crazy about video game

遊んだゲームの感想・考察などのまとめ中心の備忘録。考察を好きに書いてます。

MENU

【サイコブレイク】PSYCHOBREAK★ネタバレ★キャラ考察⑤ジョセフ・オダ

サイコブレイク キャラ考察⑤ジョセフ・オダ

f:id:bio-re-love:20170810172829j:plain
ジョセフを考察・まとめ。
キャラを掘り下げて考察しています。けっこう長文です(;´Д`)

完全ネタバレ。エンディング情報もあり。ご注意ください。
クリア済み前提の記事になってます。
あくまでも私の解釈&考察です。
間違いもあるかもしれません。
未確定情報を含みます。ご注意ください。

ジョセフという人物

f:id:bio-re-love:20170728153716j:plain
name:Joseph Oda
Age:33歳
Height:175cm
Weight:67kg

誰からも頼りにされる真面目で、有能な刑事。
人には優しいが、自分には厳しく、一度決めたら最後までやりとげる意志の強さ
持っているようだ。危険な目にあっても、信念を曲げる気はなさそうだ。

セバスチャンの相棒として、
8年にも渡りコンビを組んでいる。
口数は少なく、常に冷静で、合理主義者のようにも見える。

温厚で人当たりがよく、たびたび暴走するセバスチャンを抑える役目も務めている。
基本的に穏やかな性格だが、セバスチャンに対しては辛辣な発言もしており、
なんでも言える仲の良さを伺わせる。
正反対の性格であるセバスチャンとの相性はいいようだ。

斧を使った近接戦、スナイパーライフルによる狙撃爆弾処理。
多彩な能力を持っている、非常に優秀な刑事である

アートブックによると、既婚者で愛妻家のようだ。また、日系のカナダ人。
忍者の末裔で、眼鏡には、特殊能力が宿っているとかなんとか(笑)
この眼鏡ネタは採用されたのかは不明だけど。

結婚について

セバスチャンは結婚指輪をしているのに対し、コンセクエンスにて手袋をしていない
ジョセフの手に結婚指輪はない。
この事から、セバスチャンの結婚が先であるだろうと思われるが…。

しかし、ジョセフは日系である日本人特有の「指輪をつけない派」かもしれない…。
いつ結婚したのかは、ゲーム中に既婚者であるという情報が無いため不明だ。

メガネ

f:id:bio-re-love:20170810182122j:plain
眼鏡は、祖父からの贈り物という代物らしい。非常に大切にしており、
単に目が悪いというだけではなく、別の理由もあるようだ。
裏設定である、眼鏡に能力があるのは本当なのか?(笑)

実際のところ、異世界にいる今。
通常仕様であるメガネが、「何も変わらない」という心の支えとなっている。
ジョセフは、今にも不安に押しつぶされそうな状態なのだ。

日本愛

f:id:bio-re-love:20170810174308j:plain
ジョセフのデスクには、メガネが他に二種、御用提灯、富士山のポスター、十手など
日本のものが飾られている。
日本通…日本が大好きなようだ。

ルヴィクの影響

f:id:bio-re-love:20170728162710j:plain
初期当初から、すでにルヴィクの影響を受けており敏感に反応しています。
意識を取り戻した時に、ひどい頭痛と身体の異変に苦しんでいました。

f:id:bio-re-love:20170728162726j:plain
彼の勘は鋭く「自分でない気がする」と、
すでに意識の同化を理解しているようだった。

f:id:bio-re-love:20170728162812j:plain
ルヴィクと意識をシンクロすると操られ、ルヴィクの思いのままに行動してしまう。
接触を受けると、血管が膨脹し、恐ろしい姿になってしまう。

f:id:bio-re-love:20170728162824j:plain
しかし、ジョセフは、毎回なんとか自我を保ち、振り切っているが…。
強烈な頭痛だったのだろう、鼻血が物語っている。
これを幾度となく繰り返していることから、意志の強さを感じられる。

しかし、ルヴィクに操られたジョセフは、セバスチャン、キッドに襲い掛かる。
思い通りの状況に進むよう、ルヴィクの駒として使われている。

悪化する症状

明らかにルヴィクの影響を受けており、必死に抗うも抵抗できず
彼を苦しめ悩ませる症状は、時間が経つにつれ悪化していっている。

f:id:bio-re-love:20170804103659j:plain
自傷行為を伴う自殺衝動にも見舞われており、ホーンテッド化もしている。

エクセキューショナーにて
4回ほど確認されたと記載もあり、
正常と異常を行ったり来たり、精神ダメージは相当のものと思われる。

f:id:bio-re-love:20170810173908j:plain
本編にはないが、DLCでは2度ジョセフと戦うことになる。

ホーンテッド化は、
ルヴィクに操られるのもそうだが、STEM界の恐怖に耐えられなくなっている
いう事だろう。じわじわと責め立てられている。かわいそうに…(T_T)

なぜ、セバスチャンは影響が出ないのか?
セバスチャンもホーンテッド化しそうになるが、キッドマンに助けられている。

また、セバスチャンが強い心の持ち主であるのは明らかで、諦めない心が
強いのだろう。ジョセフも諦めず戦ってはいるが、唯一のジョセフとの違いは
「肉親の死」という経験をしているという事。

もしかすると、セバスチャンは多少の免疫があると思われる。ある程度の
恐怖や絶望には呑込まれないのかもしれない。

ルヴィクも、セバスチャンが思い通りにならない事に苛立っていた。
つまりは、ジョセフは自分の弱さ絶望感に、負けたという事だろう。

不安に囚われたジョセフ

1人になると自らの異変を、悶々とあれこれ考えていたのだろう。
押さえきれなくなった不安をセバスチャンに相談している。

f:id:bio-re-love:20170810174125j:plain
最終的に自ら命を絶とうとするまでだ。
実際に、”足手まとい”という判断もあったかもしれないが、
自殺衝動意識同化である症状の1つである。
衝動に負けただけで、彼の本当の決断ではない可能性もあるが…なんにせよ
このような行動をセバスチャンが許すわけもない。

ジョセフが体験した世界

ジョセフならではの鋭い観察考察により、「記憶を混ぜたような世界」で
「病院の灯台がポイント」だと彼は気付いていた。
セバスチャンも、ジョセフの言う通りだったと感心していたし、さすが相棒!

また、STEM界では同じ世界を共有はしているものの、それぞれ見えているものは
違うということがわかった。それぞれの恐怖をベースに世界を捉えているようだ。

ジョセフはジョセフで、セバスチャンとは別の世界を体験していたようだが…。
何を見てきたかは、詳しく明らかにはされていない。

キッドマンとの関係

キッドとジョセフは、もともと仲も良くなく、ジョセフはキッドを警戒していた。
キッドもまた、距離を置いていたようだ。
会話も、ふたりの関係はよそよそしい感じを受ける。

そんな彼らの関係を知ってか?
ルヴィクは、ジョセフにキッドの過去の記憶とリンクさせたと思われる。

f:id:bio-re-love:20170718143031j:plain
リンクしたジョセフは、怒り狂う姿となり、キッドマンを襲う。
しかし、このジョセフがあのジョセフ本人であるかは不明だ。

キッドのジョセフにバレたかもしれないという「裏切り」という胸の内の恐怖が、
具現化しただけという可能性もある。

なぜなら、ジョセフやセバスチャンが見た水責めのキッドマンが、
本人ではなかったからだ(ルヴィクが見せた幻覚だった)
その時、これを罠だと最初から気づいていたジョセフは、かなりの切れ者だ。
偽物という点で、気づいたわけではないが…

しかし、事件に巻き込まれた事と、
キッドへの不信感は、ジョセフの持つ本当の心情だろうと思われる。

f:id:bio-re-love:20170810174919j:plain
エクセキューショナーでは、
すでに精神崩壊はしており、殴り書きが彼の心情を物語っている。

日本の国旗と、メガネ、鳥居、
たくさんのに見られており(この眼はルヴィクだと思われる)
斧でキッドの腕を切り落としている。
キッドからは、たくさんの涙と腕が飛んでいる。

周りにある文字を読んでみたら、言語機能低下というだけある感じですね。
文字が潰れて見えない所もあるけど、わかる所だけでも

why‼(なぜなんだ!)
a perfectionist who wants to kill himself(自分を殺したい完璧主義者)
kill kill(殺すコロス)
please do not kill me(殺さないでください)
painful, trying cop(痛い、警察になろうとする)
wearing glasses(眼鏡を付けて)
why why why!!(なぜ、なぜなんだ、なぜ!)
when I was go be(私が行ったときに)
when I was sure(私が確信したとき)
why I was sure(なぜ私は確信していた)
I am alone(私は一人だ)
painful, painful(痛いイタイ)
where is my arm?(腕はどこ?)
cry cry cry(泣く)

真実を知った彼の、悲痛な叫びが伝わってきます。
なんだか、キッドとのやり取りを書いている感じですね。

本編後のジョセフ

f:id:bio-re-love:20170728164205j:plain
まだ生存している被験者は、メビウスにより引き上げられた。
つまりメビウスの管理下にあるという事だ。

その後、エクセキューショナーにて、STEM実験は継続されており
彼の意識はSTEM下にある。

f:id:bio-re-love:20170728164528j:plain
マルタによると、自己喪失状態に陥り、言語能力の低下が見られている。
長い間、STEM界にいるジョセフは、記憶の混乱により、すでに壊れてしまっている。

かわいそうなジョセフ…(ノд-。)クスン
ルヴィクもいっていた。可哀相にと…。

生死の行方

f:id:bio-re-love:20170810181700j:plain
ペドロが自分を殺し、絶命はしたものの「脳死には至らない」とあったように、
STEM内で死んでも、現実で死ぬとは限らないようである。

つまり、ペドロ(=キーパー)に殺されてはいるが、ジョセフの生死は、
まだ確定はしていない。

 

以上、ジョセフの考察でした。

© 2014 ZeniMax Media Inc. All other trademarks or trade names are the property of their respective owners.
All Rights Reserved.