crazy about video game

遊んだゲームの感想・考察などのまとめ中心の備忘録。考察を好きに書いてます。

MENU

【サイコブレイク】PSYCHOBREAK★ネタバレ★キャラ考察②ジュリ・キッドマン

サイコブレイク キャラ考察②ジュリ・キッドマン

f:id:bio-re-love:20170717160045j:plain
ジュリ・キッドマンを考察・まとめ。
キャラを掘り下げて考察しています。けっこう長文です(;´Д`)

完全ネタバレ。エンディング情報もあり。ご注意ください。
クリア済み前提の記事になってます。
あくまでも私の解釈&考察です。
間違いもあるかもしれません。
未確定情報を含みます。ご注意ください。

ジュリ・キッドマンという人物

f:id:bio-re-love:20170714135718j:plain
name:Juli Kidman
Age:27歳
Height:175cm
Weight:54kg

愛称はキッド。
「ジュリ」というファーストネームで呼ばれることは少ない。
過去には関心がなく、あまりハッキリとは覚えていないようだ。

確実なのは、今、自分のやるべきこと、そして失敗の代償のみ。
今を懸命に生きる女性だ。

最近、セバスチャンの地区に移された新米刑事。
初仕事の帰り、ビーコン精神病院に呼び出され、異変に巻き込まれてしまう。
(真相は、別の項目で↓)

子供時代と家族

貧しい町のシダーヒル教会の近くに住み、市場の外で育つ。

ジュリの幼少期に、家畜や人間を殺してしまう不思議なペストが、小さな村を襲った。
その後、母親が教会の信者に。
教会に心囚われ、娘ジュリの事など関心がなかった。

母親に無視された彼女は、気を引こうと「天国に行った」と書いたメモだけを残し
街を出たが、誰も探しに来なかった。

f:id:bio-re-love:20170704163520j:plain
この行方不明ポスターは、街を出た時だと思われます。
両親は、見限ったりなど、していなかったのかもしれません。
単に、教会の掟で何もできなかったのかも(〒д〒)

14歳の時の家出後は、生き延びるため、
未成年飲酒、万引き、窃盗、薬物、強盗、暴行、不法侵入。
数々の犯罪に手を染めていた。
なかなか、やんちゃな女の子だったようです。

シダーヒル教会

「カルト」のような教団だったと、語っている。
教会の教区民のフェルナンド・カブレラも、同じような事を言っていた。

この教会は、ヴィクトリアーノ家、ビーコン精神病院などと繋がっており、
資金援助を受けていたようだ。

両親の関心を奪われたことから、教会を忌み嫌っているような発言が多い。
支配された村は、” 酷いところだった ”と言っている。

f:id:bio-re-love:20170717160704j:plain
「シンボルが、心の中に刻まれていた」
壁に書かれたシンボルは、シダーヒル教会のものだ。
いろんな壁に書き殴られていますね。

その後の村と家族

数年後、村に帰るが全てが消え果ていた。
その光景を見ても” 何も感じなかった ”と、語ってはいるものの、
内心では複雑な気分のようだ。

村の消失は、司祭の行方不明と関係があると思われる。
信者と共に供物になったのだろう。

メビウスとの繋がり

14歳から一人で生きてきた生存能力を買われ、
適正な人材として引き抜かれます。
拘留された囚人からの解放です。
メビウスに拾われたことで、彼女の生活は一変した。

KCPDで行う任務と引き換えに、アパート、口座にはお金。色々と提供されている。
そのことに関して、彼女は感謝の念を抱いているようだ。
しかし、キッドマンが喜んで従うかどうかに関わらず、メビウス弱点を利用
目的が達成されるよう遠隔的に、彼女の行動を制御する。
そのためのバックアップと優遇であり、
不吉な意図を持っている

 洗脳

何度も”覚悟はできているのか?”と、宣誓を問われます。
その後「標準的な手続き」だと療法を受けます。

メビウスは、思想を操る研究をしており、
マルセロは視覚や音による方法で、実験をしていたようだ。
キッドも、同じものをした事があると言ってました。

注射の後に、くだらないビデオを見る。
「右目左目を各点に合わせてください。」という説明画面のあとに
始まる不快な映像の繰り返し。 f:id:bio-re-love:20170717164336j:plain
心理検査「ロールシャッハ・テスト」のような映像を見ながら、
質問に答えるように促されていました。

洗脳ビデオのように、
サブリミナル効果で洗脳し、滞在意識に影響を与えていくものだろう。
そういったものを願望を達成する「サブリミナルブレイン」と言われています。

頭がクラクラする、水の中にいるようだ。と脱力感と浮遊感があるようです。
メビウスは、化合剤の副作用だと返答してはいますが、
実際は、薬と併用し催眠療法のような事を行っていたと思われる。

「信頼していた相手から、
見捨てられたと感じたことは?」

この言葉は、彼女を思い通りに操作するための「合言葉」の様な役割に
なっているかと思われます。催眠のようなものでしょう。
両親に見捨てられたと思っている彼女には、恐怖の言葉でもあります。

恩を売り、信頼させ、騙している相手からの凄い質問です(笑)
皮肉るにもほどがありますよ!
メビウス、怖い |д゚)ブルブル

 注射器の中身

ワクチンと思っていた薬でしょう。
STEMに潜むルヴィクに対抗するため、
ルヴィクに見つからないよう「存在を隠す」「支配から逃れられる」ことが可能な
を開発していたようです。

前々から、抵抗をつけさせようとしていたのかもしれない(…たぶん)

エージェントしての任務

「警察官として暮らし行動する」これが、初めて与えられた任務です。

そして、セバスチャンとジョセフのチームに入り、1週間ほど観察していたようだ。
本題は「メビウスについて、どれだけ掴んでいるか」を調べることだった。

その後、事態が急変しキッドマンは、
レスリー確保の任務を与えられる。
最優先事項は「レスリーを連れ戻す」になる。

STEM内に入る事も知っていたようで、状況の把握もしやすい立場です。
また、キッドはSTEMの場所も知っているようだった。
ビーコン精神病院が、メビウスの管下である事も知っていました。

 役割の「真実」

身内もいない、失うものもない、
そして、頭もいい。

メビウス” 正常な精神 ”の、そういう人間を探していました。

裏を返せば、誰も探さない
死んでも構わない人間を探していたことになります。
このことは、キッドには伏せられていました。

STEM内ではありますが、
キッドマンはメビウス社では、すでに抹消済アカウントになっていました。
これが何を意味するのか?

ルヴィクが住み着いてからは、STEMはを意味していました。
起動はできるものの、正常に働かないSTEM。

「STEM内で、人が生き残れるか?」

STEM内で死んでしまうのは、ルヴィクに吸収、支配されるからです。
そのための対処として、健康な精神状態の人間を使えば変化があるかもしれない。
という案があり、マルセロが自ら志願しますが、身内を犠牲にできない。
そこで見つけてきた、キッドマン。

f:id:bio-re-love:20170718143607j:plain
メビウス本来の目的は、薬の効果STEMで生存可能か?
試していたと判りました。
キッドマンは、実験の第1号だそうです(成功といえるでしょう)
もちろん、レスリー確保も必須です。

また、メビウス外部から世界への干渉が可能のようで、キッドへ好きなように
干渉してきます。
これも、薬の効果だと思われます。

キッドは、いつSTEM内に?

f:id:bio-re-love:20170718142822j:plain
キッドがSTEM内に入ったのは、薬注入で気を失ったシーンだと思われます。
私は、そう解釈しました。

あの「合言葉」が発せられます。
催眠状態になっただろうと思われ、彼女は意識を失います。
彼女は、単なる処置を受けていただけだと思っていただろうが…。

STEMが、どういうものなのか?どういう状況かも、わかっていないはずです。
行けばわかると言うだけで、説明は受けていません。

メビウスは彼女を騙しています。
なので、キッドは「ビーコンに行けば任務が始まる」と思っている状態かと。
そう考えると、キッドは出動時は、現実だと思っているという事です。
たぶん、あれもメビウスが見せた幻覚である可能性が高いと思います。

結局、私の辿り着く考えは、最初からSTEM内にみんないるになりました。

DLCは、処置を受けた場所が何度も登場します。
「はじまりの場所」だから、なのではないでしょうか?

現実にて

f:id:bio-re-love:20170715110815j:plain
キッドが現実へと目覚めた時、無線STEM前にいました。
「どうやってここへ」とマイラに尋ねている。
返答は、はぐらかされてしまいますが…。

このやり取りから、現実の記憶が、
ここからはじまっていない。という疑念が湧きます。
いつの間にか、連れてこられているのならば、キッドも最初からSTEMに
繋がれていた可能性がある。と解釈しました。

また、どれくらい寝ていたのかの質問。
「最初のパルスから36分」と言っています。
最初のパルスとは、パトカーで聴こえたワイヤレス信号だと思います。
無線STEMのパルスは、定期的に放出する仕組みなのでしょうか?
STEM内で何度も光り、信号を放っていました。

この返答によれば現実では、
たったの36分の出来事だったことが、判りました。

セバスチャンに対して

セバスチャンに好意を抱いていたようで、彼の過去を知ることで同情しています。

そして、現実に戻った時、
セバスチャンがメビウスに捕らえられるのを救います。

f:id:bio-re-love:20170718155456j:plain
装置を停止し、目を覚ましたセバスチャン。
研究員が近づくと、指を立て目をつぶるように制止します。
そして、他の彼らと同様に、そのままにしておくように言います。
「どうせ逃げられない」からと。

これは、もう死んでいるから、逃げることはない。
放っておいて大丈夫。という事です。
生きているジョセフは、連行されてしまいました(〒д〒)

また、上司が”マイラ”と呼ばれたことで、
キッドは確信しました。
彼が探しているもの(妻マイラと真実)を
見つけることを望んでいると伝えました。

STEM内で何度か救われ、気遣ってくれた彼への恩返しでしょうか。

もう一つ。
この「どうせ逃げられない」ですが、DLCアドミニストレーターの声が重なります。
これは、また別の意味に捉えることができます。
”妻と娘がいる限り、メビウスから逃げられない”という事でしょうか?
メビウスの思惑で、また戻る事を予感させる内容に取れるかと思います。

人間関係

セバスチャン

ふたりの間には、初めから緊張状態があります。
お互いに探り合っているような関係です。しかし、セバスチャンはキッドマンを
気遣っており、彼女の安否を心配しています。

セバスチャン達の過去を見たとき、セバスチャンとジョセフは無関係だと知ります。
また、セバスチャンの妻子の悲劇的な喪失について知り、
同情心があらわれます。
キッドマンが、セバスチャンとジョセフを気遣っていることが伺えます。
彼女は、二人を傷つけたくはないのです。

f:id:bio-re-love:20170718163755j:plain
誤解ではあるが、STEM内でセバスチャンとジョセフを撃って以来、
セバスチャンはキッドマンを信頼していません
関係が、さらに悪化してしまいました。

ジョセフ

キッドは、ジョセフの印象として、もともと気が合わなそうと言っており
彼もまた、その気持ちを察したのか、よそよそしい振る舞いをしています。

セバスチャンが、新米キッドを連れて行動するのにも、反対だった事もわかりました。
少しトレーニングを積むべきだと思っていたようだが…。

キッドとジョセフのやり取りは少なく、かなり複雑な関係にあるようです。

ルヴィク

両者は共にメビウスのために働いていた共通点があり、ルヴィクは
メビウスは危険だと警告します。
「真実を知った時 忠誠心が試される」
彼は、メビウスがどんな奴らなのかを、身をもって知っています。

f:id:bio-re-love:20170718162036j:plain
ルヴィクは、メビウスはすべてを消耗品のように扱うこと、
逆らうものは排除する事を教えます。
キッドの忠誠心に疑問を抱かせ
メビウスの意図を疑い始める原因を作ります。

ルヴィクは、キッドには手出しができないようです。
アドミニストレーターが施した、注入プロセス()のおかげと思われます。
ルヴィクは、それを理解し、代わりに彼女への対処を見つけようとし
彼女に刻印を残すことに決めたようです。

レスリー

「レスリーを連れ、現実に戻ること」が、彼女の任務です。
レスリーには、とても親切で優しく接しています。
キッドは今後、彼がどれほど恐ろしく、慰めが必要になるかを理解しています。

f:id:bio-re-love:20170718163002j:plain
レスリーへ同情を感じ、彼女は彼を慰めます。

しかし、キッドはレスリーの真実を知り、ルヴィクを外に開放することを恐れ
レスリー(容れ物)が、死ななければならないと決めます。
何度かレスリーを撃つことを試みている。
謝罪し、彼の責任ではないと呟き、
気遣っているが、苦しい決定を下そうとしている事に変わりはない。

アドミニストレーター

◆現実

対応の仕方から、キッドを友人のように扱っているようにも見えます。
社の風潮がそうなのかもしれませんが…。
上官というよりは、フレンドリーに話します。
これは、安心感を持たせるためのトリックなのか?

◆STEM内部

f:id:bio-re-love:20170718150737j:plain
打って変わって、
STEM内で見られるアドミニストレーターは、
キッドの最も奥深い恐怖であり、人間ではありません。
真実ではあるが、ルヴィクの策略だった可能性があります。

キッドの恐怖が具現化して表れている?のだと思われますが…。
真の恐怖を知り、支配(打ち勝つ)ことで、自分の力にできる。
STEM界では人それぞれ、恐怖として見えているものが違うようです。

真相は、ハッキリとは示されてはいません。

このアドミニストレーターは、彼女を追いかけて脅かします。
執拗にレスリーの任務を”優先しろ”と脅しをかけ、急かします。

非常に残酷で、キッドの頭の中に入り、恐怖を与えています。

 

以上、キッドマン考察でした。