crazy about video game

遊んだゲームの感想・考察などのまとめ中心の備忘録。考察を好きに書いてます。

MENU

【サイコブレイク2】 ストーリー考察 ネタバレ チャプター4 秘密の通り道~市庁舎へ プレイ日記7

サイコブレイク2 プレイ日記vol.7★chapter.4

f:id:bio-re-love:20171031143716j:plain
ストーリーメインの考察プレイ日記なので、ネタバレを含みます。
あくまでも個人的感想&解釈になります。
※一部グロ要素もある場合がございますので、ご注意ください!

前回までは...

biolove.hatenablog.com

Chapter.4 舞台の向こう側

f:id:bio-re-love:20171031152707j:plain
いろいろオニールに聞きます。コミュニケーションだ(*'▽')

会話でわかった事

・STEMに繋がれる前に検査があるらしい。
 そして、異常者は入れない

・市庁舎に安定化装置があり、
 一時的に一定区域を安定化できる機械だとか。

・オニールは同行を拒否。
 セーフルームからは断固として動かない。

STEMに異常者は入れないんだって。
ごめん、ちゃんと実施してた(笑)
精神異常者はNGなのは、ルヴィクで懲り懲りですよね。
じゃぁ、なぜあのサイコパスが…?

謎が増えました(・ω・)

市庁舎に、ハリソン達が安定化装置を設置しに行ったようだ。
それを狙っているのかもしれない。
探索チームのマイルズ・ハリソンだね。
ハードウェアサポート役ってあったし、まだ生きているのかもしれない!

何が何でもオニールは、このセーフハウスからは絶対に出ないそうだ。
「俺はこういう人間なんだ」っていうオニールに『あぁ、気づいてたよ』って
答えるセバスチャン...(笑)ケンカしないようにね。
同じ眼鏡でも、あの相棒とは違うんだ!

ミニゲーム:射撃ルーム登場!

f:id:bio-re-love:20171031143852j:plain
セバスチャンルームに行くと、新しい扉が出現!
中に入ってみる(´っ・ω・)っ

f:id:bio-re-love:20171031143902j:plain
「腕試しはいかが?」と、タティアナ。
いつもより楽しそうだ(笑)

ちょっと、この時の二人はテンションがおかしい!(* ´艸`)

f:id:bio-re-love:20171031143913j:plain
バイオ4のような射撃ゲームが楽しめる。
これはファンサービスですね?╰(*´︶`*)╯

初級~上級までコースがあり、スコア次第で景品がもらえる仕組み。
スコア景品がもらえるのは1度だけ。同じスコアでも毎回貰えるわけではない。

射撃モードチェインモード2種類を遊べる部屋だ。
ここだけでも楽しい(*'▽')
懐かしのキャラが動き回っていますよ!

過去のしがらみと対峙 #2

f:id:bio-re-love:20171031143934j:plain
シダー通り336近くで、信号を受信!

”何かが来る!”と女性がパニックを起こしている声。
ちょっと電波を拾ったし、寄り道します。
また民家だ(;´・ω・)

f:id:bio-re-love:20171031143946j:plain
机の上には日記が...文面から怯えた様子が伺えます。
さっきの電波は、この日記の持ち主みたいだ。

見えないけど家の中に何かがいる(;´・ω・)
外には「あれ」って、ロストの事だね。何かが来ると冷気を感じるらしい…。

ゴースト!!щ(゚ロ゚щ)

f:id:bio-re-love:20171031143955j:plain
怪奇現象!!

幽霊がいるの?亡霊が...何の亡霊なんだ?
あぁ、何だか寒くなってきた(;´・ω・)
女の声が...月の光を口ずさむ声が...聞こえる!

f:id:bio-re-love:20171031144004j:plain
でたぁぁぁぁぁ!!
щ(゚ロ゚щ)

このシルエット最高ですね(*'▽')
ワクワクしちゃう!(笑)

この子、ラウラなんじゃ?トラウマをセバスチャンが具現化したんじゃ?とか
思ったんだけど、月の光も歌ってるし...違うか(;´・ω・)

そのハミングが、コントローラーのスピーカーから聞こえくる。
これ、凄くいい!!
スピーカーから聞こえると臨場感増す。

f:id:bio-re-love:20171031144044j:plain
突然、ビーコンへと引き込まれる。

彼女との隠れんぼ開始です!
面白い、こーゆうの好き(*'▽')

ドアをすり抜けて、セバスチャンを探しています。

閉鎖病棟カードキーをゲット★
懐かしい代物だな(笑)これで逃げれる!
ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

f:id:bio-re-love:20171031144023j:plain
ドアのロック解除後、廊下に出ると過去の記憶がフラッシュバック!

走馬灯のようにサイコブレイク1の映像が...。
1でもあった各シーンが、ばぁーっと流れるやつね。

f:id:bio-re-love:20171031144033j:plain
気がつけば...日記を片手に元の民家に戻ってる!
何だったのかな?こわ~~(; ・`д・´)

机に光るものが!フィルム3枚目だッ!

フィルムの中身

f:id:bio-re-love:20171031144725j:plain
自宅火災の新聞記事。

セバスチャンは、リリーが生きている奇跡に、まだ実感が湧かないようだ。
そりゃそうだ!(;´Д`)

なぜ?STEMのコアとして、リリーを選んだのか?
あいまいに答えるキッドマン。
リリーの誘拐を「理由もなく起きてしまう事件もある」と告げるが...
『そうは思わない』と、セバスチャンは疑念を隠せない様子だった。

北の拠点~脊髄へ

f:id:bio-re-love:20171031144107j:plain
って、また寄り道をしてしまった(;´・ω・)
先を急ごう!!北の拠点であるセーフハウス前には、敵がうじゃうじゃ

この敵は、大きな悲鳴で仲間を呼ぶ。
しかも、その声を聞くとスタミナがゼロにΣ(゚д゚lll)

こっそりと敵をかわして、セーフルームに入ります。

f:id:bio-re-love:20171031144116j:plain
セーフルームで、キッドマンに連絡。

オニールの事、世界が崩壊している事、
この世界はビーコン以上にヤバイ事、リリーがサイコ野郎に捕まった事!
そして、キッドマンが教えてくれなかった「脊髄」とやらを使う事(笑)

セバスチャンは、まだキッドマンを信用してないし、怒ってます。
まだ隠している事があるのか?!って感じですね(笑)

★妄想タイム★
絶対、キッドマンはセバスチャンが好きだよね?
急になんだ?!って話だけど(笑)
1の時から思っていたけど、彼に好意を抱いてるのは分かる。
キッドマンは、セバスチャンの信頼が欲しいのかもね(´・ω・`)

ふたりのやり取りが面白い(*ノωノ)
★妄想終了★

話は逸れたけど、サイコ野郎を調べるためにセバスチャンは情報を提供。
約180cm、黒髪、芸術家気取りとみたようだ(笑)
「そんな情報じゃ、わからないわよ」
って、確かに(* ´艸`)

キッドの言い分は無視して『新しい情報を頼む』と、通信機を切ったセバスチャン。

今回のセバスチャン、結構強引だ!

f:id:bio-re-love:20171031144127j:plain
脊髄のPCにアクセス。
運用課へ、レッツゴー!ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ
B2出口に行けばいい”と言っていましたね。

f:id:bio-re-love:20171031144214j:plain
到着!デジタル世界は便利だね(*'▽')

パワーアンドガス出口18Cって書いてる。
北拠点は、ガス・電力エリアだったのか。

ユニオンの設計

f:id:bio-re-love:20171031144255j:plain
秘密の抜け道「脊髄」の空間を探索!
メビウスの管理室みたいな部屋があった。
何かないかなぁ~キョロ(`Д´*)三(*`Д´)キョロ

f:id:bio-re-love:20171031144145j:plain
PCには、メールが表示されたままになっている。

内容によると、人員補充計画が順調に進んでいるようですね。
勧誘で惑わせ集めたユニオン住人達。

リリーみたいにカプセルに入って、ユニオンに住んでいるんですね(;´Д`)

セバスチャン達みたいにバスタブで、入るわけではないようだ。
STEM機械のバスタブは、メビウスと連絡取れる方法なのかも。
あれはメンテ用なのかもね。

じゃぁ、どこかに住人用のカプセルが、
たくさん保管された場所があると想像できる(;´・ω・)
どうなんだろうか?後に分かるかな?

f:id:bio-re-love:20171031144306j:plain
人口が増えたことでマップ拡張...を練っていたようだ。

例えばだけど、VRの世界に住んでみたい?
そういう事だよね。頭しか生きてないなんて、嫌だな私は...リアルを生きたいね。
VRはゲームで十分だ(´・ω・`)

f:id:bio-re-love:20171031144320j:plain
『彼らはまだ、ユニオンの一部を設計していたようだな...』と一言。

大きなユニオンのマップと、ユニオンマークなどをデザインしていたメモが
たくさん貼られています。決定案は、あのユニオンマークだ。

ここは設計などのプログラマーとかが、働いていたのかも?

敵襲撃!

f:id:bio-re-love:20171031144431j:plain
先に進めば、緊急封鎖中の扉が!
周波を合わせてロックを解除!

f:id:bio-re-love:20171031144451j:plain
ロックを解除できたのはいいけど...
アラームが...敵が寄ってきた!
щ(゚ロ゚щ)

そして、システム再起動するために、扉はすぐには開かない
しかも、緊急封鎖エリアまでも解除されて...もっと敵が(ll゚◇゚ll)
いやぁ~~~!!早く再起動して~!

ロストが10体以上とあのナイフ持ちの女。
全部倒した...逃げ回るのもいいけどね。怖いからやっつけたよ。

先へ進むよ…!≡≡≡ヘ(* ゚-)ノ

f:id:bio-re-love:20171031144508j:plain
トンネル中央のようだけど、下水でしょうか?
どぼどぼした汚水が溜まっている。
凄い臭いがするらしい。もうガスマスクつけようよ(笑)

f:id:bio-re-love:20171031144528j:plain
ガス漏れ前にきました。ドアの隙間からガスが漏れています。
中はすごい充満しているのがわかる(-_-;)

ガスマスクをつける姿が、カッコイイ。
セクシーだね、セバスチャン╰(*´︶`*)╯

f:id:bio-re-love:20171031144545j:plain
ガスマスクをつけるとFPS画面に。
まさかの一人称視点。いろんな要素盛りだくさんだね。
こっそり、覗きながら進んで行きます。

f:id:bio-re-love:20171031144605j:plain
行き先のドアには、電子ロック。

誰だ!!鍵したの...(゚Д゚;)
廃線を辿って電源を入れに行くことに。

敵は少ないんだけど...わめき散らして、仲間を呼ぶ敵がいるんだよね(; ・`д・´)
ドキドキした...見つからないように、走ったり隠れたり。
タイミングが、大事だね('ω')ノ

ここを抜ければ綺麗な空気にε-(´∀`*)ホッ
マスクも臭かったようです、新品なのにね(笑)
じゃぁ、辺りを探索!

f:id:bio-re-love:20171031144623j:plain
全ての工作員宛てのメールが、PCに残されています。
なるほど...(゚Д゚;)
STEM界の構造が明らかになってきた。

ワイヤレスSTEMを起動するには、200万エクサバイト必要
住人1人あたりの容量を100エクサバイト増やしており、住人が増えたことで
ワイヤレス(無線)STEMが起動できる200万エクサバイトに近づいてきたようだ。

それに伴い、近い将来STEMカプセルを廃止する予定で、ワイヤレスSTEMの起動
フェーズ2計画」が始動しようとしていたようだ。

メビウス職員は脳チップによってワイヤレス信号の影響を受けない
守ってくれる機能かぁ(;´・ω・)ズルイ

世界中にあるSTEMの通信機から、
ワイヤレス信号を出し、全人類をSTEM接続する予定だった...。

という事だ。こわ~~(;´・ω・)
全人類支配の目標間近まできてる…。

知らないうちに、勝手にSTEM界に入れられちゃうなんて最悪だ!
阻止しなくては!щ(゚ロ゚щ)
メビウスを阻止しなくては!!
これ以上、野放しにはできないよ。

その前に、今回はリリーが大事d(´∀`*)ネッ!

f:id:bio-re-love:20171031144639j:plain
B2出口~キョロ(`Д´*)三(*`Д´)キョロ
あの文字はB2!見つけた!

f:id:bio-re-love:20171031144651j:plain
市役所行き出口B2、って書いてある。
このパソコンだね(´・ω・`)

f:id:bio-re-love:20171031202410j:plain
脊髄を出て外へ。市庁舎が見えた!

待ってろ~!リリー!
パパが助けに行くぞ~!ε≡≡ヘ(* ̄0 ̄)ノ

つづく...

プレイ日記 その8

biolove.hatenablog.com

© 2017 2017 Bethesda Softworks LLC, a ZeniMax Media company. The Evil Within, PsychoBreak, Tango, Tango Gameworks, Bethesda, Bethesda Softworks, ZeniMax and related logos are registered trademarks or trademarks of ZeniMax Media Inc. in the U.S. and/or other countries. All Rights Reserved. All other trademarks or trade names are the property of their respective owners. All Rights Reserved.