読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

crazy about video game

遊んだゲームのプレイ感想など。バイオハザードをメインに考察(まとめ)・妄想を好きに語りたいです。

【バイオ7】★ネタバレ★キャラ考察①エヴリン

バイオハザード バイオ7 考察

エヴリンを読み解く

結論:エヴリン、かわいそうな子だな(T_T)

あくまでも私の解釈&考察で、未確定情報を含みます。
ネタバレあり!未プレイの方はご注意ください!

エヴリンの正体

H.C.F.の技術協力のもと、ある組織の実験による被験体。
E型被験体の第1号だという事が判明する。

製造された生物はナンバリングされており
A~D型 → 性能不良(ある意味で失敗作)
E型 → 完成型
となっている。

(*^-^*)<エヴリンは、成功した完成型ね。)

今回の生物兵器開発

研究報告書によれば「新種の真菌(カビ)」を見つけたことにより
「敵に感染させて自軍の味方勢力にする」一石二鳥案を理屈に
生物兵器を開発していたようだ。
社会集団への紛れ込ませ易さから「10歳前後の少女」が
被験者に選ばれた事も解った。

カビに適合できないと瞬時に体が崩れ死んでしまう。
また、適合できなくても、少しでもカビ耐性があれば
モールデッドになっちゃうみたい。

(;・∀・)<ロクな事しないですね、バイオの研究者は)

被験者の子供たち

生物兵器は「特異菌のゲノムをステージ4のヒト胚に組み込み
特定環境下で38~40週で培養し製造する」との事。

ステージ4といえば、受精後6日以降。
生まれる前から、実験の運命が決まっており、うまく成長したら
能力によってナンバリングされる。
そして少女のみを選んだ・・・って事ね。被験者の少女たち自体も
遺伝子操作技術を用いて作られた人間なのですね。

('д'|l!)<なんと酷い!だから赤子がモチーフに。)

エヴリンの能力

特殊菌を分泌でき、他の生物に植えつけ、意思や肉体までも支配できる。
幻聴・幻覚で、精神的に追い詰め洗脳し支配され操られるみたいね。
他にも、菌糸を操りモールデットも成形できると有能。

|д゚)<好きに成形できるとか、非常に恐ろしい新型生物兵器…)

エヴリンの特異菌の効果

【感染初期】
体組織を養分に増殖。全身の細胞を置換。
この過程で再生能力が飛躍的に向上。
切断後も数分以内であれば、自然接合も可能。

【感染中期】
脳幹に達すると思考はエヴリンと同調。幻覚や幻聴を発症し
言動をコントロール。この状態が継続すると完全に自我喪失。

【感染末期】
人間を逸脱した形成に変異。驚異的な身体能力。

(;・∀・)<イーサンは初期。一家とミアは中期~末期って事ね)

エヴリンは何をしたかったのか?

ただ「家族」が欲しかっただけだと思う。
実験台として生まれながらに組織に使われ、適合した為に拘束。
隔離環境で育った。寂しがり屋で愛に飢えた普通の女の子だ。
初めは特殊菌を色んな人に感染させ、家族として囲い込んだものの
本意は不明だか、皆が恐れ嫌悪する態度と、ミアの拒絶に絶望を味わい
いつしか寂しさが憎悪に変わり暴走したのではないかな?と思われる。

なぜミアに執着するのか?

f:id:bio-re-love:20170208143404j:plain

元々、ミアは信頼に値するとプログラムされているようだ。
刷り込みのようなものかな?それだけでなくエヴリン自身が
普通に心から慕っているようにもみえた。

エヴリン移送計画時も家族を装っており、ミアは任務を遂行していただけだが
研究所を離れた「家族ごっこ」の旅行は、彼女は嬉しく楽しかった事だろう。
彼女にとっては優しい母のような存在だろう。

暴走し漂流したのち、ベイカー邸に辿り着いてからも
度々、監禁されたミアに会いに行く事からも
本当に母のように思い、愛していたに違いないと思われる。

なぜ3年で老婆になったのか?

f:id:bio-re-love:20170208142842j:plain

「新種の真菌」による弊害。副作用で細胞劣化するらしい。
研究所では定期的に抑制薬を投与されていたのだろうか?
研究所を離れ、組織の拘束から開放された今、とてつもない速度で老化していく。

適合者でもあるに関わらず、彼女も未だカビ菌に蝕まれていたのね。
(´;ω;`)ウゥゥ<少しばかりの自由を手に入れても、不幸しか待ってないなんて・・・。
       そして、全ての答えは最初に提示されていたんだよね
       にくい演出だわ~★)