読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

crazy about video game

遊んだゲームのプレイ感想など。バイオハザードをメインに考察(まとめ)・妄想を好きに綴るブログ。

MENU

【バイオ7】★ネタバレ★キャラ考察④ベイカー夫妻

ベイカー夫妻を読み解く

結論:いい人達のようだし、胸が痛いわ。
あくまでも私の解釈&考察で、未確定情報を含みます。
ネタバレあり!未プレイの方はご注意ください!

 

f:id:bio-re-love:20170212114619j:plain

今回の恐怖は、彼らにあると言っていいだろう。バイオ7には欠かせない夫婦です。

ジャックという人物

ベイカー農場を経営していたようで、随分と広い敷地に住んでいます。
ジャックは、主に本館を利用。

座礁した船から流れ着いた、エヴリン達を保護した優しいおじさんだった。
マーガレットの事も、とても愛しており支配されてもなお、愛情を注いでいるようだ。

変異ジャック戦で、マーガレットを倒した事に対し、妻を愛しむ台詞を言っている。
きっと愛妻家だったのだろう。

f:id:bio-re-love:20170212114858j:plain

ジャックは1890年頃は、海兵隊員だったようです。素敵なイケメンねww

■イーサンに対して

ジャックはイーサンに、対抗心を抱いているような言動を繰り返す。
なぜなら、今までずっと父役をしていた彼にとって、役どころを奪われる危機が、
迫ったため納得がいかないらしい。
エヴリンの母役はミアと決まっているようで、父役をずっと探していたようだ。
犠牲者も男性が多いのは、そのせいだろう。

マーガレットという人物

ジャックの妻。食事を振る舞う言動には、優しさも感じられるマーガレット。
支配されてはいるものの、深追いしなければ襲ってはこなさそうだ。
しかし、約束を守らない者には容赦はしない。旧館を主を利用。

日記では、体の不調から支配されるまでが手に取るようにわかる。
エヴリンを疑う自分の娘にまで、ひどい扱いをするようになっていたみたい。