crazy about video game

遊んだゲームの感想・考察などのまとめ中心の備忘録。考察を好きに書いてます。

MENU

【Outlast:whistleblower】★ネタバレ★プレイ日記 vol.1「運命を変えた告発」

whistleblower #1 ウェイロン・パークの事情

完全ネタバレ未プレイの方はご注意ください!
スクショにグロ描写あるので、ご注意ください。

はじまりは突然に…

被験体となっている主人公。
朦朧とする意識の中、研究員に椅子に座らされ拘束されたウェイロン。

f:id:bio-re-love:20170527141902j:plain
「目を開けなさい、起きるんじゃない。目を開けるだけだ」
「どうした?誰に襲われたんだ?」

個人的に話しかけてくる男。
だれ?知り合いかな?
準備が終わると最後に耳を舐めていったΣ(゚д゚lll)
舐め方がキモイ。どういうことだ?
なぜに、ナメナメ?!

f:id:bio-re-love:20170527141914j:plain
この映像は?ずっと見てると気持ち悪い。生理的に嫌な映像だ。

呼び出しを受けた男。
トラブルが起きたようだ。
「ビリー・ホープか、くそっ!」
と言い放ち、この場を去っていく。

しかし!映像は延々と続く。いやな音と共に苦痛に苦しむウェイロン。
かなり頭が痛そうだ。

…2時間前

f:id:bio-re-love:20170527141931j:plain
文面を見ると、マイルズに送られてきたメールと同じ内容。
密告メールを書くウェイロン・パーク
whistleblowerの主人公だ。

ちなみにwhistleblowerとは、”whistle”(笛を)+”blower”(吹く人)から
警笛を鳴らす人=告発者という事らしいですね。
英語って面白いなぁ~★

で、書いたはいいものの、送信を迷っているみたい。
そわそわと貧乏ゆすりをし、落ち着かない様子。
あまりにも挙動不審(笑)

その時!声がかかる。

慌てたた彼は送信し、ノートPCを閉じた。

f:id:bio-re-love:20170527141946j:plain
エンジンに緊急事態が起きたようで、呼びだしされていたみたい。
3回も呼ばれてたみたいだよ。
メール書くのに夢中で気づかなかったのか?もしくは、行きたくなかったのか。

「ここで何を?」
って、すごく怪しまれてる(;'∀')

何もしてないし~~あたふた。大丈夫かな?心配。
でも、これだけ挙動不審なら、怪しまれても無理もない(-_-)

f:id:bio-re-love:20170527141956j:plain
マイルズ編では、死体だらけだった研究所も。まだ、普通に人が働いてる。
活気づいてて、そこら中に警備員がいる。

呼び出しがあったみたいなので、
モーフォニックエンジンのメインコントロール室に行こう。

f:id:bio-re-love:20170527142013j:plain
「なぜ呼び出しに応じなかった?」
着いた途端に、怒られちゃいました。
いやっ、ちょっと…(;´Д`A `
じゃぁ、仕事します。席につくウェイロン。

f:id:bio-re-love:20170527142029j:plain
どうやら、手に負えないエラーが起きたようで対処してほしいらしい。
よかったε-(´∀`*)ホッ
怪しまれての呼び出しかと、少し疑ってました。

PCは、エラー画面になってる。
「それを閉じてくれ、次の患者が入ってくる。ここでは君だけが頼みなんだよ」
「カプセルにグルースキンを。15秒かかります」

なにやら、はじまりそうですね。

「パーク。これが最後だ。
ところで、どこにいた?」

ギクッ!Σ(・ω・ )
無視して、仕事をこなします。

色々システムエラーを起こしているようで、fMRIの画面が映らないとか。

MRIは知ってるけど、「fMRI」ってなんだ?と思って調べてみたんだけど
血流動態反応を視覚化する方法の一つみたいです。
まぁ、脳の血流を見たいんでしょうね?

そんなこんなやってるうちに、患者が連れてこられた。

被験体、エディ・グルースキン

「汚らわしいクソ、マシーン!」
ひどく暴れています。
かなりの嫌がりようで、数名で引きずりながら、引っ張って連れてきた。
銃を持った研究員までいる。手こずる相手らしい。

「嫌だ!嫌だ!もう嫌なんだ!
何をされるかわかってる。
助けて、助けてくれ!!レイプされる。
レイプだ!レイプ!!助けてくれ!」

('д'|l!)確かに。
頭の中、いやっ、体中いじられて、ある意味レイプ。

かわいそうな場面に出くわし、やりずらい。
良心咎めます

f:id:bio-re-love:20170527142136j:plain
彼らを振り切り、こっちに走ってきた!!
目がバッチリとあう。
「これをやらないでください!
彼らにさせないでください!
君!君は、これを停止することができるでしょう!私を助けなければならない!」

そうなんですよ、さっきメールを書いたところなんですよ。
もう、こんなこと嫌だ!そう思ったんだろうねウェイロン。

思わず、立ち上がってしまったのだけど…警備員に怒られてしまいました。
「落ち着け!ここは高セキュリティの場だぞ!」って。

f:id:bio-re-love:20170527142149j:plain
「まぁまぁ、ちょっと驚いただけだよ。さぁ、仕事を続けってくれ」
と庇ってもらったんだけど。
ん?ん?!!このおじさん。
最初のナメナメおじさんだっ!(笑)

f:id:bio-re-love:20170527142205j:plain
あのセルに入る時って、コードこんなに繋がないといけないなんて、酷いな。
誰だって嫌だ、こんなの。レイプだって言いたくもなる。

かわいそうなエディ・グルースキン。
申し訳ない、仕事をするよ。
接続、コントロール完了だ!

サーバー室で待ち受けたのは

仕事を終え、サーバー室に戻る。

f:id:bio-re-love:20170527142233j:plain
最後の仕事だった。
もうこんな所、おさらばしたい。
気分も落ち込みながら、戻っていく。

f:id:bio-re-love:20170527142249j:plain
ノートPCの前で、待っていたのは。
スーツ姿の男。
組織の幹部っぽい感じですね。
「誰かが、外部と話をしていたようだ」
あ。( ̄ロ ̄lll)…私です。

PC見られた。あの呼びに来た男が告げ口したな。絶対そうだ!

f:id:bio-re-love:20170527142323j:plain
ひぃぃぃぃぃ!!
PC壊されたし
「マシーンプログラムのボランティアの分際で」みたいに罵られてます(;・∀・)
ヤバイよ!ヤバイ!

「喜んで強制監禁されたいよな?」
「”はい”と言ってます。ブレアさん!」

警備員と小芝居はじめたぞ!

f:id:bio-re-love:20170527142334j:plain
「パーク、バカな事したな」
逃げ場なし、どうしようもない状態だ。

なんで、PC置きっぱなしにしたんだろ。
自宅でメールすればよかったのに…
そんな後悔もよぎりながら

f:id:bio-re-love:20170527142345j:plain
「おねんねしろ」みたいなこと言われて。
警備員に殴られます。
そんなので気絶したくない!
こいつら!(@_@;)集団リンチです。
気が遠のいていくのだった…。

そして、目が覚めれば…

冒頭に戻る。
被験体となってしまったウェイロン。

f:id:bio-re-love:20170527142554j:plain
映像は流れたまま、苦痛と戦っていると
突然!

f:id:bio-re-love:20170527142639j:plain
拘束が解けた。自由だ。
なにが起きているのか?
ひとまず、難は逃れられたようだけど。

そういえば、さっき「ビリー・ホープが暴走した話」をしていたね。
何か騒動が起きたようだ。
今のうちに逃げよう!ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

f:id:bio-re-love:20170527142731j:plain
映像を見ていなくても、まだ、脳裏に焼き付いている。
視界にこびりついた映像が…チラつく。
洗脳ってこういう事なのよね。繰り返し、見続けたせいだ!

f:id:bio-re-love:20170527142653j:plain
こける、ウェイロン。上手く立てない…。

隣の男が叫んでいる。
「なぁ、なにか聞こえるよな?」って
そして、彼の背後に黒いモヤ

あれは!ールライダーじゃないか!
ビリー、君なの?
襲われた男の悲鳴を響かせ、
あたりは暗闇に包まれる

f:id:bio-re-love:20170527142713j:plain
記録用にセットされていた、カメラを手に取り暗視モードで周囲を確認。

マイルズ同様、彼もまた証拠をカメラに収めます。

NOTES◆

やってしまった。あぁ…神よ。
ここはどこだ?
あれから、かなり時間が経ったようだ。
まさか1週間…。
頭がボーッとしている、...エンジンを見た。
助けてもらわなければ、助けを呼ばなければ。

リサ、悪かった。
僕が死んだら、君が見つけてくれるだろう。
僕を見つけるまで、あきらめない人だから。
このカメラと僕の遺体を見つけることを願う。
そして、カメラにある証拠で、
私ができなかった真実を公開して欲しい。
リサ、坊や、すまなかった。
僕は失敗をおかした。

正しいことをやっていると思ったんだ。
だけど、悪いことだった。

メモによると、ウェイロンは妻子持ちのようね。
妻に宛てて書いているみたい。
遺言のようなつもりで、書いているのでしょうか。

だけど、時間は2時間しか経ってないよ、ウェイロン!
それだけ長く感じた苦痛だったようね。

文面からは、人のよさそうな感じが伺えます。だからこそ、耐えられなくて
告発に至ったのでしょうね。

「開けてやる!」
左の部屋にいた患者が、ドアを開けてくれました。

f:id:bio-re-love:20170527142749j:plain
この脳内の画像が「fMRI」ってやつだね。
なるほど!

部屋を出てみると

f:id:bio-re-love:20170527142812j:plain
あたり一面、暴徒化してます。
うがーー!
ヾ(*●Д●)ノ゙
患者たち、今までの仕返しか?職員を…。
ジッと見てたら、仲間の一人に呼ばれちゃいました。

いろいろ話をしたんだけど、とりあえず
「気が変わらないうちに行け!」と言ってくれたので喜んでこの場を去る…
…だけど、待ち伏せしてる奴がーーーッ!
逃げろ~ヽ(´Д`;ヽ≡/;´Д`)/

通気口へと逃げ、通気口内に会話が聞こえてきます。
一掃するために、武装兵を呼んだとか、短波無線がどうのこうのって。
「刑務所に電気が届いているなら、連絡があるはずだ」
なんだって?

f:id:bio-re-love:20170527142827j:plain
ここは、もう大混乱です。
職員も患者も!!
脱走や暴れたりで、めちゃめちゃだ。

さっきの無線の情報が確かなら
助けを呼べる!٩( 'ω' )و
刑務所の無線機を探しに行こう!
ウェイロンは、刑務所区画を目指し、
ひとり前へと進んだ。

次回に続く…。