crazy about video game

遊んだゲームの感想・考察などのまとめ中心の備忘録。考察を好きに書いてます。

MENU

【サイコブレイク】ストーリー考察&プレイ日記★ネタバレ★PSYCHOBREAK★Ch.1「An Emergency Call」

Chapter.1 緊急指令

f:id:bio-re-love:20170721143408j:plain
緊急通報で向かった精神病院で、刑事セバスチャンは悪夢に足を踏み入れる。

完全ネタバレ!未プレイの方はご注意ください!
あくまでも個人的感想&解釈によるプレイ日記です。
ED・DLC内容の解釈を含んでいます。
「」の台詞は私訳です。

はじめに…

久し振りに、最初から遊びます★
すでにクリア済なので、ストーリー復習とチャプターを振り返る目的で、
考察プレイ日記書いていきます
ED・DLC内容の解釈を含んだ考察・解説になっています。
すべての事実を照らし合わせいます。

英語のセリフも同時解釈中。
ニュアンス違いを比較しながら、2つの解釈を混ぜて考察しています。

ファイルなどは、全て収集済なので、攻略などは書いてません。

基本的にストーリーと、人間模様を見ていきたいと思います。
おさらいゲームプレイです(`・ω・´)ゞ

始まりは突然に!

f:id:bio-re-love:20170829142149j:plain
近くを通ったパトカー達に、突然の応援要請!
何か、事件が起こったに違いない!

クリムゾンシティは、未だ未解決失踪事件や、連続殺人事件の多発で大忙し。

f:id:bio-re-love:20170829142204j:plain
仕事帰りのセバスチャン達。
近くを通ったようですね、要請を受けて現場に向かう事になりました。

いざ!ビーコン精神病院
Let's go!(* ̄0 ̄)/

f:id:bio-re-love:20170829142216j:plain
セバスチャン達の担当事件は「連続殺人事件
以前は、行方不明事件を調査していた。
どっちの事件にも絡んでるんだね。

今回の現場は”大量殺人”とか。
何か関連を匂わせる事件のようですね。

f:id:bio-re-love:20170829142226j:plain
イカれた医者の亡霊…結構、的を射た意見です。
オスカーは、冗談を言っただけなんだろうけど(^^)

その言葉に、ジョセフが黙ってはいません(笑)

f:id:bio-re-love:20170829142241j:plain
英語では「そんな事は起こってませんよ、数名の患者が行方不明ですけど…
ある種の噂ですか?」
って聞き返しています(笑)
結構、興味津々な様子。真面目くんですね(^^)

この車内の会話で、皆の性格が見えてきますね。

f:id:bio-re-love:20170829142300j:plain
そして、このふたりの空気感・・・ピリピリしてる。

ゲームをクリアして、事の真相を知ってるからではなく、
初見の時から思ってたけど、なんか後部座席の空気だけ重いというか...
キッドの態度が、キツイのかなぁ(笑)

f:id:bio-re-love:20170829142312j:plain
大丈夫か?お前ら?
と、空気を読んだセバスチャン(笑)
やっぱり後頭部の空気が悪かったんだよ(違う)

オスカーは明るいオーラ放ってるけど、後ろは緊迫してるね。
助手席は、キッドマンが良かったんじゃないか?
ボスが振り向くの首痛いじゃん(笑)

f:id:bio-re-love:20170829142325j:plain
関連性について「可能性は、あります。記録が隠されていますしね。」って、
英語では言葉濁さないでハッキリ言ってます。

日本語は「まだ、わかりません。」なニュアンスの返答だよね。

f:id:bio-re-love:20170829142340j:plain
現場のパトカーとの通信中に、無線から無線STEMの音が聞こえてくる。
マルセロが、新型STEMを起動した音のようだ。
無線STEMは、脳の働きをワイヤレス信号で伝達するみたい。

脳幹への鋭い痛み
これはSTEM界で受ける初期症状の1つ。
つまり、ここで痛みを感じている時点で「すでにSTEM界にいる」と
私は解釈しています。

f:id:bio-re-love:20170829142349j:plain
ただのキーンとする音ではなく、頭への痛みが走っているようです。
しかし、キッドは耐性薬を投与してるからヘッチャラよ(^_^)v
嫌な音ではあるけれど、痛そうではない。

男3人が耐えられないのに、女のキッドが我慢できるはずないですよね。

あからさまに、最初から怪しい謎の女性です、キッドマン。
期待させる伏線を張ってますね。

f:id:bio-re-love:20170829142422j:plain
あたかも、知っているかのような言葉。
冷めた態度。

この時点で、怪しい発言をしていたので、私はキッドマンを疑っていたけど、
やっぱりでした(笑) 

f:id:bio-re-love:20170829142403j:plain
ビーコン精神病院の灯台が光ります。
何かが、動き出している予感を感じる。

ビーコン精神病院に到着

f:id:bio-re-love:20170829142447j:plain
パトカーは、すでに6台ほど先に到着していたようです。
英語で、オスカーもそう言っていました。
パトランプが、ついてるのがそうだね。その前にも何台かいた模様。
たくさんのパトカーが、乗り捨てられています。
しかし!...人がいない、どうゆう事だね。
(STEM界だからだよ、たぶん)

f:id:bio-re-love:20170829142500j:plain
セバスチャンの愛用のコートは、妻マイラからのプレゼントのようですよ。
なんかいいですね、そういうの(^^)
ここでしか見れないから、しっかり見ておきたいコート姿ですよ!

雨に濡れると服も濡れます。
画面のカメラにも雨のしずくが、綺麗。
キッドは、黒下着が透けて見えるんだよ。

レターボックス(上下に黒帯)のON/OFF機能がついてから、遊んでないので
すごく新鮮です。視界が広い!

レターボックスあるのも好きだけど、広々と見えて良いですね。

f:id:bio-re-love:20170829142513j:plain
ビーコンのマークのモニュメントが、でかでかと入口でお出迎え。
灯台のマークが、パッと見た感じだと、十字架にも見えてカッコイイですね(^^)

灯台が、病院のシンボルなんでしょうね。

f:id:bio-re-love:20170829142534j:plain
扉は、簡単に開くんです。
鍵も締まっていません。出入り自由!

しかし、EDではぶち壊さないと入れなくなっている。
現実の病院は、固く閉ざされているようですね。 

f:id:bio-re-love:20170829142545j:plain
「私だったら、違った視点で見れるわ。」と食い下がるキッドマン。

キッドは、レスリーを捜しに来ました。この中にいるはず!!
だから何としても、中に入りたかったのですが…。

「何が起こっているのか分からない。バックアップに周れ」と、却下。

ボス命令だし、チームワークが大切。
スパイだけど、刑事もしっかり全うね。
複雑な面持ちだったことでしょうね、キッドマン。…顔見えないけど。

f:id:bio-re-love:20170901112737j:plain
院内は、患者がたくさん殺害されていますね。

きっと現実では、無線STEMの影響を受けた患者だと思われます。
血塗れじゃなく心臓発作的な感じで、倒れてるんじゃないかな?

f:id:bio-re-love:20170829142619j:plain
生存者発見!!
マルセロは、ビーコン精神病院の院長です。

STEM界に本当にルヴィクがいたことに、
マルセロは、腰が抜けるほど驚いてます。

隠して作った無線STEMの事が、メビウスにバレて焦っており
「自分無くして、彼らの計画(STEM)は存在できない」のを証明したかった。

ルヴィク=ゴーストを止めるため、意味のある成果をしにSTEMに入ったのだが…。
噂のルヴィクを目の前にして、錯乱状態に陥ってますね。

f:id:bio-re-love:20170829142634j:plain
ジョセフに、マルセロは任せて
監視カメラでも見てみよう。

今、ここで何が起きているのか?

f:id:bio-re-love:20170829142655j:plain
怯えながら、銃を撃ちまくる警官達。
素早い動きで、現れた白いフードの男。

次々と襲われていっています。

f:id:bio-re-love:20170829142724j:plain
ゴーストこと、ルヴィクです。
カメラを見た!目があったよ!
Σ( ゚Д゚)

そして、突然消えてしまった…人間じゃない。

一体、何が起きているのか?
戸惑うセバスチャン。

f:id:bio-re-love:20170829142737j:plain
背後には、医療ピンを持ったルヴィクが忍び寄る。
カッコいんだよ、ルヴィク(*´ω`*)

一体何者なんだろう?という、ドキドキ感がたまらないシーンですね。

f:id:bio-re-love:20170829142752j:plain
さすが、刑事。
気配を感じて振り返る。

f:id:bio-re-love:20170829142804j:plain
セバスチャンの眼に、ルヴィクが映る
ひゃぁ~~~~~‼
('д'|l!)

ブラックアウト!

ここでハッキリと現実ではないとわかりますね。

【 根拠 】
・ルヴィクは、現実では既に死んでいる。
・ルヴィクそのものはSTEM端末の脳だけ。
ルヴィクが存在するという事は、STEM界という事。

病院の防犯カメラに映ったり、
ましてや背後に立たれるなど、現実では、ありえないから。

では、なぜセバスチャン達が、ルヴィクの世界に入り込んだのか?
たぶん、キッドの任務のため、ルヴィクへのめくらまし、
スケープゴートにされたんじゃないかな?
つまり、キッドがルヴィクに見つからない為に、おとりが必要だったと思われる。
すべては、メビウスの手の内で踊らされていたんだろうと思うけど...。

気がつけば・・・

f:id:bio-re-love:20170829142821j:plain
吊るされている、セバスチャン。
何者かの餌食になろうとしている...。

すると、突然!

f:id:bio-re-love:20170829142837j:plain
狂人あらわる!!
いかにも!な、恐ろしいおじさんですね|д゚)ブルブル

明らかにおかしい。
\(゜ロ\) ここはどこ?(/ロ゜)/

彼は「サディスト」
身長は、222cmもあるようですよ。
STEM被験者として取り込まれた
殺人者の意識が、ルヴィクと接続されて誕生したモンスター。
怒りで我を忘れているらしい…(・_・;)
殺意の塊であるサディストは、チェーンソーを振り回します。

よし!今後も敵の自己紹介を書いていこう(笑)

f:id:bio-re-love:20170829142852j:plain
たくさんの人が餌食になっているみたい。
順番に処理されちゃうかもしれない…

やだ~~~、逃げなきゃ(;´Д`)

f:id:bio-re-love:20170829142907j:plain
振り子になって、目の前のナイフを取る。

f:id:bio-re-love:20170829142941j:plain
吊るしたロープを切れば、
当然落ちてしまうのですが、かなり痛そうです(;´Д`)

f:id:bio-re-love:20170901113403j:plain
銃がない!!
あったはずなのに!どういう事だ!
最初の恐怖ですよ、ここは。

愛用のコートも失くしてしまった(T_T)
妻からのコートを失くすことは、妻を失くした意味合いも含んでいるじゃないかな?
STEM界は、己の記憶が反映されていくようですしね。

f:id:bio-re-love:20170829142958j:plain
出口は、カギがかかってます。
ホラーゲームのお約束(笑)
簡単には出られない・・・。

鍵を探す。
あぁぁぁ、あんな所に!!

タイミングよく、サディストが奥に入って行きます。
今のうちに鍵を頂くのだ....((((((ノ゚⊿゚)ノ

f:id:bio-re-love:20170829143021j:plain
セキュリティーができる前の、古い鍵のようです。
さっさと、ここを去りたい(〒д〒)

スニーキングしながら、こっそり抜け出します。

f:id:bio-re-love:20170829143034j:plain
トラップが、あるんだけど…(;・∀・)

このゲームには、ジャンプという選択肢はない
仕方ない…掛かってあげようじゃないの。

f:id:bio-re-love:20170829143047j:plain
警報器作動!!

なにやら嫌な音が聞こえる...
ウィンウィ~~~ン、ブルブルッ!って

そう、チェンソーの音だ!Σ(゚д゚lll)

f:id:bio-re-love:20170901113426j:plain
走って逃げるも、脚切られたーーーーー!
チェーンソーですから、かなり痛いです。初っ端から、ザックリいきました(T_T)

この後の動きが、最高なんです。
普通には動けません。脚を引きずりながら逃げます!!
この遅い走りがスリル満点!

このドキドキは、遊ばなきゃわからないです。是非!是非遊んでみて下さい(^^)

こんな所で布教(笑)

f:id:bio-re-love:20170829143127j:plain
なんだこの物騒な仕掛けは!!
これが、サイゴブレイクの世界

f:id:bio-re-love:20170829143139j:plain
出口が阻まれたけど、なんだか、ここから逃げられる!!
刻まれるよりマシ!!と、確認もしないで、すぐさま入れば・・・!!
Σ(・口・)

f:id:bio-re-love:20170829143153j:plain
やっほー!
ブラッディスライダー!
もちろん、血塗れ( ̄ロ ̄lll)

途中にもトラップが仕掛けられてるんです。ミンチになっちゃうよ(;´Д`)
しっかりよけて、滑ろうね。

サディストと鬼ごっこ

f:id:bio-re-love:20170829143208j:plain
なんとか逃げ切り、地下の下水道でしょうか?
ビーコンの患者が力尽きてます。

f:id:bio-re-love:20170829143227j:plain
実はここが、メビウスによるビーコンの地下研究所の入り口なんです。
後に訪れることになります。
封鎖されてます。こんな近くにあったんです。

f:id:bio-re-love:20170829143246j:plain
地下から這い上がります。
結構しっかりした、警備していたようです。

f:id:bio-re-love:20170829143322j:plain
病棟を彷徨います。
Σ(゚Д゚)ん?
サディストの声が響き渡りました。
行き場もないので、ロッカーに隠れる。

やはり、やってきましたよ。サディスト。

f:id:bio-re-love:20170829143335j:plain
一通り暴れて、どっかに行っちゃいました。よかったε-(´∀`*)ホッ

こういう隠れんぼ好き(笑)怖いけど…。

f:id:bio-re-love:20170829143352j:plain
まだ、探しているみたい。しつこい。
イラついているご様子。

出口の前で、ウロついてます(;・∀・)
待ち伏せに切り替えたようね。賢い。

f:id:bio-re-love:20170829143554j:plain
空き瓶を発見!
向こうに投げて、音を鳴らして、
おびき寄せる!
ナイスアイディア!

こういう陽動作戦、作戦ってほどではないか(笑)
敵の注意を逸らして、こっそり進むよ。

f:id:bio-re-love:20170829143613j:plain
案の定、あっちに暴れて走っていった。
今のうち!!急げ~~!

脚切られてるので、やっとのことで歩きます。
手に汗握っちゃうんだよね。早く歩いて~ってヾ(*●Д●)ノ゙

f:id:bio-re-love:20170829143635j:plain
上手く逃げれたと思ったんだけど…。
追いかけてきます!

もつれる脚を、頑張って走らせる!!
エレベーターのドアが開いて、待ってる。
頑張れ!セバスチャン!!

f:id:bio-re-love:20170829143651j:plain
ギリギリセーフで、エレベーターに逃げ込みました。

ほっと一息です。
タバコ吸いたかったようだけど( ´ー`)y-~~
ポケットには、なかったようです(笑)

ここで、OPが入ります。
それがまたカッコイイ!!けだるい感じで、これからの展開が気になります。

病院からの脱出

f:id:bio-re-love:20170829143717j:plain
脚が治ってるんですよね。
STEM界ならではメリットですね(^^)

走れます!≡≡≡ヘ(*--)ノ

エレベーターから出ると、地鳴りがしています。
揺れてるんです。病院が崩れそう。
いそいで脱出だ!!

f:id:bio-re-love:20170829143740j:plain
街、壊滅( ̄ロ ̄lll)
でも大丈夫、これはルヴィクの世界だから。

無線STEMが周囲を巻き込んだ時に、
病院周辺の情報も取り込んだと思われます。

f:id:bio-re-love:20170829143804j:plain
オスカーが、助けに来てくれました。ambulanceですね。
なぜか、ビーコンの救急車運転してる、オスカー。

車に乗って逃げますよ。
地面が崩れるΣ(゚Д゚)

f:id:bio-re-love:20170901113615j:plain
逃げる彼らを、ルヴィクがみています。

狙った獲物は逃がさない。

彼は、レスリーを狙ってます。

f:id:bio-re-love:20170829143818j:plain
そう、救急車には「レスリー」も乗っていました。
STEM界にいるのは、このメンバーのみのようです。

あれ?ジョセフがいない。
メガネ君がいないよ!!私、ジョセフが好きなのに(私の重要キャラw)

セバスチャンも気づいたようです!
相棒がいない!って。

f:id:bio-re-love:20170829143828j:plain
そんなっ!
無事でありますように。はぐれてしまったようですね。
きっと、別の場所に飛ばされたのかな?

f:id:bio-re-love:20170829143839j:plain
彼は、レスリー
ビーコンの患者で、発達障害のようですね。同じ言葉を繰り返しています。
マルセロが、STEMに入る時に、一緒に連れてきたようです。
なので、この世界に存在しています。

すごく怯えています(◎_◎)
ルヴィクに狙われている事を、彼は感じてるみたい。

ルヴィクの適合者であり、STEM界に耐性があるようです。

f:id:bio-re-love:20170901113830j:plain
みよ!オスカーのハンドル捌き!
唯一の見所です(笑)
カッコ良いぞ、オスカー! 

f:id:bio-re-love:20170901113842j:plain
セバスチャンも安心して運転任せてる。
信頼している証拠だ。

f:id:bio-re-love:20170901114206j:plain
街は、ボロボロ。修復不能ね。
でも大丈夫。これはルヴィクの世界だから・・・。

しかし、彼らにとっては現実なんですよね。
恐いよね。すごく怖い体験してるよ。

f:id:bio-re-love:20170829143849j:plain
ルヴィクが、レスリーに接触を図っているため、レスリーは、
この後に起きることを感じ取る事ができます。

若干のシンクロ中ですね。

f:id:bio-re-love:20170829143903j:plain
この「落ちる!」の言葉遊びは、英語でなければわからないというか

...fine...fine...fine...fine...f-fine...Σ(゚Д゚)
...fall...!
と、F綴りの変化で、面白いんですよね。
ファインって言って、ん?フ?フォールだ!みたいな。

f:id:bio-re-love:20170829143918j:plain
ルヴィクの影響を、オスカーは耐えられなかったようですね。
毛細血管が膨張、出血しています。

STEM支配の症状です。

f:id:bio-re-love:20170829143930j:plain
FALL!

ジャンプ!して、崖から真っ逆さまです。
飛びます!

f:id:bio-re-love:20170829143944j:plain

f:id:bio-re-love:20170901114131j:plain
しっかり、ハンドル押さえる、セバスチャン。
落ちてるから、もう意味ないかも。頭ガードした方がいいって(>_<)

どうなっちゃうの!?
もう「THE END」しかない、危機ですよ。

To be continued…

f:id:bio-re-love:20170829143957j:plain
20分程で、チャプター1終了。

キャラクターと世界観の説明基本操作のチュートリアルの章でした。

崖から落ちてしまった車。
これから、どうなっていくのか?
ワクワクさせる状況で、終わってしまいました。

こういう演出は、いいですね。
思わず「NEXT CHAPTER」を選んでしまします。
続きは、また今度。。。

 

以上、サイコブレイクCh.1「緊急指令」考察プレイ日記でした。

© 2014 ZeniMax Media Inc. All other trademarks or trade names are the property of their respective owners.
All Rights Reserved.
Developed by Tango Gameworks