crazy about video game

遊んだゲームの感想・考察などのまとめ中心の備忘録。考察を好きに書いてます。

MENU

【サイコブレイク】ストーリー考察&プレイ日記★ネタバレ★PSYCHOBREAK★Ch.14「Ulterior Motives」

Chapter.14 魂胆

f:id:bio-re-love:20170721144419j:plain
セバスチャンは、街の地下で、地下鉄の構内を通って精神病院に向かう。

完全ネタバレ!未プレイの方はご注意ください!
あくまでも個人的感想&解釈によるプレイ日記です。
ED・DLC内容の解釈を含んでいます。
「」の台詞は私訳です。

地下鉄

 f:id:bio-re-love:20171008155427j:plain
目覚めた場所は、地下鉄の構内。

「ジョセフ...生きててくれ...」

セバスチャンも辛そう(ノД`)・゜・。
私も、ジョセフが撃たれたの、ショックだったよぉ。

無事を祈って、駅構内を探索。

f:id:bio-re-love:20171008155438j:plain
f:id:bio-re-love:20171008155455j:plain

タティアナに会いに行く。

 「グリーンジェルを使ったら、どう?」

最終決戦に向けてのレベルアップだね。
タティアナさんが、言うんだから間違いない(笑)

ヾ(*●Д●)ノ゙みなぎるゥゥゥぅ!

f:id:bio-re-love:20171008155523j:plain
レベルアップして元気になった(笑)
どんどん進むぞ~(*‘ω‘ *)

駅が、リアルでカッコイイ!!

f:id:bio-re-love:20171008155535j:plain
あ...Σ(゚Д゚)
ルヴィ…じゃないほう!!...偽物

この子は、見つかるとヤバイから、サクッと倒しちゃわないと...。

f:id:bio-re-love:20171008155557j:plain
f:id:bio-re-love:20171008155605j:plain

トラップを解除するけど、このルーレット。コツが…よくわかんない(笑)
なんとか成功したけどε-(´∀`*)ホッ

遠くから撃って爆発させた方が、楽かもしれない(゚Д゚;)

f:id:bio-re-love:20171008155635j:plain
よいしょ~~~いぃ!!
シャッターを上げて(笑)

ポスターが面白い、細かい所までオシャレです。
見てみたくなる映画ポスターね★

f:id:bio-re-love:20171008155647j:plain
うわぁ~~、敵がたくさんいます。
車両から、ライフルで狙い撃ち!!

これが一番、いい方法だと思う(´・ω・`)

f:id:bio-re-love:20171008155658j:plain
トラバサミが...!
思わず踏みそうな場所に(笑)
適切な設置だな、解除、解除(´っ・ω・)っ

f:id:bio-re-love:20171008155706j:plain
敵も、アガニクロスボウを使う(^^;)
爆弾付きだ。撃って爆発させるよ!

ここはトラップが多いなぁ~。

f:id:bio-re-love:20171008155719j:plain
電車が、たくさん転がってる。
行き先の車両は、どこにあるんだろうね(;゚Д゚)

f:id:bio-re-love:20171008155728j:plain
見渡せる場所がありました。

もう少し、上の方だね。おぉ、綺麗に向こうに渡ってる。
吊り橋みたいに揺れそう(; ・`д・´)

行ってみよう!≡≡≡ヘ(* ゚-)ノ

f:id:bio-re-love:20171008155830j:plain
f:id:bio-re-love:20171008155842j:plain

なんか、変な粘液が…行く手を阻みます。
マッチで燃やせる(*‘ω‘ *)
この世界のマッチって、有能だよね~★

f:id:bio-re-love:20171008155858j:plain
地下鉄を越えた、ボイラー室みたいな所は、私の苦手とするオルタエゴが、
うじゃうじゃなんだけど( ̄ロ ̄lll)
何度、遊んでも嫌だな(笑)

f:id:bio-re-love:20171008155911j:plain
生きた?壁が、道を塞いでて、
レバーを引けば、ビリビリ電気で攻撃してくれて、通れるようになる。

こういうのの繰り返し。
何かの粘液だらけだよ、エイリアンを思い出したΣ(゚Д゚)

タティアナの部屋への扉がある。
....((((((ノ゚⊿゚)ノ 癒されに行こうっと(笑)

f:id:bio-re-love:20171008155925j:plain
f:id:bio-re-love:20171008155943j:plain

「何か、忘れてしまいました?」

と言いながら、自分のポスターを貼るタティアナ。
...あなたが忘れているんじゃ?(・_・;)

これも、もしかして、ヒントをくれているのかな?
『”行方不明?” 彼女は、ここに...』

行方不明ポスターを手に取ると、誰もいなくなりました('д'|l!)

…タティアナ。これが最後の話なのかな?(〒д〒)
いろいろお世話になりました。ありがとう、タティアナ。

巣窟

f:id:bio-re-love:20171008155956j:plain
下水っぽいとこなんだけど、触手に捕まるオルタエゴ(笑)
よかった、戦わなくてすんだ( ー`дー´)キリッ

そして...なんか...いるね(;゚Д゚)

f:id:bio-re-love:20171008160007j:plain
ヒューズを取ると電気が止まり、先へ進めるように。
取るという事は、今後使う予定があるという事だね( ̄ー ̄)ニヤリ

進める所まで、どんどん進んでいきます。
オルタエゴばっかで、嫌になっちゃう。

もう一個、ヒューズゲット★

f:id:bio-re-love:20171008160019j:plain
f:id:bio-re-love:20171008160030j:plain

足を何者かにすくわれた...。
この触手…('д'|l!)
捕まってしまった!
落ち着いて撃つ!ヘッドショットが、基本よね。
(-_-)┳ ----------*)゚ロ゚)

f:id:bio-re-love:20171008160058j:plain
ここは、ヤツの巣のようです(笑)
お邪魔します、ペコリ(o_ _)o

ベトベトした感じが、よく出てますね。

f:id:bio-re-love:20171008160118j:plain
ヒューズが、使えそうな配電盤。
3つをはめ込んで、近くにある発電機を動かす!!

f:id:bio-re-love:20171008160133j:plain
f:id:bio-re-love:20171008160143j:plain

グググググッ...連打ボタン!!

頑張って、連打連打!!と、集中してると、なにか動いたΣ(゚Д゚)
ひっ!Σ( ̄ε ̄;|||・・・

やつがいる、壁に変態してた。形態を変える変態ね(笑)

タコのような、イカのような....軟体系クリーチャー。
これは、戦うしかないようですね(・д・)チッ

f:id:bio-re-love:20171008160156j:plain
この子は「クゥエル
4.3m、330kg
他人から見られたくない...
と、いうルヴィクの自意識が生んだクリーチャー。
体表の色を周囲に合わせ変化させ、無警戒の相手を長い触手で捕らえて殺す。

怖ーい生き物ですね(゚Д゚;)
見られたくない自意識...。だから、同化して消えることができるんだろうね。
火傷の痕は、相当悩んだと思うよ。
気になるお年頃だっただろうし、大人になっても元には戻らないし
...なんか切ないな(つд⊂)ウッ…ウッ

f:id:bio-re-love:20171009210026j:plain
クゥエルを倒すと赤い粒子が、エレベーターへと消えていきます。
ルヴィク...、ルヴィク

ルヴィクの警告

f:id:bio-re-love:20171008160213j:plain
エレベーターに乗って、上の階に行けば、
ありました★
かけ橋となる車両が!(((o(*゚▽゚*)o)))
渡れそう、早く病院へ行かないと!

f:id:bio-re-love:20171008160228j:plain
f:id:bio-re-love:20171008160240j:plain
f:id:bio-re-love:20171008160252j:plain

車両の中を通って行きます。
すると、「YOU」「WILL」「SUFFER」
1単語づつ書かれた鉄骨が、車両に突き刺さる!!(;゚Д゚)

「苦痛を味わえ」

Willは「100%~するぞ!」っていう、強い意志を表す言葉。
ここから先へ行くなら、後悔させてやる
痛い目にあわせてやる!ってことですねΣ( ̄ε ̄;|||・・・

f:id:bio-re-love:20171008160320j:plain
警告して去っていく、ルヴィク。
空間のゆがみの中に消えていきました。

すると、電車が崩れ落ちていきます。
待って?かけ橋の下は、奈落。って事は、落ちる?!Σ( ̄ε ̄;|||・・・

f:id:bio-re-love:20171008160333j:plain
f:id:bio-re-love:20171008160353j:plain

いやぁ~~~~~っ!!
思いっ切り走って、ジャンプ!!
ワープしたΣ(・ω・ノ)ノ ここの演出カッコイイから(*^-^*)

ここは?病院っぽい、研究所っぽい?
冷たい雰囲気のある廊下だ。

魂胆

f:id:bio-re-love:20171008160430j:plain
扉の先に、なにが待っているのか?
見えてきたのはSTEM装置

そして、過去の記憶。ルベンとマルセロが口論しています。

f:id:bio-re-love:20171008160444j:plain
「僕の研究を、また自分の名前で発表したな。バレないとでも思ったのか?」

「君にとっても有益になっただろう」
「君は実績もない。そうでもしなければ、一流の学術誌に発表すらできない。
世界には、誰も君の存在を知っている人はいないのだよ」

f:id:bio-re-love:20171008160458j:plain
「あぁ。だが、知ることになる。
僕は、あらゆる面で、あなたを越えてしまった。
まぁいい、大したことじゃない。
必要なものはある。あとは手順を踏むだけだ」
 

f:id:bio-re-love:20171008160508j:plain
f:id:bio-re-love:20171008160524j:plain

「確かに、だから我々がここに来たのだ」

「”我々”?」

「許さないぞ!僕なしでは完成しない!」

「そのとおり!」

黒服(メビウス)の人達に連れて行かれたルベン。

ルベンがとなり、起動しなくなったSTEM装置。
直すように言っても、頑なに戻さないルベンに痺れを切らして
メビウスは、強行突破したようだ。

f:id:bio-re-love:20171008160545j:plain
「同情でも、して欲しいのか?」

過去を見せられたセバスチャン。
優しい彼なら、同情してると思うけど…

辛いけども、やっていい事と悪い事があるんだよ、ルヴィク君(〒д〒)

私は、ずっと同情しっぱなしだよ(´;ω;`)ウッ…

f:id:bio-re-love:20171008160558j:plain
セバスチャンの言葉に反応したのか?
STEMの核、ホスト部分が光り出す!!

バスタブに繋がれた被験者が、襲ってくる。前と同じか(; ・`д・´)

f:id:bio-re-love:20171009195805j:plain
彼らの接続部分を引っこ抜く。
すると、STEMは大きな音と光を放ち、暴発!

f:id:bio-re-love:20171008160621j:plain
デジャブだ!全く同じ!!
吹き飛ばされるセバスチャン。

数々のフラッシュバック
これはルヴィクが見せているのかな?

f:id:bio-re-love:20171008160638j:plain
f:id:bio-re-love:20171008160653j:plain
f:id:bio-re-love:20171008160712j:plain
f:id:bio-re-love:20171008160728j:plain

今までの場所、これからの場所。
あっ、キッドマンがいる(; ・`д・´)

To be continued…

f:id:bio-re-love:20171008160753j:plain
いつだって、ルヴィク...かわいそう。
ツイてないというか...。
いいように使われて、本来はピュアな子なんだよ、邪悪な心持ってるけど...。
邪悪にしたのは、彼らのような気がするけどねΣ( ̄ε ̄;|||・・・

次回最終チャプター。結末はいかに?

 

以上、サイコブレイクCh.14「魂胆」考察プレイ日記でした。

© 2014 ZeniMax Media Inc.
All other trademarks or trade names are the property of their respective owners.All Rights Reserved.

Developed by Tango Gameworks