crazy about video game

遊んだゲームの感想・考察などのまとめ中心の備忘録。考察を好きに書いてます。

MENU

【Outlast:whistleblower】★ネタバレ★プレイ日記 vol.5「落ちてきた花嫁」

whistleblower #5 デニスの縄張り

完全ネタバレ未プレイの方はご注意ください!
スクショにグロ描写あるので、ご注意ください。

落ちた先は…

落ちた衝撃で、耳鳴りが…。
キーィィーィン!
こういう演出も没入感あっていいですね。

f:id:bio-re-love:20170720165023j:plain
ダメージ受けまくる、ウェイロン。
でも、なんとか無事着地できたようだ。

どこも怪我してない。
屋根や色んな柱にぶつかったりで、衝撃は軽減されたようだけど…。
普通だったら、死にます(;´Д`)

マネしないように!

f:id:bio-re-love:20170720165035j:plain
「...姉妹は必要ない。
かもな…生理もまだかもな」

あっ、誰かの声が聞こえてきたぞ。
話し声だ。何人いるんだ…。
まだ話してる。

「そんな心配をする歳でもないだろ。
下の毛も生えてるだろ、タイニー。それなら、女子について話せるぜ」
「誓うよ」
「みんな。静かに。落ち着いて、呪文を唱えるから。
もし、客がいるなら。もしそうなら、私たちの身代わりにできるかも」

興味深く、聞き耳を立てながら、
恐る恐る進みます。ヾ(。>д<)シ
とは、ウェイロンの事だね。
あれだけ派手に落ちてきたんだから、バレないわけがないけど…。

ぬぬっ、身代わりだと!
Σ(゚д゚lll)
厄介な場所に落ちたな…。

f:id:bio-re-love:20170720165049j:plain
「何の想像について、話してるの?」
「自分自身の話を聞くのが好きなようだな」
「身代わりが必要よ」「理由があるはず」
「俺たちの罪を負うべきだ」「性別も」
「小さな肉片にする。二人掛かりと、このナイフで」

ひぃぃぃ(゚д゚)!
殺られる…危険人物だ、ここにいるの。
もう、もうもう、もう!!

ヤダ・・・(何回目だ)

贖罪の山羊

f:id:bio-re-love:20170720201335j:plain
ここは屋根裏でしょうか?ちょっと物が多くて通りづらい。

バッタリ会いたくないから、ビクビク進んでるんだけど(*_*)
ずっとしゃべってるよ、彼ら。

「彼をグルースキンにあげるのね」
「そういうことだ」
「グルースキンに注目されたくない」
「私たちを痛めつけるだろうし。あんたも傷つけられるだろうし」
「美しい女を作ればいいだろう」
「狂った犬の尻尾を引っ張る意味ないよ」
「奴に身代わりをやれば、出ていくんじゃないか」
「新郎のための贈り物だよ」

新郎が、引っ越してきたのかな?
かなり嫌がってますけど。場所取りしてるの?
縄張りがあるんだね。
どっちにも見つかりたくない。

やっぱり、身代わりって、ウェイロンことだよね?
ひっ(;´Д`)
物音が!ドタンバタンってすごい!
なに!バッタリとか嫌だからね。
誰かいる!!と思ったら…

f:id:bio-re-love:20170720165301j:plain
吊ってました。(〒д〒)

NOTES◆

建物内に戻った。
もっと逃げよう。難しそうだが、頑張りたい。
死んだ男は、もう驚きでもなくなった。
自殺は賢明に思える。

だね。生き延びたいよね。
こんなとこで終わりたくなんかない。

先へ進みます。
棚がごちゃごちゃ置いてあって、挟まりそうだけど、隙間を通って行くしかない。

f:id:bio-re-love:20170720165313j:plain
「静かに!」

Σ(゚Д゚)
ビックリした!!

バッタリ会ってしまった、と思ったんだけど、この人は無害なようね。
なんか教えてくれてます。
 「もし彼らが...私たちを捕まえれば、ヤツに渡される。ヤツは下の階にいる。
あいつは...凶悪な奴だ。尋常なく、悪人だ...神よ...あぁ神よ...」

The man... Very bad.
Very, very bad... god... oh god...が(笑)
よっぽど、悪人なんだなって(T_T)
並外れた凶悪犯なんだね。
ヤダ・・・会いたくない。下の階に行きたくない。

つまり、さっき言ってた身代わりか…
Σ(゚д゚lll)
他にも、奴らから逃げてる人たちがいるみたいだね。
気をつけるんだぞ~!!

逃げまどうウェイロン

f:id:bio-re-love:20170720165327j:plain
壁を横に這いながら進むと、
ん?音、聞こえちゃったのかな?

「壁にネズミよ!殺して」

あぁ、見つかった(;´Д`)

「ここよ!壁の中!殺して!殺すのよ!」
女性のような声が響き渡る。
姿が見えないから、余計怖いっ。

f:id:bio-re-love:20170720165340j:plain
「神の罰を受けた樽の中の魚。この馬鹿は死にたいようだな」
「漏れてる。土砂降りね。水はすべてを分ける。泣いてる」

「下水道から来て、私たちを責める」「時間と水は、なにかに穴をあける」
「地獄の音が聞こえる」

洪水のことを言ってるのかな?
水害的なものを恐れてるみたい。

そんな事より、どんどん進むよε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

f:id:bio-re-love:20170720165351j:plain
登って、隣の区画に移動。
どこも同じよう場所で進めてるのか不安。

声の主、デニス現る

f:id:bio-re-love:20170720165401j:plain
「そこにアイツがいる。どう思う?」
「あぁ、アイツだな」

ギャー、見つかったっ!
ついに、ご対面~~!

f:id:bio-re-love:20170720165411j:plain
「賛成だ!」

4人の意見が一致したようです。
やめて~~★ようやく、気づいたんですが
4人分、ひとりでしゃべってたのね。
声色が全部違うんだよ、凄い!
ひとり人芝居(笑)
多重人格のようです、女性もいたけど。
声も女だったし、騙された。

逃げます。また登るとこ見つけた。登って逃げる。高いところに避難!!
広場がある。なんとか逃げのびたかも。

「逃げられた!」
「新郎は、私たちを...」
「黙れ」
「他の解決方法を見つけよう」

f:id:bio-re-love:20170720165427j:plain
まだ話してます。おしゃべりさんです。

「あんたの花嫁がきた、グルースキン」
「我々は他の肉体を与えた、私たちの代わりに」
「あの馬鹿は、自分自身で行ったぜ、
グルースキンの地獄へ

はっ、ここがあの階段なの?
((((((( ;゚Д゚))))))))

不吉な言葉を聞きながら...
階段を降りていく。

次回に続く…。

©Red Barrels, Inc.