crazy about video game

遊んだゲームの感想・考察などのまとめ中心の備忘録。考察を好きに書いてます。

MENU

【Outlast:whistleblower】★ネタバレ★プレイ日記 vol.8「ウェイロン・パーク」完

whistleblower #8 摘発

今回でED向かえます。whistleblowerの最終プレイ日記です。

完全ネタバレ未プレイの方はご注意ください!
スクショにグロ描写あるので、ご注意ください。

万事休す

f:id:bio-re-love:20170911120706j:plain
出口を目前に捕まってしまった、ウェイロン。

ハズバンドパンチ!
o( ´ ▽`)○☆)゚ロ゚)

いやっー、DVよ。(ノД`)・゜・。
優しくなるって言ったじゃない!(笑)

f:id:bio-re-love:20170911120716j:plain
吹っ飛ぶほどの威力
思い切り殴られました…(゚Д゚)

f:id:bio-re-love:20170911120726j:plain
…ぽたぽた…ぽた。
鼻血(;´・ω・)
血を流すウェイロン。もうボロボロ。
身も心もボロボロよ。

這い上がれるの?

f:id:bio-re-love:20170911120743j:plain
「もう一回です」
「やってみましょう」

('д'|l!)

宣言された!もう一度殴るって(笑)
やめて~~。o( ´ △`)○☆)゚ロ゚)

どんなプレイなんだ、これは!

f:id:bio-re-love:20170911120753j:plain
「貴方は、私を裏切りましたね」

迫力のドアップ!!
すごく怒っているよ。怒ると怖い...

裏切りって...裏切ってないし、殺そうとするのに、逃げない方がおかしいよ。

f:id:bio-re-love:20170911120807j:plain
また殴られるのか、と思いきや
今度は、どーーーん!
突き飛ばされました。

f:id:bio-re-love:20170911120827j:plain
Σ(゚Д゚)ここは!
たくさんの宙づり遺体があった所だ...
まさか…吊るされる?

嫌な予感がしてきた…(((( ゚Д゚))))ブルブル

f:id:bio-re-love:20170911120836j:plain
「みんなとお揃いですよ」

やっぱり!!
首に、ロープ巻かれちゃった(;'∀') 

f:id:bio-re-love:20170911120857j:plain
グイッとね、引き上げていくよ。
力仕事だね。

これは、もうヤバいんじゃないの?

ハニー、お仕置きしないで(゚Д゚;)
...く…苦しい…

f:id:bio-re-love:20170911120912j:plain
グイグイと、高くなっていく。
うっ、浮いた!

誰か、たすけて…!
大ピンチだよ。

「見た目よりも重いですね」

f:id:bio-re-love:20170911120931j:plain
 「もし、これが新婚旅行なら、記念日を思い出したくないですね」

吊られた人が、間近でよく見えます。
みんな陰部が切り取られて…豊胸手術っぽい事までやられてる( ̄ロ ̄lll)

メモにも、”女性を作ろうとしているけど、殺してるだけだ” ってあったね。
あぁ、悲惨な光景。
仲間入りしたくない!

皆は遺体になってから、吊られたんだろうけど
ウェイロンは違う!!!

f:id:bio-re-love:20170911120943j:plain
暴れてやる!!
かなり高い所に吊られてる(;'∀')

「動かないで」
ジタバタ、もがいたら、天井が軋み出しました。

よし!イケる! 

f:id:bio-re-love:20170911121030j:plain
ちょっと崩れてきた?
結構、脆いのかもしれない。

  「なんてこと、貴方はっ!」
ぐっ、余計に引っ張られることに…。
もっともがく!!

f:id:bio-re-love:20170911121003j:plain
少し低くなった!地面がそこに…。
もうちょっと(;´Д`)

「くそっ!」
「ダーリン。
行儀良くしなさい、あぁ!」
また、引っ張られます。

これは、グルースキンとの力比べになりそうだ。
死ぬ気で、もがいて落ちてやる!!
ウェイロンは、落ちる男なんだ!今まで何度落ちたことか(笑)

「やめなさい、だめだ、だめです!」
手のかかる嫁だ、と思ってるに違いない。

f:id:bio-re-love:20170911121054j:plain
首にロープ巻かれてるので、意識が途切れそうです。
意識朦朧と、色が消えてモノクロになる。

もう駄目なんだろうか…(;・∀・)

すると、突然!

f:id:bio-re-love:20170911121118j:plain
引っ張る反動に足を取られ、彼も宙づりに…。

お揃いね、ハニー(笑)

同じ高さになり、目が合う(´・ω・`)

f:id:bio-re-love:20170911121222j:plain
そして、手を取り言います。
「運命の人だったかもしれない」と。

彼に気に入ってもらえたみたい。
ここ、なんか、ときめいちゃった(笑)

直訳すると、”私達は素晴らしかったのに” (もう、それも叶わないね)的な、
彼は「運命の相手」探してたから、”貴方こそが!”って気持ちだったんじゃない?
ウェイロンに、理想とする家庭像が見えたんじゃないかな(〒д〒)
私の解釈です。

f:id:bio-re-love:20170911121237j:plain
手から力が抜けていき、ウェイロンは下に落ちた。

さようなら、グルースキン。
…助かった…。

(〒д〒)
なに、この胸の痛みは(笑)
かわいそう...かも。
に飢えた可哀相な人だったの。

愛情表現は、間違ってるけど。
なんだろ、この気持ちは…切ない...

f:id:bio-re-love:20170911121252j:plain
あっ、宙づりになっただけじゃなくて
鉄の棒に刺さってしまったんだね。
…(´・ω・`)

彼は最後に、運命の人(ウェイロン)を見つけて逝けたから、満足なんじゃないかな。

メモってます。
タイトルは寡婦
寡婦って...夫と死別(離別)した、再婚していない女性だよね。

ウェイロンも、演じてあげていたんだね。
ごめん、リサ今だけだ…( ー`дー´)キリッ

どこまでも優しいね、ウェイロン。

NOTES◆

彼は死にました。
マチュア外科医で、もうじき父親になる人。
夫。
彼も引っ張られた。
僕は、笑いをこらえてる。
あぁ、神様、リサ、僕は誓うよ。

忍んでいます。
助かってホッとしただろうに。

彼の境遇を理解したんでしょうか?
とても、できた人です。

男性病棟へ

f:id:bio-re-love:20170911121318j:plain
鍵を開けた扉を通れば、見たことのある内装作りだ。
もうすぐ、男性病棟が近いんじゃないかな。

f:id:bio-re-love:20170911121340j:plain
「男性病棟」
矢印がないって事は、もうここは病棟なのかもしれない。

f:id:bio-re-love:20170911121359j:plain
窓の外には、赤い光が見えます。
燃えてる!火事だ!

あれは!Σ(・口・)
マーティンが自殺を図った教会ですね。
かなり燃え上がっています。

本編と繋がっていく時系列。
ワクワクしちゃう(*^-^*)

NOTES◆

遠くで燃える礼拝堂。
教会があるなんて知らなかった。

神はどこにいったんだろうか?

ウェイロンは、教会があるの知らなかったみたいだね。
「ここを燃やし尽くしたい」って言っていたのが、少し叶いましたが...
教会が燃えちゃってるのは、ショックだったみたいだ。

f:id:bio-re-love:20170911121410j:plain
見覚えのあるホール。
あっ、救助部隊が来てる。

「身元は特定できないな、どんな病気だ?」

トレガー医師ですね。
マイルズが、エレベータでやっつけた。
見た目もすごい人だったし、皮膚とかね。

「すべてのチームに、殺傷許可が出た。
繰り返す、射殺してよし」
「動くものは殺せ」

Σ(゚Д゚)救助隊じゃない。
これは、最初に職員が要請したって言ってた、隠蔽側の部隊だ(;・∀・)

NOTES◆
企業の警官、傭兵、民間軍事会社
呼ばれれば、どこにでも。
僕らと同じように、無力だ。
外に出なければ。
逃げよう...

どこにも、味方はいないのね

f:id:bio-re-love:20170911121426j:plain
各方面に散らばる部隊。
見つからないように、逃げなければ
!≡≡≡ヘ(*--)ノ

「地下に複数の死傷者!」
「襲撃者は不明!見えない何かが!」
「撤退、救急班を。そ、そんな、神様!…!」

マイルズの行った地下だね。
ワールライダー(マイルズ)に、やられていっているようです。

今のうちに、逃げよう

f:id:bio-re-love:20170911121459j:plain
ここは、懐かしい。マイルズが最初、侵入した廊下だ。
って事は、病院の入り口が近い!!

精神病院からの脱出

f:id:bio-re-love:20170911121514j:plain
正面玄関!出入り口がみえる。
扉が開いている!!外に出られる!!

やったー(((o(*゚▽゚*)o)))

嬉しさを噛みしめながら、病院の正面入り口に近づく。

f:id:bio-re-love:20170911121530j:plain
そこには、負傷したブレアが!

「パーク、どうしてまだ生きているんだ?」
「...取引といこうじゃないか」「俺を助けろ、そしたら、お前も助けてやる」

「お願いだ、助けてくれ」

忌々しいブレア。
しかし、優しいウェイロンは近づいていった。

助けてあげるの?(´・ω・`)

f:id:bio-re-love:20170911121543j:plain
 「もうお前は死んでいる!」

突然!ナイフを向け飛びかかるブレア。
何て男だ!
突きき飛ばすも、時すでに遅し…。

f:id:bio-re-love:20170911121556j:plain
Σ(゚д゚lll)
...刺された

f:id:bio-re-love:20170911121612j:plainNOoooooo!(TロTlll)

ブレアぁァァっァァ。なんてひどい奴だ!!

目の前が歪む。お腹を刺された。
出口を目の前に、こんなことって(〒д〒)

じりじりと近寄ってくるブレア。
止めを刺しに、ナイフを振りかざした
瞬間!!

f:id:bio-re-love:20170911121627j:plain
ワールライダーが、彼を襲う!

「誰もわからない。誰も...!」
ブレアは、ワールライダーのこと知ってるから、今から自分の身に何が起きるか
理解してると思う。怖かっただろうね。

「ぐはっ!なんだって…こんなっ!」 

f:id:bio-re-love:20170911121644j:plain
「あぁ、神よ、どうして出てきた…」

宙に浮かび、天に召される瞬間です。
皮肉だな...。

f:id:bio-re-love:20170911121702j:plain
こっぱ微塵にされました…。
ブレアの血を浴びるとは…('д'|l!)

そんな事より、脱出したい。
なんとか、立ち上がり外へと歩き出す。

f:id:bio-re-love:20170911121716j:plain
朝日が眩しい。
空気がおいしい。
生きてるって、素晴らしい

f:id:bio-re-love:20170911121736j:plain
ここが、全てのはじまりの場所。
さようなら。

f:id:bio-re-love:20170911121750j:plain
入口のゲートには、マイルズのジープがある。
使わせてもらう。

f:id:bio-re-love:20170911121808j:plain
乗り込むとエンジンかかった。
キーは、つけっぱなしだったようだね。

ラッキー!!

病院の入り口が、黒い靄がかかっている。

f:id:bio-re-love:20170911121820j:plain
暗視カメラで見てみると、ワールライダー発見
何もせずに、こちらを見ています。

マイルズだよね?助けてくれたんだよね?
人間の時の意識はあるんだろうか?
ワールライダーになってる時は「夢を見ているような感じだ」とあったけど。

なかなか逃げないウェイロンを
ワールライダーが威嚇する様に、こちらに近づいてくる。

焦ったウェイロンは、急いでこの場所を後にした。

f:id:bio-re-love:20170911121844j:plain
さようなら、マイルズ。

マーコフ社を摘発

f:id:bio-re-love:20170911121856j:plain
某後日、パソコンを目の前に、謎の男が言います。

「パークさん、そのボタンを押すと、もう引き返せません」
「そのビデオは、マーコフ社がしてきた様々な悪事の、十分な証拠になる」

「あなたは、マウントマッシブから生還し、私たちの力で痕跡を隠してきました
しかし、私たちの敵は悪意ある
企業の元凶です。
あなたが想像する以上に

「あなただけが標的ではないのです。
身近な人たち、妻に子供たち」
 「あなたを傷つけることは、マーコフにとって簡単なことです」

よく考えてください。
今、渡ろうとしている危ない橋を」

「正義の裁きを与えようと、修復不可な損害を与えようとしている事を」

f:id:bio-re-love:20170911121911j:plain
「アップロードをクリックすれば、
あなたの人生は終わります」

「あなたの愛する人はみな、攻撃される。わかっていますよね」

「マーコフを叩くことに、それだけの価値がありますか?」 

f:id:bio-re-love:20170911121932j:plain
そして、ウェイロンはENTERキーを押した。

大きな決断をしたウェイロン。
戦う道を選び、全世界へと証拠を広める。
真実を隠すのでなく、公表することで断罪となる。

ウェイロン一家は、大丈夫だろうか?
何事もなく暮らせればいいのですが、心配ですね。

THE END...

 あとがき

OutlastのDLC「whistleblower」は、これで終了。
なかなか深い内容で、とても面白かったです。

ゆっくり更新していた中、ここまで読んで下さりありがとうございました。
コメントとかも頂けて、続ける励みになりました(*^-^*)

お付き合いありがとうございました。
感謝!


©Red Barrels, Inc.