crazy about video game

遊んだゲームの感想・考察などのまとめ中心の備忘録。考察を好きに書いてます。

MENU

【感想】Outlast:Whistebower(アウトラスト:ホイッスルブロワー/トリニティ)

Outlast:Whistebower 感想

f:id:bio-re-love:20170525164338j:plain

結論:こっちの方が怖い!
生理的な気持ち悪さ倍増!

※あくまでも、個人的感想によるレビューです。

トーリー ★★★★

オリジナル:Outlastの追加エピソード。

密告メールを送ったウェイロン・パーク視点の物語だ。
告発がバレたことで、自身も実験対象となってしまったウェイロン。
ワールライダー暴走騒動から、最悪の状況から抜け出すことに成功。
はたして、この施設から脱出できるのか?

告発者側の視点から内部の真相を知り、彼の運命を追体験することになる。

敵も一癖あり、今回の狂人:エディ・グルースキンは、とにかく気持ち悪い。
変態ですw何とも言えない気持ち悪さが際立っており、面白い。
身なりは綺麗なのだが…(個人的に)生理的に受け付けない(・_・;)
存在感抜群です。とてもキャラ立ちしており、いいキャラだと思います。

また、全体的に恐怖体験グロ表現増したと思われる。

アクション・システム ★★★★

操作は前作同様。
特に難しい操作もなく、ストレスなく遊べると思う。

内部告発者編は怪我をするシーンが多く、足を引きずり、歩く速度も遅くなる
その中での鬼ごっこは格別で、
とにかくパニックでありスリル満点だ。面白かった(´∀`*)

内部告発者編は上へ登る動作が増えた
道に迷ったら、頭上をよく見て進むことをオススメする。

またoutlastのゲーム自体にミニマップはないが、オリジナル本編は迷わなかったが、
この内部告発者編は、どこを通ったのか迷うことがあった。
部屋が入り組んでおり、ドキドキが増した。

やりこみ ★★

オリジナル本編と同じ、難易度とトロフィー集めぐらいかな。

やり込み度は低いが、取材メモやファイル集めは手間取った。
追加エピという事もあってか、2~3時間でクリア可能

真相・結末度 ★★★★

マイルズに、メールを出す所から始まる内部告発者編
マイルズ編の裏で、捕まっていたウェイロンの逃走劇が繰り広げられていた。

最終的な結論は、ファイルなどから考察するしかないが、ウェイロンの側からの
現状把握で、outlastの真実が少し見えてくるかと思う。

途中、マイルズ編で通った場所を通る時の
既視感にワクワクしたし、ストーリーが繋がった感じが面白かった。

オリジナルを含めのエンディングになっているので、ぜひ真相を見届けて欲しい。

総合 ★★★★★ ★★★☆☆ 8/10

第一印象は、オリジナルよりもDLCの方が色んな意味でグロイ!

短時間で終わるゲームですが、怖さへのニーズには応えてくれるかと思います。
短いぶん軽く遊べ、とても面白かったです。

ホラーやスリラーをお探しなら、お薦めしたい作品です。