crazy about video game

遊んだゲームの感想・考察などのまとめ中心の備忘録。考察を好きに書いてます。

MENU

【サイコブレイク】ストーリー考察&プレイ日記★ネタバレ★PSYCHOBREAK★Ch.12「The Ride」

Chapter.12 乗車

f:id:bio-re-love:20170721144309j:plain
仲間と合流したセバスチャンは、精神病院を目指してバスを走らせる。

完全ネタバレ!未プレイの方はご注意ください!
あくまでも個人的感想&解釈によるプレイ日記です。
ED・DLC内容の解釈を含んでいます。
「」の台詞は私訳です。

メンバー合流

ジョセフを見つけたセバスチャン。
相棒が無事そうで、ホッとしてる(´・ω・`)

『どうやって、ここへ?』

「大変でした...」

ボロボロだったジョセフ。
どうにか立ち上がり、ここまできたようですね。

f:id:bio-re-love:20171007132829j:plain
f:id:bio-re-love:20171007132903j:plain

「少なくとも今は...もうありません...その...発作は」

ジョセフは、ルヴィクにとって、もう利用価値は終わったので解放されたみたい。
STEMとしての支配は影響あるけど、
ルヴィクの接触は、なくなったと思われます。よかった(*^-^*)

『同じセリフを言えたら、よかったんだが…』

今度はセバスチャンが、変化してるんだよね(笑)

f:id:bio-re-love:20171007132916j:plain
Σ( ̄ε ̄;|||・・・

察したジョセフ…言葉もない。

沈黙が漂う...(笑)(〃艸〃)

f:id:bio-re-love:20171007132927j:plain
f:id:bio-re-love:20171007132950j:plain

「そうだ!これを見つけたんです。移動手段になるかもしれません」

空気変えるために、明るく話し出すジョセフ。
ここの間が、面白いんです。

f:id:bio-re-love:20171007132941j:plain
バスを手に入れた★

貸し切りって書いてある(*‘ω‘ *)

f:id:bio-re-love:20171007133021j:plain
f:id:bio-re-love:20171007133033j:plain

『動くのか?』

「確かめる方法は、ひとつです」
車の事になると、楽しそうな男子(笑)

和やかな雰囲気の中に「shit!」と、キッドが駆け込み乗車!
3人が、ようやく揃いましたo(*゚▽゚*)o

このデコボコトリオが、面白くて好きです!
2対1の温度差がたまらない(笑)

f:id:bio-re-love:20171007133046j:plain
傷だらけの手...彼女も色々体験してて...
DLCで明かされる彼女の立場
本編では暴走してるけど、悪い子ではないので、許してあげてね(´・ω・`)

f:id:bio-re-love:20171007133103j:plain
ふたりの和みモードも、消え去りましたよ(´∀`)
いつもの緊迫モードだ!

一体何が?今から、運転を試す予定だったのに。

f:id:bio-re-love:20171007153459j:plain
f:id:bio-re-love:20171007153517j:plain

『どうしたんだ?説明しろキッ...』

エンジンをふかすキッドマン。
バスが揺れます。
このふたりのコケっぷりが、面白すぎる(笑)
キッドに振り回される男たち。

ってやつは…ε- (´ー`*)フッ
作品が違う!けど、三上さん繋がりね。

f:id:bio-re-love:20171007153554j:plain
キッド暴走!
...ではなく、またしても巨大な敵が迫る!
逃げるよ~~~ε=\(;´□`)/

襲撃

f:id:bio-re-love:20171007153619j:plain
この子は「ヘレシー
9.2m、3.8t。どんどん敵が巨大化
STEM装置につながれた被験者が、
自我を失い、他人の意識を取り込みながら凶暴化したクリーチャー。
昆虫のような足を持つ。なんだか蜘蛛っぽいですね(; ・`д・´)

ある程度、ダメージ与えるとお腹から、幼虫を生み出します。
虫系なんだなぁ~~(;´・ω・)

追いかけてくるヘレシーを撒いて、ビルの隙間に逃げ込みました。

f:id:bio-re-love:20171007153650j:plain
しかし!そこも安全ではなかった。
頭上からホーンテッドが襲撃。
...囲まれちゃいました。

ジョセフも撃ってくれるんだけど...
たくさん湧いてくるので頑張ろう(笑)

火炎瓶とかダイナマイトとか、ライフルとか。攻撃力強い敵ばっかりだよ。

f:id:bio-re-love:20171007153717j:plain
f:id:bio-re-love:20171007153732j:plain

ある程度、倒すと...イベント発生。
敵のダイナマイトが、前方のトラックに引火(;゚Д゚)

ドッカーン!

f:id:bio-re-love:20171007153745j:plain
大爆発!
おかげで、前に進むことができるように
バス運転を再開です(*‘ω‘ *)

f:id:bio-re-love:20171007153815j:plain
しかし、背後にはヘレシーが追いかけてきています。
追い込まれた、セバスチャン。

危機一髪!だったんだけど…

f:id:bio-re-love:20171007153830j:plain
高さ制限を越えたの巨体は、トンネルは通れませんでした(笑)
体当たりで、潰れちゃったよ(;゚Д゚)
自滅ってやつね、さようなら、ヘレシー。

ジョセフの理論

なんとか振り切った3人。
とりあえず、バスを走らせて、どこへ向かうか話始めました。

『どこへ向かうんだ、ジョセフ?』

ジョセフに権限があるようですね。
それだけ彼の知能と推論を、普段からジョセフを頼りにしているのがわかります。

「仮説があります」
「私たちは、あちこちに飛ばされている」
「まるで誰かに操られるように

f:id:bio-re-love:20171007153919j:plain 
「だから、今どこにいるのか。位置を把握しにくくなっている」
「だけど、灯台の光は...ビーコン精神病院は、いつも遠くに見えています」
「これは、私が繋がれていた機械です。いろんな場所で見ました」

『あぁ、俺もだ。同じものに思えるが...何とも言えないな』

f:id:bio-re-love:20171007153951j:plain
「気づいたんですが、この装置を見る度に、灯台に近づいているんです」

キッドマンが怪しい(笑)
ジョセフの推測が正しい事に、焦りを感じているようにも見えます。

「偶然かもしれませんが、
さっき言ったように、誰かが、裏で仕組んでいるかのような気がします」

『だから、核心である病院へ向かうべきだって事か』

「はい」

『よくやった』

褒め上手な上司(*‘ω‘ *)
ここ” Nice work, detective. ”って言ってて、
訳しはしないけど、刑事として褒め称えているのが、わかります。
Joseph.じゃない所、ふたりの私情と仕事の切り替えが、面白い。

f:id:bio-re-love:20171007154018j:plain
「右の道が、病院に近いはずですよ」

キッドに道を教えます。
もう、道筋までチェックしてるジョセフ。頼もしいな(*‘ω‘ *)

よーし!病院へ直行だ~★
と張り切るも...

f:id:bio-re-love:20171007154037j:plain
何者かに、撃ち抜かれるジョセフщ(゚ロ゚щ)

ホント、Nooo!!だよ!(笑)

アクシデント

緊急事態発生!!
ジョセフ君が撃たれた…。゚(゚´Д`゚)゚。
誰よ、撃ったヤツ~~~!

『早くここから放れろ!』
怒るセバスチャン。

f:id:bio-re-love:20171007154100j:plain
「あそこに救急車があるわ、なにか止血剤があるかも。...私が行くわ」

これは!?...キッド...逃げる気だなΣ(゚Д゚)
私は、そう思ったんだけど(笑)セバスチャンも、そう思ったんじゃないの。

『いやっ、俺がいく。やつらを絶対に入れるんじゃないぞ』

f:id:bio-re-love:20171007154125j:plain
バスを降り、救急車までが、一苦労。
トラップに敵にと、一筋縄ではいかない。

f:id:bio-re-love:20171007154140j:plain
止血剤をゲット
塗り薬とバンテージのセットかぁ。

ジョセフ、かすっただけならいいんだけど

自分の回復薬もあった(*^-^*)

f:id:bio-re-love:20171007154157j:plain
バスに戻ろうとすれば、マシンガン付きの車で乗りこんできました。
ひぃぃぃ~~(;゚Д゚)面倒な!

f:id:bio-re-love:20171007154215j:plain
隠れながら、ライフルで撃ってる敵を撃ち抜く!!
今、セバスチャンは、怒っているのだ!(笑)

これ以上、怒らせるんじゃないぞ<(`^´)>

f:id:bio-re-love:20171007154232j:plain
敵が湧くので、さっきのマシンガンを横取り。
ワラワラ湧く敵を蹴散らす。

f:id:bio-re-love:20171007154306j:plain
何とか無事バスに戻り、手当てだよ。
胸じゃなくてよかったね(´・ω・`)

脇腹かな?止血剤で、楽になればいいけど…

敵がバスに群がる。ゾンピパニックのようだ(笑)
セバスチャンは、キッドに早く移動する様に指示。

f:id:bio-re-love:20171007154450j:plain
ここからは、バスを運転だよ(*‘ω‘ *)
敵を避けながら運転します。

すると…、あの立ち姿、見たことある。

f:id:bio-re-love:20171007154321j:plain
f:id:bio-re-love:20171007154335j:plain

ルヴィクです。
彼が、また操作してきました。

いいとこどりのルヴィク君。
ここでも、カッコイイですねぇ(/ω\)

f:id:bio-re-love:20171007154355j:plain
バスが浮きます。
片輪走行でルヴィクを避けて進むバス。

f:id:bio-re-love:20171007154421j:plain
ここの笑みが好き( ̄ー ̄)ニヤリ
すっごく楽しそうですね(笑)みんなを弄んで楽しんでるね~遊んでるね(;´Д`)

ルヴィクに翻弄される方は、堪ったもんじゃないんだけどね。

バスは、そのままビルに突っ込んだ。

f:id:bio-re-love:20171007154505j:plain
投げ出されるセバスチャンとジョセフ。
ビルの中だったみたいだね。

f:id:bio-re-love:20171007154516j:plain
ビルを突き破り、止まったバス。
はたして、みんなは無事なのか?

To be continued…

f:id:bio-re-love:20171007154527j:plain
核心を突くいてきたジョセフの理論。
すでに、この世界を皆が理解し始めていますね。
そろそろ終わりが近い?あと、もうちょっと!

 

以上、サイコブレイクCh12.「乗車」考察プレイ日記でした。

© 2014 ZeniMax Media Inc.
All other trademarks or trade names are the property of their respective owners.All Rights Reserved.

Developed by Tango Gameworks