、2階からだね(笑)

f:id:bio-re-love:20170912152419j:plain
この世界での回復薬

注射器に、一体何が入っているのか不明。
いわゆる夢の中なので、実際に体内に入れているわけではないけど。
青と緑色が、なんとも体に悪そう(笑)

f:id:bio-re-love:20170912152436j:plain
回復薬、貴重なので
この引き出しは、チェックするべし!

f:id:bio-re-love:20170912152505j:plain
1階の奥に行くと、ボロボロに荒れてる。
変な声が聞こえてきます(笑)日本語訳が面白すぎ(´∀`*)

f:id:bio-re-love:20170912152524j:plain
あのセリフと、動きで、セバスチャンも様子がおかしい。と気づいたようです。
弟も変なヤツだった(・д・)チッ

f:id:bio-re-love:20170912152538j:plain
そんなセバスチャンを差し置き、堂々とした態度で近づくマルセロ。
まぁ、弟だし、久々の再会だろうか?

颯爽と歩くマルセロが、カッコイイかも(^^)

f:id:bio-re-love:20170912152559j:plain
弟を紹介してくれるようですが…やっぱり様子がおかしい(笑)
兄ちゃんも気づいたようだ。

「何をしてるのか?」と尋ねると、いつものアレです。

f:id:bio-re-love:20170912152624j:plain
f:id:bio-re-love:20170912152640j:plain

振り向きゾンビ!
ヽ(゚ロ゚; )ギャアア!!ΞΞ\(  )/ΞΞギャアア!!( ;゚ロ゚)/

バレリオ、序盤にしては丈夫な印象。
弾薬が減っちゃうんだけど、普通の敵と同じレベルの強さで、ボス系ではない(笑)

バレリオを倒すと、いつものように、
突然!不快な音に悩まされる
キーンと嫌な音が響きますщ(゚ロ゚щ)

f:id:bio-re-love:20170912152653j:plain
頭痛そうです。

世界(空間)も波打ち、地面も揺れる。
こういう時は、ルヴィクが、なにか空間に接触を図ってる証拠ですね。

すると、バレリオの過去が、目の前に現れる。
STEM界は記憶で形成されています。

f:id:bio-re-love:20170912152705j:plain
f:id:bio-re-love:20170912215205j:plain

ゴア表現の有無、左がなしで、右があり。

このシーンぐらいでしょうか、ゴアの違いが分かるのは。
遺体が見えてるか、遺体袋のままか。
普通.verでも、戦闘シーンは結構グロしてると思います。

ちなみに、ゴア表現解除コードは、サイコブレイクの予約特典でした(^^)

f:id:bio-re-love:20170912152719j:plain
正常時のバレリオ。
でも、若干イカれた感じの表情だ(笑)
解剖して楽しんでます。声をあげて笑ってます(;・∀・)
もともと危なかったんだねΣ(゚д゚lll)

f:id:bio-re-love:20170912152730j:plain
ここの湖畔のバラバラ遺体は、バレリオの仕業なのかな?
私はルヴィクに提供していたと思っていたんだけど...。

かゆいのは、ルヴィクのせいみたいです。

f:id:bio-re-love:20170912152745j:plain
消えました...。

今現在、STEM界に存在している人間は、
セバス、ジョセフ、キッド、オスカー、マルセロ、レスリーの6名だけ。

他の人物たちは、記憶の産物・残像という事になります。
しかし、リアルに感じるこの世界。怖すぎる。

バレリオもホーンテッド、と言っていいみたい。
わずかな自我が、生前の姿を保っているようだよ。

f:id:bio-re-love:20170912152804j:plain
弟への仕打ちが、ルヴィクの仕業だと、
感ずいてるけど、何度見ても信じられないような発言だね。

f:id:bio-re-love:20170912152950j:plain
他にも、こんな感じでゴーストがいます。
現実のこの村の人達は、怯えていたようです。

手記にも、”毎晩、誰かの悲鳴が聞こえる”と綴っており、次々と喰われている内容。
きっと、バレリオ達が喰っていたに違いありません('д'|l!)
たぶん...。

レスリーを保護

さて、レスリーでも探しますか(笑)
彼が隠れた家を探します。

f:id:bio-re-love:20170912153126j:plain
地下があるみたい。
ホラー=地下は、危険な場所でしかないよね(;・∀・)

f:id:bio-re-love:20170912153012j:plain
赤い部屋が見えます。
写真暗室(現像室)でしょうか?

ホスピスに、現像室なんている?
怪しすぎる(◎_◎;)

f:id:bio-re-love:20170912153158j:plain
部屋のなかには、レスリーがいました。
怯えて、取り乱してて、マルセロが落ち着かせます。

マルセロ、扱いに慣れてないな(;^ω^)
余計に暴れてるんだが(笑)

すると…。

f:id:bio-re-love:20170912153212j:plain
入口が、勝手に開きました。
ドアが開く前から、気配を感じたセバスチャン。
ちょっと優秀すぎるわね。カッコイイな!

しかし、なにも見えない…。

f:id:bio-re-love:20170912153230j:plain
目を凝らせば、微かに輪郭が浮かび上がる
撃つべし!
目に見えない敵です。

三上さんの
インビジブルモードですよ(笑)

敵が見えないという、厄介な!!
これはモードでなく、ちゃんとした仕様です。

f:id:bio-re-love:20170912153247j:plain
ほら、怖いのいました(笑)
消えるタイプのホーンテッド。
精神患者だね。
消えてるけど、物が動いたり、よく見ると見えるので焦らずに戦えば
問題ない敵…だと思う(`・ω・´)ゞ

見えないのは、基本的に怖いけどね(笑)

f:id:bio-re-love:20170912153302j:plain
ここのレスリーの歩き方が、可愛いのなんのって(*‘ω‘ *)
守ってあげたくなっちゃいます。
私だけ?(笑)

f:id:bio-re-love:20170912153320j:plain
なんかこの写真、セバスチャンっぽい。
服とか、服とか(笑)
でも、アップで見ると髪型が違った、お団子がついてる。ロン毛だな。
気になるけど、セバスの素材使い回しかもしれないし。

細かい所も凝っているので、見ちゃいますね。

歯の写真とか、眼を×にしてる写真とかもあった。
誰がこんな写真を…。

壊れる世界

f:id:bio-re-love:20170912153337j:plain
引き返そうとすると、階段が消えて戻れなくなっている。

マルセロは、実験で色々と被験者の過程を見てるから、最初は安定しているけど、
徐々に脳波異常を起こしていくの理解している。
これが、STEMの中での狂いだと、わかったようですね。 

f:id:bio-re-love:20170912153351j:plain
でました。レスリーの繰り返し(笑)
必殺!オウム返し!
延々と続きます。

でも、これは仕方のないことなんです。
発達障害の子は、オウム返しをしてしまうそうなんです。
わざとじゃないから、許してあげて

彼なりに、伝えたいことがあるんだと思います。

ここではルヴィクが来た!と教えてくれている。
んだと思うよ(`・ω・´)ゞ

f:id:bio-re-love:20170912153407j:plain
ルヴィクと2度目の再開。

マルセロにとって、ルヴィクは、かわいい弟子のような存在。
しかし、権力と栄光に目が眩んだマルセロは、天才の彼を利用した。

自責の念を、少しは感じていたようだし、面目なくて、あわせる顔もないはずだ。

f:id:bio-re-love:20170912153425j:plain
カッコイイ(*‘ω‘ *)

ルヴィク、死亡時のままの姿って事は37歳。
セバスチャンの1つ下でしょ。見た目、若いと思う。って、話が逸れた(;´・ω・)
私のキャラ萌え話じゃなかった。

f:id:bio-re-love:20170912153438j:plain
ここでようやく、マルセロは、
本当にSTEM界にルヴィクがいた、と確信したようです(´・ω・`)

セバスチャン&プレイヤーは、誰?
何者?な状態だけどね(笑)

f:id:bio-re-love:20170912153456j:plain
逃げられないと、うずくまるレスリー。
泣きだすんじゃないか、と思うくらいの
パニック状態です。セバスチャンも焦るよ!(;´Д`)

とりあえず、怪しいアイツを追いかける!
ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ
マルセロは、”追うんじゃない”と引き留めるが…。

f:id:bio-re-love:20170912153516j:plain
時すでに遅し。
バラバラに世界を分けられてしまった('д'|l!)

進めば進むほど、道が伸びていく…。
ドアにたどり着けない。

f:id:bio-re-love:20170912153537j:plain
波動が響き渡る、世界が変動している。
時空が歪むかのような、そんな感じです。

ルヴィクが、セバスチャンを別の場所に飛ばそうとしています。

何が起きたのか、あたりを見回すうちに…
奥から何かくる!!

f:id:bio-re-love:20170912153551j:plain
血の海!
呑込まれてしまった…。

後編に続く…

結構長くなったので、前後編に分けました。
続きは、こちら↓

Ch.4「The Patient」後編

biolove.hatenablog.com

© 2014 ZeniMax Media Inc.
All other trademarks or trade names are the property of their respective owners.All Rights Reserved.

Developed by Tango Gameworks