crazy about video game

遊んだゲームの感想・考察などのまとめ中心の備忘録。考察を好きに書いてます。

MENU

【感想】BIOHAZARD 2(バイオハザード2)

BIOHAZARD 2 感想

f:id:bio-re-love:20170421213932j:plain
結論:いつ遊んでも楽しい★
※あくまでも、個人的感想によるレビューです。

<総合評価> 7 / 10

項目 ストーリー アクション・
システム
やりこみ ザッピング度 個人的好み
評点/5点 3 4 4 3 4

【クリアまでのプレイ時間】 5~6時間×2回(表裏2人分)

ストーリー ★★★

ふたりの主人公が街に訪れ、災害に巻き込まれつつも脱出する脱出劇だ。
その中で複雑な人間関係が見え隠れする。

警察署~工場までのゾンビで溢れた街を、いかに脱出するか楽しめますよ。
前作と比べ、キャラメイクが一般向けな美男美女と、魅力的になっていて、
誰でも遊びやすいゲーム内容に仕上がってる。

元々のクレアの持つ目的は果たされないが、余韻を残すエンディングが
カッコ良さを演出、次回作への期待も高まる締め方です。

システム・アクション ★★★★

前作1のマニアックさと比べ、武器の扱い、アイテム管理など比較的ラクに遊べる

弾薬も豊富で謎解きも丁度良く、戦いを含めすべてにおいて、
気軽に遊べる難易度。

また、操作キャラで使える武器が違うのと、同伴するキャラもそれぞれ。
同伴キャラも時に操作でき、楽しい(*´ω`*)

やりこみ ★★★★

ザッピングによる変化、2つのパラレル物語、おまけ武器や隠しコスチューム、
アナザーシナリオ(ハンク編)など、
おまけ要素が複数
やり込みできる方だと思います。

アナザーシナリオは出現条件もあり、初見で裏プレイS、なかなか難しいかと。
しかも豆腐君.verは、3周(表裏で普通の1周)必須という。
数回遊ぶ事になると思います。

豆腐君は、たくさん遊んだご褒美かな?(*^-^*)

ザッピング度 ★★★

表の行動が、裏に起こす影響。
これが、バイオ2で言う「ザッピングシステム」です。

二人の主人公の両視点で楽しめるのと、
同じ時間軸のなかで、相手がどう行動していたのかがわかる裏編。

レオンが表の「物語A」クレアが表の「物語B」は、単なる役割だけでなく、
ストーリー展開も違うため、 4つのエピソードを楽しむ事もできます。
いろんな脱出劇と人間ドラマを味わえて良い。

後々のバイオのストーリー展開は「物語B」が引き継がれてますね。

総合 ★★★★★ ★★☆☆☆ 7/10

当時はゾンビが怖い時代。
昨今ゾンビゲームも溢れ、恐怖も薄れつつあるが、
今の時代に遊んでも十分楽しいし、面白かったです。

19年振りに遊んだけど、むしろ流血表現や敵の呻き声、カメラワークが独特で、
懐かしくも新鮮に遊べました。

◆良かったところ◆
キャラの魅力と、短時間で遊べることかな。 あと、遊びやすさ。
慣れれば一人のルートを2時間以内(1周が4時間以内)に終える事も可能で、
サクサク進む。

以上、バイオハザード2の感想でした。