crazy about video game

遊んだゲームの感想・考察などのまとめ中心の備忘録。考察を好きに書いてます。

MENU

【Outlast】★ネタバレ★プレイ日記 vol.4「下水道、そして男性病棟へ」

Outlast 第四夜 下水道~男性病棟

ネタバレあり!未プレイの方はご注意ください!
スクショにグロ描写あるので、ご注意ください。

拾ったファイルを振り返る

下水道を進む前に、今までに何枚かファイルがあったので整理してみる。
トーリーに関連する重要なところだけ。

◆ファイル◆:Dr.ニール・ウルフラムが、ヘレン宛てに書いたメール

Dr.ツァイヒナーが、プログラムのキャンセル先の情報をくれた。
私の患者、マーティン・アーチンバードは、
治療のために指絵画法で大きな進歩を遂げた

しかし、プログラムをキャンセルして以来、
分裂情動性障害により、たくさんの「召命」を
主張することが、非常に加速したと断言できる。

また、指絵画法を再開することをお願いしたい。

神父…。偽神父か、やっぱり。
だから、あの服手作り感が…( ̄ロ ̄lll)
患者なんだね。指絵…今も血で書いてる。神の声、妄想のせいなのかぁ…。

◆ファイル◆:ルドルフ.G.ウェルニッケの死亡診断書の写しを添付希望

私は2008年6月4日〜2009年2月20日
葬儀に参列した。

2009年2月27日に彼は生きていたが、
その死は午前4時11分に上記日付に発生した。

主な死亡原因と関連する原因は、
"高齢化による心不全"
これは公式記録の正しいコピーであることを
証明します。

え?葬儀と死んだ日が違くないか?
私の訳が間違ってるのかもw

◆ファイル◆:死亡記事

ウェルニッケ博士は90歳。
2009年2月28日
大好きな仕事をしてしまいました。

(…割愛)

会社からの声明
「寛大な精神を持った真の人道主義者」

◆ファイル◆:患者の状態報告書 

作成者:リック・トレガー

残念ながら、この患者もダメだった。
最善を尽くしたが、私は一人の医師にすぎず、
奇跡の人でもない。それに「医師」関連のことに
取り組み始めたばかりで、
まだこの欠点を解明しているところだ。

とにかく、このウォルライダー計画の惨事から
余分なものを切り取る必要がある。
ビリー少年のために、失敗に終わってから
ずっと、我々は金を巻きあげてきた。

しかし、80名以上の職員を解雇した事により、
給料を削減、長期的に福利厚生費や
医療費をも削減できる。

そして、生物学について色々と解明している。
どっちつかずだったが、今となっては人間は
腎臓がなければ生きられないと断言できる。

毎日が発見の連続だ。

医者の一人、トレガー先生。
どんな人なんだ?

下水道を探索

f:id:bio-re-love:20170507114759j:plain
穴を降りていくと、下水道に到着!
これから、どうすればいいのか。
とりあえず、道なりに先に進もう。

f:id:bio-re-love:20170507114804j:plain
明るいところもあるけれど、ほとんどが真っ暗。
下水道だしね。ここはバッテリー使っちゃうね。気をつけよう。

f:id:bio-re-love:20170507114810j:plain
光を目指して、彷徨います。
光と影が美しいです(*´ω`*)
そんな所に目がいってしまう、私のサガ。

f:id:bio-re-love:20170507114852j:plain
Σ(゚Д゚)こんな所にファイルと…手…。

(許可証の裏側に鉛筆で書かれている。
筆跡は、患者の”ファーザー”
マーチン・アーチンバードと一致)

この神は本物です。
私たちが幽霊に対してずっと間違っていたこと、
霊魂、狂気。我々は無知だった。

サウロは恐れたが、目からうろこが落ちると
真実を見た。

これはワールライダーの贈り物です。
砂の福音。

世界で最も大きな罪は、神を知らない事です。
啓示を受け、啓示を待つ人々に
広げないこと。
この場所は...救いへの道にしては邪魔であり、
罰にしては、あまりにもひどすぎる。

聖書が、よく出てきますね。
キリスト教を迫害する人間だったサウロ。
超自然的な体験(イエスに出会ったこと)で、目が見えなくなるが、
神に示しを受けたクリスチャンが、彼に手を置くと「目からうろこ」のような物が
落ちて、目が見えるようになり改宗する。

って、くだりを言ってるかのようね。
ワールライダー計画(実験)のおかげで、神の啓示が聴こえるようになったと。
マーティン…(・-・)

f:id:bio-re-love:20170507114927j:plain
ここから、病棟に行けそうなんだけど…水が満水で通れない。
他には道もなさそうなので、
排水するしかない

f:id:bio-re-love:20170507114916j:plain
2つのバルブで排水できるみたいね。
黄色の部屋にあるのか。
赤が近いから、まずは赤に行ってみよう。

2つのバルブを回す

f:id:bio-re-love:20170507115004j:plain
奥からは鎖の音とともに、ヤツのシルエットが浮かび上がる!!
こんな所まで、追いかけてきたの。
もー、ヤダ( ゚Д゚)
見つかる前に、すばやく右折!

f:id:bio-re-love:20170507115010j:plain
1つ目のバルブ。
ちゃんと排水できてるかな?
次は奥の黄色の場所ね。急いでいこう。

f:id:bio-re-love:20170507115046j:plain
戻る途中で、バッタリ!!
大丈夫…まだ気づかれてない。

真っ暗だし…
ヤツも夜目は利きかないようね。当たり前か。モンスターじゃないしね。
ああみえて人間だし。

f:id:bio-re-love:20170507115112j:plain
2つ目のバルブ。
これで水が、きれいサッパリ無くなっていることを祈ろう!最初の場所に戻るよ。
ウォーカーに見つからないようにコソコソと…。

f:id:bio-re-love:20170507115122j:plain
よっしッ!!水なくなってる!
この先がどんな所か、わからないけど…
行くしかない。

排水管を通って、男性病棟へ

f:id:bio-re-love:20170507115143j:plain
男性病棟は、だね。
右の女子病棟も気になる(行ってみたけど、行き止まりだったw)

どんどん進むと水浸し。まさに下水道だ!
そして、真っ暗ッ!何も見えない。
暗視モード!ON!
電池が、心配になっちゃう場所ね。どこを歩いても何もない、見渡す限りのだ。

少しの光を頼りに、方角つかんでるけど…
はたして、あっているのか?
上を見ながら歩きます。光が漏れる場所探し。
神よ!!お導きください!(違う)

f:id:bio-re-love:20170507115212j:plain

ありました。見つけたけど…
ですよね~ウォーカーも見つけたぜw
なんという事だ。行かせまいと、出口付近をウロついている(;'∀')

病棟を探索

f:id:bio-re-love:20170507115237j:plain
下水地帯からは抜けられたけど、
ここは地下かな?

f:id:bio-re-love:20170507115244j:plain
また、看板みっけ!
まだ病棟ではないみたいだね。看板に従って進む。
どんどん進むと異様な部屋が…。

f:id:bio-re-love:20170507115318j:plain
ちょっと、グロかったのでスクショは控えた(;'∀')

NOTES◆

これ以上悪くなりようがない。
数百もの遺体が部屋に詰まっていて、
何千ものハエがたかっている。
これが、神父の見せたかった「出る方法」なのか?

取材は忘れてないマイルズ。

f:id:bio-re-love:20170507115346j:plain
階段を上ると、病棟に辿り着きました。
いじめられたのかな。怯えてます。

f:id:bio-re-love:20170507115419j:plain
拘束された人が座ってる、行き先はここのはずなんだけど。
トビラ締まってるよ。どこにも行けそうなところないんだけど…。
辺りを見回してみよう(`・ω・´)ゞ

f:id:bio-re-love:20170507115423j:plain
あっ、気づかなかった。
あった。上も見ないとダメね(^^)
そういえば、を辿るんだった。追われたりとかで、忘れてたw

f:id:bio-re-love:20170507115447j:plain
ダクトを通ると、さっきの拘束された人の部屋に出たんだけど、急にわめき出した!
ちょっと!静かにして!
誰かやってきたら…って…Σ(・口・)
キターーーーーーッ!

追跡者から逃げる!

f:id:bio-re-love:20170507115455j:plain
Fuck!、って言ってるけど、こっちが言いたいよ。んも~~~!あの二人?しつこい。
執拗なストーカー!
棚を押して、ドアを開けるんだけど、焦っちゃうな((( ゚Д゚)//▢...

f:id:bio-re-love:20170507115506j:plain
追われたら、
ドアは閉めるべし!w

あとは走るのみ、どこか隠れる場所…。
追っかけっこ、すごくドキドキするよ(;´∀`)

f:id:bio-re-love:20170507115531j:plain
行き止まり…。飛べる?
結構、距離あるよね。飛ぶんだ!
マイルズ!

f:id:bio-re-love:20170507115540j:plain
撮影ながら飛びました。すご~~。
私だったら、飛ぶことすらできない。

逃げ切れた。と思ったんだけど、
違う道から、また追いかけてくる(;'∀')
あの二人じゃない。他の暴君たちだね。無法地帯だからね。

f:id:bio-re-love:20170507115606j:plain
逃げるしかない!突き当りの部屋に入ると、どこからか呼びかけられた。

「そこにいるのは誰だ?
奴らの仲間じゃないな?急げ!
死にたくなければ、この食器用エレベーターに乗れ!」
乗ります。乗りますッ!
助かった~(*‘∀‘) f:id:bio-re-love:20170507115617j:plain
危機一髪だったね。ふぅ~~~。
ごきげんよう(`・ω・´)ゞ
で、誰が助けてくれたんだろうね。
まともな人ならいいんだけど。

To be continued